Top Page › マギ(大高忍) › マギ 原作(本編、単行本) › マギ 第135夜「一人旅」の感想

マギ 第135夜「一人旅」の感想

2012-04-10 (Tue) 22:20

そういえば、もうすぐ最新単行本第12巻が発売になるようですね。

【単行本第12巻について】

・発売日は4月18日(水)頃
・初回限定で、あのビックリ☆マギシールが付いてくるそうです
・シンドリア編ついにクライマックス!!世界創世の謎が明らかに…!?

【本編の簡単なあらすじ】

 前回は別れの前の宴で大いに盛り上がっていましたが、今回はいよいよ別れの…それぞれの旅立ちの時がやってきました。しかし三人とも笑顔で、今よりもっと強くなってまた会うことを誓い、それぞれの向かう道へと旅立ってゆきました。マグノシュタットへ向かったアラジンは旅の一行に入れてもらい、そこで意外な人物と出会うことに…

【アラジンが飛び立つと…】

 まず最初にアラジンが飛び立って行って、アリババとモルジアナが笑顔で見送っていました。少し前の練白龍の時のような後味の悪い感じとは違う、みんな笑顔でお別れしていたのが印象的でした。それにしてもアラジンが飛び立った後、何人もの女の人達が手を振って追いかけていましたが、まだこんな幼い少年なのに恐るべしアラジン…

【次はアリババの番だけど】

 そして次はアリババが船に乗って行こうとしていたのですが、アリババの背中を見つめるモルジアナが、何か言いたげなように見えました。それだけモルジアナの中でアリババの存在が大きくなっていたんでしょうね。そういえばアリババは金属器使いで、モルジアナはその眷属…眷属器使いでしたっけ。たしかその腕輪が眷属器なのですが…

【さりげないプレゼント!?】

 しかし気の利かない男だとばかり思っていたのですが、予備の眷属器だと言い、さりげなくモルジアナに綺麗な首飾りをプレゼントするとは、アリババもなかなかやりますな。それにモルジアナが危ねー時にいつでも力になれるようにしとくからと、モルジアナのことを気にかけてくれているところが、ね。アリババを見送ったモルジアナの笑顔は本当にいい笑顔でしたね。

【アラジンの新たな出会い】

 またもや煌帝国の皇子…今度は第三皇子の練紅覇ですか、と出会ってしまうとは、つくづくアラジンは煌帝国の皇族と縁がありますよね。最初は危ない感じでとっつきにくそうな人でも、練紅玉のように意外といい人だったりする場合もあるけど、練紅覇の場合はどうなんだろう?そもそもお忍びだと言うけど、こんなところまで来ていた練紅覇の目的とは一体…

【なぜ盗賊達が魔法道具を】

 何話か前の大聖母の海賊達もそうでしたが、貴重なはずの魔法道具をなぜ海賊や盗賊が持っているのか?おそらくアルサーメンが裏で海賊や盗賊達に魔法道具を供給している…そうとしか考えられません。アラジン達がアルサーメンと近い内に再びぶつかる可能性も十分あるわけです…

広告

Comments







非公開コメント