カレンダー(月別アーカイブ)

11 ≪│2018/12│≫ 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリ-作家、作品、雑誌別

記事別アクセス数ランキング(最近一週間)

トップページ » ジャンプ(SQ.) » ジャンプ その他 » 週刊少年ジャンプ2008年40号の感想

週刊少年ジャンプ2008年40号の感想

2008/09/02 11:44 | ジャンプ(SQ.) ジャンプ その他 | コメント(0)

週刊少年ジャンプ2008年40号掲載作品の中で、

特に印象に残った作品の簡単な感想を書きます。



●BLEACH

 死神達は己の実力ではなく斬魄刀の能力で勝っているような気がします。

 前回もそうだけど、劣勢を逆転するのがあまりにもあっけなさすぎます。

 もうちょっと技と技のぶつかり合いや戦いの駆け引きを見たいのですが…



●ONE PIECE

 最近は物語もキャラの能力と強さもヒートアップしてきた感じがします。

 黄猿も戦桃丸もくまも敵側は皆あまりにも強すぎる気がしてなりません。

 ここまで人間離れした強さを持つキャラが登場すると引いてしまいます。

 チョッパーの暴走はこの困難な状況を打破する鍵になるのか、それとも…



●NARUTO-ナルト-

 最近のナルトは修行と戦いの繰り返しなのはひとまず置いておきますね。

 どこまで成長するのか、どんな新技をおぼえるのか、興味はつきません。

 一方、サスケはというと、八尾に追い詰められて天照を発動しましたが…

 まさかこれであっさり逆転勝利って事はないですよね?やめてください。

 自分は一人ではない、皆がいたことを自覚したサスケが見せる強さとは…



●いぬまるだしっ

 野球選手になって山本モナとホームランには思わず笑ってしまいました。

 この作品は主に幼稚園児と保母さんのやり取りを中心に描いていますが、

 キャラの可愛い見た目とシュールなギャグのアンバランスさがいいです。

 センターカラーを股間につけた天狗のお面だけに使うとは恐るべしです。



●アイシールド21

 あのキックしたボールを指で弾いて骨折しないのか思ってしまいますが。

 この試合のモン太と鷹のキャッチはもはや神の領域に突入していますね。

 そのスーパープレイに惹かれるのと同時に興ざめしていく自分がいます。

 セナが大和を抜くにしても、どうか現実的なプレイであってほしいです。



●ぬらりひょんの孫

 式神3体を同時召喚して、風の妖怪ムチを倒したゆらはすごすぎますが…

 く…なんて卑怯な!ゆらを後ろから不意打ちするなんてムチめ許せんな!

 4体同時召喚の無理をしてでも妖怪を倒そうとするその姿にゆらの強さ、

 彼女の陰陽師としての意志の強さと誇りとその他色々なものを感じます。

 そしてついにムチの親玉とリクオの祖父・ぬらりひょんとの対決が実現!

 おお!真・明鏡止水!なんかよくわかりませんが、カッコ良すぎますね。


広告

関連記事
コメントの投稿




















トラックバック
この記事のトラックバックURL

今週のジャンプ『2008年40号』
 今週号の表紙&巻頭カラーはBLEACH。そして、またしても表紙に描かれている主人公達は本編では出てこず・・・・ブリーチ ポケットを叩くとビスケットが増える理論ですよね、分かります(?)必ず侘びるように頭を差し出すのは、頭を切って重くしてしまうか
[2008/09/03 00:52]

このブログ内を検索

マギ(大高忍先生)最新情報

雑誌(web)連載
├オリエント(新連載): 2話 NEW!
├本編: 第369夜(最終回)
シンドバッドの冒険: 第182夜

単行本
├本編:37巻-11月17日頃発売
└外伝:18巻、19巻-7月19日頃発売
└オリエント1巻:8月17日頃発売
作者
大高忍の手書きブログ:2018年6月8日更新 NEW!
バックステージ:Vol.366

リンク
大高忍のてがきブログ
漫画家バックステージ
裏サンデー(シンドバッド)
マギ公式ツイッター
マギ公式サイト
シンドバッドの冒険TVアニメ公式サイト

※情報は6月9日(土)現在

最近のコメント

<>+-

QRコード

QRコード

広告

ブログパーツ