カレンダー(月別アーカイブ)

11 ≪│2020/12│≫ 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ-作家、作品、雑誌別

トップページ » マギ(大高忍) » マギ 原作(本編、単行本) » マギ 第166夜「開戦の前」の感想

マギ 第166夜「開戦の前」の感想

レームのファナリス兵団の女性陣がすごくいい…っ!
その中でもボクっ娘&妹のミュロンが好きだなあ…


これまでの簡単なあらすじ


 前回のティトスの一件をきっかけ(というか口実)に、ついにマグノシュタットとレームが開戦…という最悪の事態になってしまう。マグノシュタットの魔導士達は、自分達の居場所である魔導士の国を守るために、戦うことを決意していく。その前の晩、アラジンはずっと気になっていたこと、マグノシュタットとアルサーメンの関係を、モガメット学長から聞いたのだが…


結論から言う。マグノシュタットはレーム帝国と開戦する!


 しかし、随分と急な展開だなと思いました。レーム帝国は煌帝国と違ってマグノシュタットと交渉らしい交渉をしているシーンがありませんでしたし、前回のモガメットとシェヘラザードのやり取りだけで戦争をすることが決まったというのなら、唐突過ぎる気が否めないんですよね。でもマグノシュタットの魔法道具を持った賊がレーム属州にまで侵攻してきているという話もありましたし、レームにとってマグノシュタットが脅威になっていたからという理由もあるのかな。


マグノシュタットとアルサーメンの関係も明らかになりました


 やはり黒いルフや黒いジンの知識はアルサーメンから得たものでしたね。マグノシュタットとアルサーメン、両者は互いに協力し合い、研究を進め、黒い金属器を創り出していたという、衝撃の事実が判明しました。それに魔法道具を賊に売り払っていたこともわかりましたしね。この世界で黒い金属器や魔法道具によって引き起こされている数々の悲劇、マグノシュタットがその元凶となっていると言っても過言ではないのかもしれませんね。

 しかし、アルサーメンが非魔導士に黒い金属器を与えたことは、非魔導士(の王)に対抗し得る力を~というモガメット学長の考えとは真逆のものであり、それ故に両者は決裂してしまった、今はもうマグノシュタットとアルサーメンは手を切っている、そういうわけなんですね。モガメット学長の性格からすると同じ魔導士のアラジンに嘘をつくとは考えられないので、おそらく全て真実なのでしょう。


他の魔導士たちを思う私の気持ちに嘘偽りは決してない!この国を守りたい。そのために、アラジン、おまえも力を貸してくれ…頼む……


 この人は非魔導士のことは何とも思っていない、でも自分と同じ魔導士達のことはすごく大切に…まるで皆が息子のように思っているし、アラジンに見せた優しさも本物なんですね。それがたとえ対魔導士限定の愛情だとしても、ね。だからアラジンはモガメット学長に魔導士だけの王様にふさわしいと言うものの、モガメット学長の嘘偽りない気持ちに揺さぶられてしまうのでしょうね。

 それにこの国にはティトスやスフィントスを始め、多くの魔導士の友達や仲間、大切な人達ができてしまった。その人たちを見捨てて逃げるなんてことはもはやできないでしょうね。そのうえ、モガメット学長にあんなふうに頼まれたら、とても断れるものじゃありませんよ。でも誰の目にもマグノシュタットが劣勢であることは火を見るより明らかなんですよね。他の魔導士達は魔導士の国が欲しいという思いで戦争に突き進もうとしていますが、レームの強さを知るティトスだけは違っていて…


ダメだ…レームに勝てるわけがない杖をおさめてください…!!レームの王の器たち…シェヘラザード様が選んだ…3人の金属器使いたちです…!!


 つまりレーム帝国にはダンジョン攻略者が3人もいるということです。マギ(アラジンは正体隠してる)も金属器使いもいないマグノシュタットにとってはこのうえない不利な状況なわけです。これに対抗すべく、モガメット学長が黒い金属器を持ち出してこないか不安です。今ここでアラジンがすべきことはマグノシュタットを勝たせることではなく、最悪の事態になる前に戦争を止めることではないのでしょうか。


ファナリス兵団が見るからに強そうで、とても勝てる気しないんだけど


 妹&語尾が「のだ」&ボクっ子のミュロン・アレキウスがもろ好みのタイプでツボでした。あの目つき、あの唇、あのおっぱい、いっそのこと俺がファナリスの奴隷になりたいです←
広告

関連記事
初コメントです。

ファナリスめっさ出てきた(ガクブル
この人たちは全員がマスルールさんクラスの戦闘の怪物集団なんですよね~

勝てるわけねぇwww

さて、戦争についてですが………
私も出来ればそれは回避するべきだと思います。

しかし、だからと言ってマグノシュタットという国が、このまま存続するというのはあり得ないと思います。

アラジンはモガメットさんを「魔導師だけの王様」と称しましたが、私はそうは思いません。

モガメットさんはどちらかと言えば、マフィアのボスみたいな感じだと思います。

弱き(魔導師)を助け強き(非魔導師)を挫くみたいな。

集団を運営する上で、確かにモガメットさんのやり方は一つの答えかもしれませんが、マグノシュタットを国として認めることは僕には出来ません。

要は、マグノシュタットは一度滅びるべきなのです。

…………とまぁ、それでは救いがなさすぎるので、ここはアラジンくんの「ソロモンの代行者」としてのチート性能をいかんなく発揮してもらいたいですねwww
[ 2012/12/14 00:38 ] [ 編集 ]
初コメント、失礼致します。

ファナリスが一気に登場してうおおおっとなった回でしたね。金属器使いも出てきたのに影薄い。一人は何でこいつ金属器持てたの、って思ってしまうくらいに小物臭ありましたが、フォローくるんでしょうか。
ミュロンさん麗しくて素敵でしたね。ファナリスの女性陣はモルさん含めみんなカッコいい美しいです。

>今ここでアラジンがすべきことはマグノシュタットを勝たせることではなく、最悪の事態になる前に戦争を止めることではないのでしょうか。

だと思います同意です。
個人的にはスフィントス君が戦争を止めようとするアラジンに協力してくれないかなと。学長に傾倒もしていましたが、巻き添えとはいえ一緒に調査してたし、マルガや五等の人たちに接してもいましたし。
でもそうなったらムーさんたちの実力とかわからずじまいになっちゃいますよね…。

そもそもシェヘラ様はマギじゃない疑惑がありますが、ここまでルフ操っといてマギじゃなかったフラグを回収できるとは思えません。実は彼女もコピーの一つ、とかなんでしょうか。
[ 2012/12/12 20:25 ] [ 編集 ]
コメントの投稿




















トラックバック
この記事のトラックバックURL

このブログ内を検索

マギ(大高忍先生)最新情報

雑誌(web)連載
├オリエント: 100話 NEW!
├本編: 第369夜(最終回)
シンドバッドの冒険: 第182夜

単行本
├本編:37巻-11月17日頃発売
└外伝:18巻、19巻-7月19日頃発売
└オリエント10巻:8月17日頃発売 NEW!
作者
大高忍の手書きブログ:2020年6月27日更新 NEW!
バックステージ:Vol.366

リンク
大高忍のてがきブログ
漫画家バックステージ
裏サンデー(シンドバッド)
マギ公式ツイッター
マギ公式サイト
シンドバッドの冒険TVアニメ公式サイト

※情報は9月2日(水)現在

最近のコメント

<>+-

QRコード

QRコード

広告