Top Page › 大高忍(マギ、オリエント) › マギ本編等 › マギ 単行本第17巻の簡単な紹介と感想

マギ 単行本第17巻の簡単な紹介と感想

2013-05-17 (Fri) 21:25

マギ17巻だニャー!!!(大高忍先生のコメントより引用)


マギ 17 (少年サンデーコミックス)マギ 17 (少年サンデーコミックス)
(2013/05/17)
大高 忍

商品詳細を見る


本日、マギの最新単行本第17巻が発売となりました。
ようやく私の手元に届きましたので、さっそく簡単な紹介と感想をば。


単行本第17巻について


・表紙はアラジン&ティトス&マルガ&スフィントス
・裏表紙はモルジアナ&マスルール&ムー
・本編第159夜から第168夜までを収録
・おまけまんがはヤムさんことヤムライハさんがヒゲを…
・裏表紙の袖はムチを持ったムチムチないかにもSMの女王様的なマイヤーズさん

本編の簡単なあらすじ紹介


 前巻から引き続き、魔導士達の国・マグノシュタットを舞台に、アラジンの物語が進んでいきます。マグノシュタットの魔法学校で魔法を学び、ティトスやスフィントス達と交流を深め、アラジンが人として魔導士として大きく成長していく姿を描いています。それと同時に、アラジンはモガメットとマグノシュタットの核心=闇にも迫っていくことに。そしてついに終盤ではマグノシュタットとレームの全面戦争へと突入してしまいます。たくさん見所はありますが、ティトスの秘密、モガメットの過去、ちらつく組織の影、モガメットが美(少)女達にモテモテでうらやましすぎる、


マギ17巻おまけまんが「マグノシュタットとヒゲとヤムライハ」


 今回のおまけまんがでは、ヤムさんがヒゲを伸ばす魔法の研究に没頭するあまり、周りの八人将&シンドバッドを巻き込んで大騒ぎに。シリアス展開の本編とは対照的に、気軽に読んで楽しめるドタバタコメディ的な内容でした。毎回単行本が発売される度に思うのですが、マギのおまけまんがはどれもシュールで面白いですね。以下、私の個人的な見所や感想を簡単に箇条書きでまとめてみました。

・※ヤムライハさんの好みはヒゲの年上の男性です。…って、マジかよはじめて知りました。
・でもそれだけヤムさんにとってモガメットは特別な存在なんですね。
・ロリヤムさんが可愛すぎ死ねる。俺も眠れぬ夜を一緒に過ごしたり、一緒に湯浴みしたいですっ!!
・髪を伸ばしたジャーファルさん(伸びた髪をジョキンジョキン切ってるところ)が超絶可愛い。っていうか、どう見ても女の子。
・シンドバッドもヤムさんの魔法の被害者なのに、むしろヤムさんを優しく気遣うところが、カッコ良すぎて惚れてしまいそうです。
・ヤムさんのためにヒゲを伸ばしたのに、全然全くこれっぽっちも気持ちに気付いてもらえないどころか、あの扱い…シャルルカンが報われなさすぎ&可哀想過ぎるwww

広告

Comments







非公開コメント

大高先生のてがきブログ確認してみました。
たしかに書いてありました。

てがきブログまでは内容把握していませんでしたすみません…
2013-05-20-06:33 いくの
[ 返信 * 編集 ]

ヤムさんの好みのタイプは大高先生の手ブロで出ていましたよ。確か「結婚」の話のところで、似顔絵付きでありましたよ。ヒナホホも恋愛の範囲内らしいです。シャルルカンの国の話やドラコーン将軍やピスティーなどシンドリア組の話も多いので、手ブロの話も、BSやおまけ漫画同様楽しみなこと多いです。
2013-05-18-00:53 みうら
[ 返信 * 編集 ]