Top Page › ミウラタダヒロ › ミウラタダヒロ 恋染紅葉 › 恋染紅葉 シーン11(第11話)「ドキドキした」の感想

恋染紅葉 シーン11(第11話)「ドキドキした」の感想

2012-07-12 (Thu) 22:55

しかし紗奈ちゃんのマネージャーさんが盗撮していた件は結局うやむやになってしまったのだろうか…

【簡単なあらすじ】

 紗奈ちゃん達の後を尾行してこっそり撮っていたのは、紗奈ちゃんのマネージャーの京子さんだけではなく、実はもう一人パパラッチ野郎がいたことが判明する。もし紗奈ちゃんやナナちゃんが男とデートしているのが明るみになったらスキャンダルになってしまう。それを阻止するためにも翔太は京子さんと共にパパラッチ野郎を追いかけるのだが…

【トビラ絵は浴衣姿の紗奈ちゃん】

 どうやら浴衣姿で二人で夏祭りに…というシチュエーションのようですね。俺の紗奈ちゃんの浴衣姿…横顔とうなじに思わずドキドキしてしまう自分がいました。

【逃げるパパラッチを追いかけろ】

 ここで紗奈ちゃん達を撮っていたのは紗奈ちゃんのマネージャーさん…京子さんだけではなく、もう一人デブ男のパパラッチがいたことが判明しました。でも京子さんはまだ自分の楽しみのためだけに撮っているだろうからいいけど、もしパパラッチによってゴシップにされてしまうと紗奈ちゃんのアイドル女優生命が危うくなりかねないのですから…

【ようやくパパラッチを捕まえて】

 一生懸命パパラッチを追いかけて、写真を消して欲しいと頼み込む翔太の姿からは、翔太がどれだけ紗奈ちゃん達のことを大切に想っているかが伝わって来ました。そんな翔太の姿を見た京子さんの翔太に対する印象はそんなに悪くはないどころかむしろ良いようにさえ思えました。っていうか、俺も京子さんにゴチャゴチャ言わずに出しなさいとギーリギーリされながら言われたいです…

【結局京子さんも盗撮してた件は】

 なんかうやむやに誤魔化されてしまいましたね。それどころか上から目線で翔太と紗奈ちゃんに物を言ってくるのがどうかと思いましたが。しかし京子さんも見栄えがするルックスだと思っていたら、「私も女優時代」って、昔は女優だった頃があったんですね。ナナちゃんの「ほほう…」というリアクションからするに、ナナちゃんは紗奈ちゃんとは違う事務所のようですね…

【京子さんには否定されたものの】

 一生懸命京子さんに翔太のいいところをアピールする紗奈ちゃんが可愛かったです。最初は得意げな表情だったのが、最後には「うぅ…っ」となってしまう、そんな紗奈ちゃんが、ね。たしかに京子さんの言う通り、翔太のやったことは誰にでもやろうと思えばできることかもしれないけど、でも実際はなかなかできないことなんじゃないかなとも思いましたが。

【翔太と紗奈ちゃんの互いの想い】

 翔太は紗奈ちゃんといるとすごく楽しいと言いました。そして紗奈ちゃんはわたしにとっては翔太としてきたことはドキドキしたと言いました。一緒にいると楽しいしドキドキする、これって恋をするには十分過ぎる理由じゃありませんか。そしてドキドキしたと顔を真っ赤にして言った紗奈ちゃんの、恋する女の子の初々しい可愛さに、ニヤニヤしっぱなしな自分がいました…

【つまりどういうことかというと】

 えっとつまり、これまで男の子と恋をしたことのなかった紗奈ちゃんがはじめて男の子と恋をしてドキドキする、紗奈ちゃんが出演する恋染紅葉の役作りのためにもこういう感覚を知らなきゃいけないのかな、とそういうわけなんですね。俺も紗奈ちゃんのような女の子と恋をしてドキドキしたいです…

【このタイミングでのナナちゃん】

 もう京子さんも翔太と紗奈ちゃんのことを認めざるを得ないという状況での、このナナちゃんの私も翔ちゃんに彼氏役頼んでる発言ですよ。これはもうナナちゃんの紗奈ちゃんに対する宣戦布告と受け取ってもいいのかな?翔太は紗奈ちゃんのためにもナナちゃんの申し出は断るつもりでしたが、はたしてどうするのでしょうか…

広告

Comments







非公開コメント