Top Page › ジャンプ(連載終了or休載中) › .ぬらりひょんの孫 › ぬらりひょんの孫 葵螺旋城 最終決戦編 最終幕の感想

ぬらりひょんの孫 葵螺旋城 最終決戦編 最終幕の感想

2012-12-28 (Fri) 18:47

結局、この作品のヒロインは誰だったんでしょうね。
多分つららだと思うんだけどカナちゃん出番ないし…

あと前回までの話がうろおぼえなので感想間違っていたらすみません。


これまでの簡単なあらすじ


 ついにリクオと晴明の百鬼夜行の主同士の戦いもクライマックスに!しかし晴明の圧倒的な力の前に、リクオの刃は届かず、右半身を吹っ飛ばされ、力尽き倒れてしまう。もう奴良組には勝ち目はないのか、このまま世界は晴明に支配されてしまうのか…

どかぬよ…妾はこの子の母だから


 彼女は羽衣狐であると同時に山吹乙女でもある、山吹乙女にとってはリクオは我が子も同然、だからこそ自分をリクオの母だと言ったんですね。つまり羽衣狐=山吹乙女にとっては、この場で戦っている晴明とリクオのどちらも自分の子供なわけです。そしてこのセリフからもわかるように羽衣狐=山吹乙女は晴明ではなくリクオを選んだということになります。まあもっともその前に晴明の方が羽衣狐を裏切っているわけですが…


うそそれってリクオ様が…羽衣狐を鬼纏ったということ…?


 鬼纏襲色黄金黒装鵺切丸。てっきりリクオがつららを鬼纏って二人の愛の力で晴明を倒すものだとばかり思っていたので、リクオが羽衣狐を鬼纏ったのは予想外で驚かされました。でもたしかにリクオが羽衣狐を鬼纏えば最強…これ以上ない組み合わせなんですよね。現にこれまで晴明に届かなかった刃がはじめて届いていましたし、なんかよくわからないけど強そうですし…


百鬼夜行の畏を刃に乗せて晴明を斬る!全ての運命を断つ!!


 晴明がヤバげな必殺技を使ってきてどうなるかと思いましたが、最後はみんなの力を合わせて勝つという、少年誌の王道的なパターンになりました。それと同時にこれまで奴良家三世代と晴明の間にあった因縁にも終止符を打ったということになります。他で繰り広げられていた戦いも、全てリクオ側が勝ったのかな。俺の心結心結さんだけは負けないで欲しかったけど…


そして最後は綺麗に大団円で終わって良かったですよね


 羽衣狐との鬼纏が解けたら、また右半身がない状態に戻って、リクオはどうなることかと思いましたが、回復&復活して戻ってきてくれて本当に良かったです。最後の終わり方は、つららのいる奴良家が、リクオにとっての帰るべき場所だということなのかな?リクオを出迎えた時の笑顔がすごい可愛かったです。やはりリクオの一番の理解者&パートナーはつらら以外いませんよね。でもつららを慕う輩が多いのがちょっと不安ですが。

 あとぬらりひょんが無事だとわかって、そっぽ向いて泣いていた雪麗さんが可愛かったです。雪麗さんが奴良組に帰ってきてくれて本当良かったです。羽衣狐=山吹乙女はリクオの側にいることよりも、京妖怪の百鬼夜行の主であることを選んだのかな?今の奴良組には羽衣狐は居づらいようにも思えますしね。あとそういえば圓潮ってどうなったんだっけ…?

広告

Comments







非公開コメント