Top Page › ジャンプ(連載終了or休載中) › 黒子のバスケ › 黒子のバスケ 第212Q(212話)「負ける気がしねぇ」の簡易感想

黒子のバスケ 第212Q(212話)「負ける気がしねぇ」の簡易感想

2013-05-12 (Sun) 08:15

TVアニメ第2期が10月から放送されることが決定したようですね。
またアニメで動いて話すキセキの世代を見られるかと思うとすごく楽しみです。


これまでの簡単なあらすじ


 赤司は新キャプテン(まだ正式にはなっていなかったけど)の初仕事として、これまで数々の素行不良で問題を起こしていた灰崎を退部させたのだった。そして来るべき全中予選に向けて、いよいよ本格的に赤司新体制が始動することに。謎のベールに包まれていた監督が皆の前に姿を現して、ますます練習が厳しくなって、もうすっかりおなじみとなった黒子のゲロシーンも…

全中の予選まで2か月を切った よってここからの指揮は監督がとる 監督の白金耕造だ


 ついにこれまで謎のヴェールに包まれていた、帝光中バスケ部の監督が皆の前に姿を現しました。一見すると温和で優しそうなナイスミドルといった感じなのですが、あの優しそうな笑顔で「(練習が)はるかにハードになるが心配するな 若いうちは何をやっても死なん」と言うのと、キセキの世代のすごく嫌そうなリアクションには、思わず笑ってしまいました。


せっかくようやく練習に慣れてきたと思ったのに、また練習が厳しくなったせいで、黒子がゲロを…


 最初の頃は本当にしんどそうに見えたのですが、最近はもう黒子のゲロ吐きシーンはお約束というかある意味ギャグにさえなりつつありますよねwだってほら、ゲロを吐く黒子に対しての、キセキの世代のツッコミやリアクションが面白すぎですからwでも青峰とか緑間とか、本当に心配してくれるのがわかるんですけどね。


青峰が、その才能が化ける時!!それは「キセキの世代」覚醒のはじまり…!!


 緑間と紫原については、元々個々の能力が高かったけど、ここにきてさらに急激に伸びてきたが故に、うまく噛み合わなくなってきて衝突してしまったというところなんですね。でもそれも黒子の仲裁によってうまく解決したようですし?青峰と黄瀬の喧嘩だって、前回までの黄瀬と灰崎のような険悪なものではなく、むしろ微笑ましささえ感じましたしね。しかし、キセキの世代が覚醒したことについては、なぜか一抹の不安を感じずにはいられないんですよね…


我らがメインヒロイン、桃井さつきの出番も一コマだけありました


 しかしさつきが黒子に惚れた経緯はわかったのですが、その後、二人の間に進展があったのかどうか気になりますね。やっぱりさつきは可愛いので、もう少し出番を与えて欲しいです。

広告

Comments







非公開コメント

アニメ感想はキセキの世代の活躍次第ですね。
リコは主人公格のキャラ達の恋愛の対象外なので、
あまりヒロインとして意識することはないですね。
2013-05-13-21:06 いくの
[ 返信 * 編集 ]

アニメの感想どうするおつもりですか?

そういえばリコのことはどう思ってるのですか?
2013-05-12-18:39 kivaxtuto
[ 返信 * 編集 ]