Top Page › ジャンプ(SQ.) › D.Gray-man › D.Gray-man 番外編「魔眼のワイズリー」 206.5夜 番外編「再認識」の超簡単な感想

D.Gray-man 番外編「魔眼のワイズリー」 206.5夜 番外編「再認識」の超簡単な感想

2012-04-18 (Wed) 07:07

 この度ジャンプSQ.19が季刊誌から隔月刊誌に昇格し、記念すべき第1号が4月19日(木)に発売となります。

 SQ.連載陣の番外編&メッセージも掲載されており、D.Gray-manの番外編も2pほどですが掲載されています。

 あとはネタバレとなりますので、続きを読みたい方は、続きを読むをクリックしてください。
 

【簡単なあらすじ】

 さらにその番外編も、千年伯爵とノア達が仲良く一緒に寝ていてワイズリーがSQ.19隔月刊化おめでとうと言う「魔眼のワイズリー」と、206夜でアレンがかつてクロス師匠と一緒に過ごしたマザーの家に立ち寄った時のエピソードを描いた「再認識」の二部構成となっています。

【簡単な感想とか】

 しかしノア達もホント千年伯爵が大好きで仲がいいですよね。なんともほのぼのする微笑ましい光景でもありました。普段は人間に容赦無く酷いことしているから忘れがちだけど、ノアは仲間に対してだけは人間以上に人間らしく接している、人間以上に仲間思いなんですよね。

 アレンがマザーの家に立ち寄ってどんなやり取りをしたのか気になっていたので、この番外編で少しだけでも読むことができて良かったです。久々に黒アレンを見ることができて、アレンのこういう一面も好きなので、ニヤニヤしながら読ませて頂きました。

広告

Comments







非公開コメント