Top Page › ジャンプ(SQ.) › ジャンプNEXT!(読切) › 君色グラファー(by青戸成先生)の感想

君色グラファー(by青戸成先生)の感想

2012-12-28 (Fri) 20:58

本日発売されたジャンプNEXT!2013WINTERに掲載された、
手塚賞出身の青戸成先生の読切の簡単な紹介と感想です。


この作品の簡単なあらすじ紹介


えっと簡単に紹介すると、
写真が趣味の男の子と幼なじみの女の子のちょっともどかしいラブコメです。

えっと主人公の男の子の名前が、宇津見真也で、幼なじみの女の子が小中真央ですね。

真也は女子のチラ撮り写真を趣味にしていて、
真央はそんな真也に口うるさく構ってきて、
真也もそんな真央のことを男っぽいと異性として見ていなかった。
少なくとも表面上は。
でもある日、幼なじみの女の子がすごく女の子っぽく可愛くイメチェンして…

こんな幼なじみいたら俺も欲しい


 まるでおかんのようにおせっかいやいてかまってくれる幼なじみなんて最高じゃないですか!空手やっててゲームが好きで年中すっぴん制服キッチリ色気皆無の勉強大好き規則大好き口うるせー俺の「母ちゃん」みてーな真面目っ子ちゃんとか、こんな幼なじみ俺も欲しかったです…


真央のイメチェン前と後について


 束ねていた髪を下ろして、化粧して眉を少し細くまつげをぱっちり唇艶やかに、制服のベストも前でボタン留めていたのを止めたりスカート短くしたりと、パーツパーツを少しずつ変えただけでも、ガラリと雰囲気が変わってすごい可愛い美少女になりました。しかもそれが主人公のためとか俺だったらもうキュンキュンしまくり写真撮りまくりですよ!!


でも真央がイメチェンしたことでギクシャク


 まあ口では色々言いながらも好きだった女の子が、急に別人のように変わっちゃったらそりゃあ戸惑いますよね。心にもない酷いこと言っちゃいますよね。でも真央は真也のためにイメチェンしたわけで、そこをわかってあげられないと…ね。真也は自分が酷いこと言ったせいで真央が平気なフリしてたけど実は傷つき泣くくらい辛い思いをしたことをわかって、真央のこと追いかけることにしたんですね。


不良とのバトルシーン、たしかに主人公が助けに入るシーンはカッコ良かったけど


 空手やってるヒロインならいざ知らず、なんで主人公が自分よりもガタイのいい不良相手に、あそこまで戦えたのかが、ちょっと無理矢理な感じがして納得いきませんでした。


でも ま いいや 好きって言うなら…許す


 でもまハッピーエンドで、ヒロインも可愛かったからいいかな。真央は怒った顔も泣き顔も可愛いけど、この好きって言うなら許すって言った時の照れ隠しで恥ずかしそうにしかめた顔がたまらなく可愛かったです。ぜひこの作者の次回作はもっとラブコメちっくなラブコメを読んでみたいですね。

広告

Comments







非公開コメント