カレンダー(月別アーカイブ)

10 ≪│2020/11│≫ 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

カテゴリ-作家、作品、雑誌別

トップページ » ジャンプ(SQ.) » ジャンプ その他 » 食戟のソーマ 第1話「果て無き荒野」の感想

食戟のソーマ 第1話「果て無き荒野」の感想

2012/11/25 22:16 | ジャンプ(SQ.) ジャンプ その他 | コメント(4)

読切版の時は主人公とお嬢様とライバル位しか登場人物いなかったけど、
連載版の第1話でもうすでに色々なキャラを登場させてきましたね。

ぶっちゃけこの漫画には料理漫画としては微塵も期待していません。
作画担当の佐伯俊先生の描く可愛い女の子達がいればそれで十分!
特に料理を食べた時のエロ可愛いリアクションがたまりません!

今回はメインヒロインの高飛車お嬢様は最後にちょっと登場しただけですが、
新たに幼なじみ?同級生?と年増のおば…お姉さんが出てきましたね。

表紙にも出ているこの同級生?の女の子は「女生徒」としか紹介されていませんでしたね。
年増の地上げ屋のお姉さんは峰ヶ崎って、速攻で自分から名乗っていたのに。

いきなりイカの触手責めはインパクトがありましたが、
年上が目に涙を浮かべて「もっと…そのくださいっ!」はぐっときましたが、
この漫画は女性のエロ可愛いリアクション、それだけなんですよね。

なのでもっとバカバカしいほどにエロ可愛いリアクションを期待するとしましょうか。
次回以降はいよいよ本格的に高飛車お嬢様が登場してきそうですしね。
広告

関連記事
語り部さん顔真っ赤w
[ 2013/12/22 14:33 ] [ 編集 ]
長引かせるよりは、ひとおもいに
「食戟のソーマ」、画力は成年漫画を描いていただけあって十分高い。
でも週刊誌の連載をするにはシナリオを含め総合力が良くなければだめです。
以前の作品の癖が抜けないのか序盤から大ゴマを使いすぎとか、
背景の上に文字をかけすぎとか、展開が正直拙速だと思うとか、
…………そういうのは不慣れもあるという事で我慢できます。
ですが、料理漫画を描くのなら食と料理への敬意と感謝を感じられなくては駄目です。
第3話でえりなに「本当は美味いと思った料理を不味いとコメントする」という、
料理を汚す忌まわしい行いをコメディーの一部としてあっさりやらせました。
これは料理漫画のヒロインとして断じてあってはならない事です。
こんな事を個人的な都合でする女など料理漫画のヒロインとは認めません。
同時に作者自身のモチベーションと責任感にも疑問符です。
料理漫画で一番力をいれるべきなのは料理と料理をめぐる人々のドラマであって、
萌え要素もヒロインの可愛さも二の次です。
私は予言します。この漫画の余命は一年以内だと。
[ 2012/12/28 23:23 ] [ 編集 ]
もしかすると最近の読者に合わせたのかもしれませんね。
ぶっちゃけヒロインがエロ可愛ければそれでいいのかもしれませんし…
[ 2012/12/02 14:59 ] [ 編集 ]
読み切り版の主人公のキャラの方が男っぽくて好きだったなぁ。。
読みきりと比べると随分幼く見える気がする。。
[ 2012/11/29 15:07 ] [ 編集 ]
コメントの投稿




















トラックバック
この記事のトラックバックURL

このブログ内を検索

マギ(大高忍先生)最新情報

雑誌(web)連載
├オリエント: 100話 NEW!
├本編: 第369夜(最終回)
シンドバッドの冒険: 第182夜

単行本
├本編:37巻-11月17日頃発売
└外伝:18巻、19巻-7月19日頃発売
└オリエント10巻:8月17日頃発売 NEW!
作者
大高忍の手書きブログ:2020年6月27日更新 NEW!
バックステージ:Vol.366

リンク
大高忍のてがきブログ
漫画家バックステージ
裏サンデー(シンドバッド)
マギ公式ツイッター
マギ公式サイト
シンドバッドの冒険TVアニメ公式サイト

※情報は9月2日(水)現在

最近のコメント

<>+-

QRコード

QRコード

広告