Top Page › マギ(大高忍) › マギ 原作(本編、単行本) › マギ 第181夜「完成」の感想

マギ 第181夜「完成」の感想

2013-04-16 (Tue) 21:26

次号から2号連続で等身大ポスターが付いてくるそうです。
次号がアリババということは、その次はアラジンかモルジアナあたりかな?


これまでの簡単なあらすじ


 やはりモガメット学長の切り札は黒いジンだった。しかも彼は5等許可区の人達を絶望で強制的に堕転させるという恐るべき方法で黒いジンを精製していた。そしてモガメット学長は自らも堕転することによって黒いジンを操り、練紅覇率いる煌帝国軍に対して、無慈悲な先制攻撃の一撃を放ったのだった。はたして練紅覇は無事なのか?そしてアラジンとアリババ達は?

ここにきてもなお「あの方々」が出てくる気配がありませんね


 紅覇の部下が、今度の戦にはあの方々が力をお貸しくださると言っていましたが、紅覇率いる先遣隊がピンチに陥っても、出てくる気配が微塵もありませんよね。紅覇達が先遣隊ということだから、だいぶ遅れて後を来ているのか、それともそもそも紅覇達を助ける気はないのか。もしあの方々がアルサーメンだとしたら、彼ら的にはこの状況はむしろ好都合というか計画通りなのかもしれませんしね…


練紅覇全身魔装で孤軍奮闘黒いジンに応戦するも…


 紅覇率いる煌帝国軍は20万人いるとは言っても、紅覇がほぼ1人で戦っているようなものでしたね。それに対して、モガメット学長のマグノシュタット側は、20万人もの5等許可区の人達からほぼ無尽蔵に黒いルフが供給されている状況で、何度倒してもすぐに蘇ってくる。これではいくら紅覇が金属器使いで強いとはいえ、たった1人で20万人を相手にしているも同然で、とても勝ち目があるわけありませんでした。っていうか、紅覇には眷属器使いの部下がいなかったのでしょうか…


もはや紅覇も煌帝国軍も絶体絶命という状況…


 もはやこの戦力差では勝ち目がなく全滅するしかないと思われました。しかしそんな彼らを助けたのがアリババだったんですね。しかもあの姿…俺らが待ちに待ちかねた全身魔装アリババキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!アリババマジカッコ良すぎです。しかしアリババは(自分の魔力とカシムの魔力の二人分の魔力があるとはいえ)並外れて魔力が多いというわけでもないし、いくらアリババでもモガメット学長の黒いジンに勝ち目があるとも思えませんが…


そういえばアリババと一緒にいたはずのアラジンはどこに行ったんでしょうね…


 次回はアリババと一緒に黒いジンと戦うのか、それとも一人モガメット学長の元に向かったのか、今回登場しなかったアラジンの動向が気になります。

広告

Comments







非公開コメント

次回の見所はアリババがどこまで戦えるのかと、
今回出番の無かったアラジンの動向になりそうですね。
アリババに助けられた紅覇がどうするのかも気になります。
2013-04-22-06:08 いくの
[ 返信 * 編集 ]

魔法で絶望させるとか、奴隷、貧困など、さらっとこの漫画は人間社会の闇も描きます。
練紅覇がすぐ完全魔装で、極大魔法放った判断は良かったです。眷属器使いが1人もいないのがつらいですね。練白瑛の眷属器使い100人の設定は多過ぎる気がしますが。
練紅覇を助ける一般兵20万人が逆に足を引っ張ってるのは不思議な現象でした。
ついに全身魔装アリババ登場です。ここからの活躍は見ものです。極大魔法も披露するでしょうか。
アラジンは元凶のモガメット学長の元に向かってそうです。戦って倒すより、ソロモンの知恵で、学長の奥さんや娘のルフを呼び出して説得出来たら最善です。
あの方々は、アルサーメンかジュダルでしょうか。
学長を倒してもまだ戦争の続きはありそうです。
2013-04-17-22:31 アラジン好き
[ 返信 ]