Top Page › 若木民喜 › 神のみぞ知るセカイ › 神のみぞ知るセカイ FLAG215「因果律タービュランス」の感想

神のみぞ知るセカイ FLAG215「因果律タービュランス」の感想

2013-01-16 (Wed) 08:40

エルシィだけ一人蚊帳の外…まあいつものことか…


これまでの簡単なあらすじ


 うららの祖父と兵隊達は皆ヴィンテージに殺され、ヴィンテージもまたドクロウに皆殺しにされ、三回目のバッドエンドを迎えてしまう。そして今度はドクロウの自殺を止めた前日の夜まで時が戻ることに。玉に残された線はあと一本のみ。これまでと違うのはドクロウにも記憶が残っているということ。はたして桂馬は今度こそバッドエンドを回避することはできるのか…

桂馬は玉を持っていて、ドクロウの玉にも少し力が戻ったから、二人には記憶が残っていた。でもエルシィは玉を持っていないから記憶が残っていなかった。つまりはそゆこと?


 でもドクロウは過去のことだけじゃなく、桂馬がいた未来のことまで知っているのは一体どうしてなんでしょうね?桂馬とドクロウのやり取りを聞いていても、タイムパラドックスとか桂馬の過去の記憶についてとかイマイチよくわからなかったのですが、とにかく桂馬のいた現在に繋がるように過去を変える必要があるらしいですね。

 でもそのためには桂馬は何をすればいいの?うららの祖父に工事(工事というのは表向きで、砦でヴィンテージを迎え撃つこと)をやめさせて、中止となった校内キャンプを復活させればいいの?そのためにエルシィに何か作らせていたようですが、たとえ死んでも生まれ変わっても悪魔に復讐すると言っていた、うららの祖父の敵討ちをどうやって止めさせるつもりなんでしょうね?


またエルシィ一人だけ蚊帳の外。まあいつものことだけど、桂馬がうららの祖父を止めるのに必要なもの?を作っていたし、桂馬のフリをして麻里さんを安心させるという立派な仕事もあるし、一応役には立っているんですよね


 しかし女神編の時のかのんちゃんならともかく、桂馬のフリって、一体どんなことになるんでしょうね?っていうか、一人蚊帳の外でわけもわからずオロオロしているエルシィが、あいかわらずというかいつものエルシィらしくて可愛かったです。あとドクロウがはじめて見せた笑顔がすごく人間らしい女の子らしい表情で可愛かったですよね。


★トラックバック送信先

ゲーム漬け 様
たくのみそ汁 様

広告

Comments







非公開コメント

Trackback


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
神のみぞ知るセカイ FLAG215「因果律タービュランス」感想
リセットされた、「新たな10年前」のセカイ。 今度は失敗が許されない。 「今いる場所が、過去でもあり、未来でもある!」 「過去を変えるんじゃなく、未来をつくる」 どうも... …
2013/01/18 17:23 たくのみそ汁
神のみぞ知るセカイ FLAG215「因果律タービュランス」
3度目のバッドエンドを迎え、今回は自殺を止め、キスでドクロウの幼児化を止めた所まで戻ります。 「お兄ちゃん……今ならまだ間に合うよ。」、「おじいさんたちを…助けてあげて ... …
2013/01/18 15:22 ゲーム漬け