Top Page › ジャンプ(連載終了or休載中) › 黒子のバスケ › 黒子のバスケ 第210Q(210話)「わかってたこった」の簡易感想【早バレ】

黒子のバスケ 第210Q(210話)「わかってたこった」の簡易感想【早バレ】

2013-04-21 (Sun) 12:23

5月1日(水)発売のジャンプNEXT!にリコとさつきの番外編掲載
5月2日(木)に最新単行本第22巻(黒子VS黄瀬の死闘)が発売

 一軍のチームメイト(主にキセキの世代)の黒子に対するツッコミ(チョップにアイアンクロー)が容赦無さすぎて思わず笑ってしまいました。でもそれだけ黒子がチームメイトに(腐女子的な意味ではなくて)愛されているのでしょうね。紫原も緑間もそっけないのはあいかわらずだけど、以前は黒子の実力に懐疑的だったのが、こうして「いいんじゃない」とか「よかったな」とか肯定的に言っていることからも、もう二人共黒子の実力を認めているのがわかりますね。

 マネージャーのさつきと最近入部したばかりの黄瀬の黒子に対する印象はあまり良くないようですね。この頃の黄瀬は本当にムカツク勘違い野郎だったんですね。さつきの黒子に対する印象はカゲのうすい男で、現状ではとても恋愛対象になるとは思えません。はたしてこの二人がいつ陥落する(デレる)のか、期待しながら待つことにしましょうか。それにしてもやっぱりさつきは可愛いしおっぱい大きいしヒロイン力があるよなあ…

 赤司様が新主将になって、赤司新体制でチームがどうなっていくのか気になります。虹村前主将が高校編では全く登場しない理由とかも描かれるのかな?

広告

Comments







非公開コメント