Top Page › ジャンプ(連載終了or休載中) › 黒子のバスケ › 黒子のバスケ 第208Q(208話)「大丈夫です」の簡易感想

黒子のバスケ 第208Q(208話)「大丈夫です」の簡易感想

2013-04-07 (Sun) 19:31

しかし、帝光編が始まってからずっと気になっていることがあります。
当時は赤司様が副キャプテンで、ちょっと目つきがアレなキャプテンがいたじゃないですか。
ところが、そのキャプテンは三年後の現在は一度も登場してなかったような気がするんですよね。
おそらく黒子達の一年上だと思われるのですが、帝光中時代になんかあったんですかね…

さつきの手作り弁当www
うらやましいようなうらやましくないようなw

ガチガチに緊張しまくりな黒子も初々しくて可愛かったのですが、
一軍初デビューの対外試合では全然ダメダメのボロボロで可哀想でしたね。

試合でいいところなくて落ち込んでいる黒子を気遣ってこうして声をかけてくれて、
青峰君は本当にいいやつですよね。

まだ一試合だけなのにいきなり降格の危機の黒子ですが、
それを聞いた青峰君がどのような行動に出るのか気になります。

広告

Comments







非公開コメント