カレンダー(月別アーカイブ)

09 ≪│2020/10│≫ 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリ-作家、作品、雑誌別

トップページ » マギ(大高忍) » マギ 原作(本編、単行本) » マギ 第176夜「バルバトス」の感想

マギ 第176夜「バルバトス」の感想

3月16日(土)から一番くじが発売されるようですね。
個人的にはG賞のちびきゅんキャラ『マギ』が欲しいかな。


これまでの簡単なあらすじ


 アラジンの圧倒的な魔法力により、レーム軍を海岸にまで撤退させ、結界を張り直し、戦争を振り出しの状態に戻すことに成功する。何度攻めてもアラジンによって振り出しに戻されてしまう、そのことはレーム軍の戦う心を挫くには十分すぎるほどのものだった。もはやレーム軍には攻め込む手立てはなく、撤退するしかない状況だと思われたが、ムー団長は一人だけまだ諦めていない様子で…


そういえばティトスとスフィントスは何をしていたのかというと…


 ティトスは負傷者を魔法で運び、スフィントスはマイヤーズ教官を治療魔法で治療、各々自分達ができることやるべきことをやっていたんですね。それにしてもマイヤーズ教官が一命をとりとめて正直ホッとしました。


ついにファナリス兵団のムー団長が全身魔装&極大魔法で攻めてきた


 まあムー団長が金属器使いということで、こうなるだろうなとは思っていましたけどね。しかも本来の首都制圧ではなくマギのアラジンを倒すためだけに魔装を使ってきたわけですよ。そしてこれも大方の予想通りでしたが、やはりファナリスは魔力量が少ないので、魔装も時間が限られてくる…1分と保たないことが明らかに。これはつまりアラジンはムー団長の猛攻を1分近く耐え凌がなければならないわけですが…


まるで身体全体が一振りの何ものをも貫く剣で、岩肌も防御結界もまるで紙切れみたいに


 今の魔装状態のムー団長は、岩肌であろうと結界であろうとかまわず、切り裂いて突き破って突進していましたからね。いかに今のムー団長の攻撃力が凄まじいかを物語っています。アラジンも防御魔法で必死に対抗するも、杖を破壊され、絶体絶命の状態に追い詰められてしまっていますしね。そういえば杖がないとアラジンは魔法使えないんでしたっけ?これはヤバ過ぎる状況です。それでも1分が経過しようとしていて、ムー団長の魔装が解けてゆき、これで一安心かと思いきや…


バルバトスの剣は…一直線に街まで斬り裂く!!!


 って、ちょ、最後の最後にとんでもない極大魔法を!このままじゃアラジン達が守ろうとしていたマグノシュタットの街がやられちゃう!アラジンが身体を張って街を守ろうとするも、今のアラジンは杖を破壊され魔法を使えない無力な状態、あまりに絶望的な状況でもう本当にダメかと思われました。ってゆーか、ここまで読んでて思ったんだけど、なぜアラジンはウーゴくんを出して戦わなかったんだろう?出すヒマも与えられなかったからとか?


ア、ア、アッ、アッー!!その後ろ姿、そのアモンの剣、そいつは紛れもなく…アリババキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!


 私達ファンにその出番はいつかと長いこと期待させておいて、ようやくアラジンを助けに現れてくれましたよ。まさにここしかないというタイミングで現れて、アリババカッコ良すぎでしたね。それはそうとムー団長の極大魔法を止めたのは全身ではなくただの武器化魔装だったのが意外でした。まさかここにきてまだ全身魔装使えないとかそんなことはないよね?とりあえずアリババとムー団長のやり取りからするに、もうムー団長には勝ち目はないから引くしかないという状況なのかな。アリババの次回以降の活躍が楽しみですね。
広告

関連記事
アラジン好きさん、いつもコメントありがとうございます。

>船からあそこまで全身魔装で飛んで行き

なぜアリババがあんなに早く来られたのか謎だったのですが、
そう考えると納得がいくかもしれませんね。

>今回はレーム軍が撤退しそうですが、両国の和解、休戦協定は難しそうです

煌帝国の動向が気になります。
[ 2013/03/15 06:33 ] [ 編集 ]
1分の時間制限とはいえ、ムーの魔装強かったです。この漫画はハンターハンターのように、ある程度リアルな戦闘描写を描いてるので、あの状況ではアラジンにウーゴ君による反撃の隙はなさそうでした。でも、杖の攻撃はティトスには有効でしたが、ムーに対しては杖を破壊され悪手でした。まあ悪手をしないとアリババの出番がないので・・・
魔法を使う時は魔法使いは杖を持ってるので、魔法に杖は必須なのかも。黄牙のおばあちゃんの形見の杖をずっと持ってましたが、代替は効くので、学長が良い杖を用意してくれそうです。
シンドバットは初期にアリババに魔力がつきても数時間ほどでたまると説明してました。
ムー団長が数時間休憩しても、魔導師側は攻めてこないとはいえ、多分全身魔装できるだろうアリババが敵側についてるので、レーム軍退散もやむなしでは。これから、金属器使い2人を送り込む事も考えられますが。
ムーの極大魔法は首都制圧というか、首都壊滅です。
ヤムさんがアラジンに、何者にも防げない大魔法、極大魔法を1つ使えるので魔装は最強だと話してたのが実感できました。
アリババの登場は待たされたけど、決まりました。これだけ登場まで時間を使ったので、全身魔装はお預けですね。船からあそこまで全身魔装で飛んで行き、武器化魔装まで解いたのでしょう。
今回はレーム軍が撤退しそうですが、両国の和解、休戦協定は難しそうです。アリババは、ムーの妨害をしてアラジンの命とマグノシュタットを救ったので、レーム帝国には戻りづらそうです。
[ 2013/03/13 11:43 ] [ 編集 ]
コメントの投稿




















トラックバック
この記事のトラックバックURL

このブログ内を検索

マギ(大高忍先生)最新情報

雑誌(web)連載
├オリエント: 100話 NEW!
├本編: 第369夜(最終回)
シンドバッドの冒険: 第182夜

単行本
├本編:37巻-11月17日頃発売
└外伝:18巻、19巻-7月19日頃発売
└オリエント10巻:8月17日頃発売 NEW!
作者
大高忍の手書きブログ:2020年6月27日更新 NEW!
バックステージ:Vol.366

リンク
大高忍のてがきブログ
漫画家バックステージ
裏サンデー(シンドバッド)
マギ公式ツイッター
マギ公式サイト
シンドバッドの冒険TVアニメ公式サイト

※情報は9月2日(水)現在

最近のコメント

<>+-

QRコード

QRコード

広告