カレンダー(月別アーカイブ)

09 ≪│2020/10│≫ 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリ-作家、作品、雑誌別

トップページ » マギ(大高忍) » マギ シンドバッドの冒険 » マギ シンドバッドの冒険 第1夜「パルテビアのバドル」 第2夜「非国民」の感想

マギ シンドバッドの冒険 第1夜「パルテビアのバドル」 第2夜「非国民」の感想

 事前に告知があったとおり、マギ本編はこれから約一ヶ月間休載となります。その代わりといってはなんですが、今週号からシンドバッドが主役のスピンオフ漫画(大高忍先生の元アシスタントの大寺義史先生が漫画を担当)の連載が始まりました。クラブサンデー公式ブログによると、これまで語られることのなかった、シンドバッドの生い立ち、王になった理由が明らかになるとのこと。これはシンドバッドファンのみならず、マギファンにとっても楽しみですね。


今回のお話の簡単なあらすじ


 ちなみに今週号では第1夜(1話)と第2夜(2話)の一挙二話掲載となっています。第1話がシンドバッドが3歳の頃のお話、第2話がそれから2年後のお話となっています。そして物語の舞台となるのはかつて戦争強国として君臨したパルテビア…郊外の一漁村。そこでシンドバッドは退役兵士の家庭に生まれるのだが、幼い頃から非凡な才能を発揮し、周りの大人達(主に父親)を驚かせるのでした。そんなシンドバッドに父親のバドルは、お前は世界を変える男になるのだと…


元アシの方が漫画を描かれているだけあって、マギ本編と見比べてみても、ほとんど違和感を感じませんでした


 マギ本編と比べてもほとんど違和感を感じさせず、マギの世界観を見事に再現しているのがすごいと思いました。これ大高忍先生が描いていると言われてもそうだと信じてしまう位のマギクオリティですよ。でもただ一つ不満だった点は、女性キャラのおっぱいがボインボインじゃないところくらいですかね。


シンドバッド家の家庭構成は、父親のバドル、母親のエスラ、そして一人息子のシンドバッド


 戦争で唯一生き残った英雄だけど、戦争で片足を失い退役し、今は郊外のティソン村に住んで漁で生計を立てている。軍から莫大な恩賞をもらう機会が何度もあったのに、いつもそれを断ってみんなの酒代に回しているという変わり者。それがシンドバッドの父親のバドルという男なんですね。そして母親のエスラは見るからに良妻賢母といった感じのタイプの女性のようですね。彼らの一人息子のシンドバッドは歳相応にやんちゃで元気が良くて好奇心旺盛、だけど片足を失って大変な父親の役に立ちたいと強く思っているという…


シンドバッドの母親で、バドルの妻のエスラさんが、いい母親でいい奥さんで、眉毛と三つ編みおさげが可愛いんだな


 シンドバッドにぷいっとされた時、バドルにガキはあれくらいでちょうどいいと言われた時、キレそうになったりムッとしたエスラさんが可愛かったです。でもやっぱりおかえりシンドバッドと言った時の笑顔が一番可愛かったかな。良妻賢母な女性で、あの位の太さの眉毛と、三つ編みおさげなのが、モロ私の好みのタイプでした。どちらかといえば理想主義な夫に対して、現実主義なことを言うのも、夫の名誉や大切な家族を守るため…というところがまたいいんですよね。


シンドバッドの父親のバドルは周りの状況がどんなに変わっても戦争には関わらないというスタンスを貫き続け…


 たしかに戦況が良い時は、莫大な恩賞金をもらわずに、みんなに分け与えたことで、周りからももてはやされた。けれど、戦況が悪くなってみんなの生活が苦しくなっていくと、戦争に非協力的なバドルの態度は、「非国民」と差別&迫害されることになってしまったわけです。第1話と第2話、わずか2年余りでの、周囲の人々のバドルに対する態度の変わりっぷりには、衝撃を覚えずにはいられませんでした。しかしバドルが戦争に関わらないようにしているのも家族のため、妻のエスラが戦争に協力しようとしているのも家族のため、二人共同じ家族のためなのに考え方が対照的なのが印象的でした。


幼少期から非凡な才能を見せ始めるシンドバッド、それを見た父親はシンドバッドが世界を変える男になると…


 これまで度々困難な状況に直面してきたが、いつだってシンドバッドは正しい方向を指し示してきた。それでバドルはシンドバッドに常人にはない正しい運命を選びとる力があると感じたんですね。そんなシンドバッドが敵国のスパイと思しき顔に傷のある男を助けたのもこれまた運命なのでしょうか。っていうか、命の恩人のシンドバッドに対して、ボロボロ涙を流して感謝したりして、とても悪い人には見えないんですけどね。はたして次回どうなっていくのか…
広告

関連記事
コメントの投稿




















トラックバック
この記事のトラックバックURL

このブログ内を検索

マギ(大高忍先生)最新情報

雑誌(web)連載
├オリエント: 100話 NEW!
├本編: 第369夜(最終回)
シンドバッドの冒険: 第182夜

単行本
├本編:37巻-11月17日頃発売
└外伝:18巻、19巻-7月19日頃発売
└オリエント10巻:8月17日頃発売 NEW!
作者
大高忍の手書きブログ:2020年6月27日更新 NEW!
バックステージ:Vol.366

リンク
大高忍のてがきブログ
漫画家バックステージ
裏サンデー(シンドバッド)
マギ公式ツイッター
マギ公式サイト
シンドバッドの冒険TVアニメ公式サイト

※情報は9月2日(水)現在

最近のコメント

<>+-

QRコード

QRコード

広告