Top Page › 大高忍(マギ、オリエント) › マギ本編等 › マギ 第142夜「融合」の感想

マギ 第142夜「融合」の感想

2012-06-05 (Tue) 22:17

 しかしトトはあんなリアクションしているけど、これまで剣闘士の試合を見たことがなかったのだろうか…っていうか、トト自身剣闘士として戦ってきているはずなんだけどね…

【簡単なあらすじ】

 アリババは剣闘士デビューの初戦にアモンの剣なしで化け物じみた大猿と戦わされ、その圧倒的な力の前に完膚なきまでに叩きのめされてしまう。しかしいくらアリババがやられても降参しようとしても戦いを止めさせてもらえず、このままではアリババが本気で殺されてしまいかねない状況に。大猿「ガルダ」に左腕をやられた痛みで目を覚ましたアリババだったが…

【覚悟を決めたアリババ】

 なるほど普通の剣で正攻法で戦っても勝ち目はないから、彫像や壁を利用して反撃に出るとは考えましたね。アリババはスラムの戦い方を思い出したと言っていましたが、剣術云々よりもこっちの方がアリババ本来の戦い方なのかもしれませんね。そしてそれはかつてカシムと一緒にいた頃を彷彿とさせるような戦い方でもあったんですね。

【二つの魔力が一つへと】

 アリババがスラムの戦い方で勝ったということは、カシムと力を合わせ協力するということになり、その結果アリババの中のアリババとカシムの魔力が融合した…ということでいいのかな?これがきっかけで魔力を使いこなせるようになり、全身魔装までできるようになるのもそう時間がかからないかもしれませんね。っていうか、初戦の相手がこれなら、二戦目以降はどんな相手が出てくるのだろうか…

【試合を見ていた謎の女性?】

 まさかレームのマギのシェヘラザードがアリババに目を付けたとか、そんな都合のいい展開にはなりませんよね?どちらにしても美人or美少女でラブコメ展開もあったりするといいなあ…

広告

Comments







非公開コメント