Top Page › 若木民喜 › 神のみぞ知るセカイ › 神のみぞ知るセカイ FLAG212「Flashpoint」の感想

神のみぞ知るセカイ FLAG212「Flashpoint」の感想

2012-12-11 (Tue) 20:57

神のみアニメ第3期&かのんちゃんスピンオフOVA制作決定おめでとーっ!!
とりあえずは18日のOVA付き第20巻だな、天理編後編楽しみすぎですよ…


これまでの簡単なあらすじ


 えっと、どこまで話が進んでいましたっけ?そういえば間にかのんちゃん編を二話挟んでいましたからね。たしか小学校でのうららとの性的不祥事?を上手く利用して、うららの家へと連れられて来て、うららのおじい様と会うところまでいっていたんですね。なんかあの海岸の建造物がテーマパークじゃなくて悪魔と戦う砦とか話が物騒になっていますが…

そういえば桂馬のママンはどこに?


 たしか前々回に柳さんが「桂木様のお母様が到着された~」と言っていましたが、出番がないだけでまだうららの家にいるのかな?


あの海岸の工事はパーク建設なんかじゃない。悪魔と戦うための砦だろ?


 うららのおじい様…名前なんて言うんだっけ?おじい様は最初の内こそ否定していたものの、桂馬が悪魔のことを知っているとわかったら、ついに認めましたね。それにしてもおじい様は兵隊を雇ってどのような敵がやってきても制圧できる体制を~と言っていますが、普通の人間が対人間用の武装をしているだけで、とても悪魔と戦えるとは思えません。桂馬が多分あんた達じゃダメだというのももっともです。


幾万の荒ぶる邪鬼迫りて戦乱戦禍留まる所を知らず…天地冥の命運おおいに極まりせば女神現れ奮闘し遂には悪を討ち果し三界を救う 女神の戦う様、踊を舞うが如し 以って、此地を「舞島」と称す…


 おじい様の言った伝説はつまり、かつてこの地で神と悪魔の戦いがあって、女神が悪魔を倒して世界を救って、まるで踊りを舞うような女神の戦う姿から、「舞島」という地名の由来となった、というものなんですね。女神が悪魔を刺した槍があの一本岩になったという話もはじめて知りました。しかしなぜここ舞島が戦いの場になったのかその理由について気になります。あとほとんどの人達はその話を知らないのに、なぜ白鳥家にだけその伝説が伝わっているのかも…


奴等には……返さねばならぬ借りがありますので…香衣子さん、正晴、遂に…この時が来ました…すべての無念…今こそ晴らしてみせましょう


 やはり、うららの両親は病死などではなかったのでしょうね。それこそ悪魔達のせいで死んだ…いやもしかしたら殺されたのかも。うららの白鳥家と悪魔の因縁は思ったより深いのかもしれません。そんでうららのおじい様は息子夫婦の無念を晴らすため、舞島の街の人達を守るため、悪魔と戦おうとしているんですね。でも桂馬の言う通り、勝てるとは思えないけど、勝ったら勝ったでまだ問題だし、どうすればいいんでしょうね…


あの…お兄ちゃんのところに行こ……お兄ちゃん、さがそ……!!


 桂馬の玉が光り出して、また失敗してスタート地点に逆戻りかと思いましたが、そうではなさそうですね。ドクロウが珍しく…というかはじめて自分から積極的に動き出そうとしていますが、そういえばこの時点で悪魔達と戦えそうなのはドクロウ位ですし(エルシィは戦いに役に立つとは思えない)、ドクロウがどう動くかが鍵になってくるのかな…


★トラックバック送信先

たくのみそ汁 様
ゲーム漬け 様

広告

Comments







非公開コメント

Trackback


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
神のみぞ知るセカイ FLAG212「Flashpoint」
海岸の工事は舞島パークの建設などではないと、うららの祖父に指摘する桂馬。 ですが、夕食の時間と相手にせず背を向けられます。 しかし、「本気で悪魔と戦うつもりなら…ボクの ... …
2012/12/12 20:00 ゲーム漬け
神のみぞ知るセカイ FLAG212「Flashpoint」の感想
再び、少年になった桂馬ちゃんの世界。 京本雅樹みたいな白鳥祖父は、やはり悪魔との対決の 砦を作っていた。 かつて、舞島全体を支配していた白鳥家。 桂馬のおうちは、もと馬... …
2012/12/12 18:51 たくのみそ汁