カレンダー(月別アーカイブ)

10 ≪│2020/11│≫ 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

カテゴリ-作家、作品、雑誌別

マギ 第161夜「変化」の感想

やはり思想教育の講義は洗脳に近い…というか洗脳そのものですよね…


これまでの簡単なあらすじ


 思想教育の講義ではモガメット学長自らが、この国では魔導士達がいかに酷い扱いを受け、非魔導士達が己の欲望の赴くままに生きる存在かを、熱々と語ったのだった。しかしだからと言って、非魔導士達を家畜同然に扱うような極端な話は、生徒達に受け入れられるはずがなかった。ところが、思想教育の講義を何度も受ける内に、生徒達の考えにも変化が…


今回初登場?の女子生徒達が可愛かったです


 特に個人的に印象的だったのが、額に大きな丸い(前髪で隠れて三日月のような)アクセサリー?をつけた三つ編みおさげ?の女の子と、東方出身だというツインテお団子の女の子(グスッと涙ぐんだ顔が可愛くて守ってあげたい)でした。しかしコドル1の生徒達は何十人もいるけど、アラジン、ティトス、スフィントスの三人以外は名前わからないなあ…


もし、そのマルガという子1人を助けたいなら…それは君の、何か個人的な心の傷を癒したいだけの…自己満足なのではないかね?


 そうモガメット学長に指摘されて、ティトスは何も反論できなくなってしまいましたね。私はティトスがマルガのことをあんなにも気にかけているのは、外の世界に出たくても出られなかった、かつての自分の姿をマルガに重ねているからだと思っていたのですが、実際はどうなんでしょうね?


そのマルガという娘の元へ、私を案内しなさい。


 やはりマルガは女の子でしたか。それにしても学長はマルガのところへ行って一体何をするつもりなのでしょうか。まさかアラジン達の前で酷いことをしないよね?それとも魔法で助けるつもりなのかな?ティトスやアラジンを洗脳するためにマルガを利用するという可能性も大いに有り得ますしね…


最初は極端な話だふざけていると言っていた生徒達も…


 次第にモガメット学長の考え方に影響されてきたというか洗脳され始めたというか、とにかく生徒達の考え方が変わり始めてきたんですよね。生徒達も魔法を使えるということで、少なからず差別を受けてきたり嫌な思いをしてきた、だからこそ魔導士が不当な扱いを受けることをなくしたいという学長の言葉に感じるものがあったのでしょうね。そして今のマグノシュタットはかつてのムスタシム時代よりも(おそらく他の国よりも)はるかにいい、だからこそ誰も反論できないのでしょうしね。
広告

関連記事
どうもはじめまして。初めてコメントします。

思ったのですが、ブログ主さんは度々○○可愛いとおっしゃっていますが、マギで特に可愛いと感じているキャラって誰でしょうか?
各章ごとに教えてもらえると嬉しいです。

[ 2012/11/07 01:06 ] [ 編集 ]
コメントの投稿




















トラックバック
この記事のトラックバックURL

マギ 第5話「迷宮攻略者」感想
黄牙一族の村に訪れる最大のピンチ。 和平派のババさまが襲われ、 ついに怒りの導火線に火が! 煌帝国の代表、練白瑛はアラジンとともに 呂斎のたくらみを打ち破るためについに ...
[2012/11/10 20:56] たくのみそ汁

このブログ内を検索

マギ(大高忍先生)最新情報

雑誌(web)連載
├オリエント: 100話 NEW!
├本編: 第369夜(最終回)
シンドバッドの冒険: 第182夜

単行本
├本編:37巻-11月17日頃発売
└外伝:18巻、19巻-7月19日頃発売
└オリエント10巻:8月17日頃発売 NEW!
作者
大高忍の手書きブログ:2020年6月27日更新 NEW!
バックステージ:Vol.366

リンク
大高忍のてがきブログ
漫画家バックステージ
裏サンデー(シンドバッド)
マギ公式ツイッター
マギ公式サイト
シンドバッドの冒険TVアニメ公式サイト

※情報は9月2日(水)現在

最近のコメント

<>+-

QRコード

QRコード

広告