Top Page › ジャンプ(連載終了or休載中) › .濱田浩輔(パジャマな彼女。) › パジャマな彼女。Vol.2(第2話)「いいよ」の感想

パジャマな彼女。Vol.2(第2話)「いいよ」の感想

2012-03-03 (Sat) 20:20

ハァ~、くーちゃん、やっぱり笑顔が一番可愛いよなあ…
俺にもくーちゃんのような幼なじみがいたらなあ…
ちなみにくーちゃんというのは主人公の幼なじみの音巻まくらちゃんのことです。

【簡単なあらすじ】

 計佑は飛び出していった幼なじみのまくらを探して、二人の思い出の地でもあるひまわり畑でパジャマ姿のまくらを見つけた。ところがなんと本物のまくらは病院で昏睡状態だというではありませんか。じゃあこっちのふわふわ浮いてるパジャマ姿のまくらは一体!?しかも計佑以外の人間にはまくらの姿は見えておらず、もしかしたらお化けではないかと…

【眠り姫なまくら】

 計佑によると彼の母親からかかってきた電話の内容は、まくらが植物園で倒れていて眠っていて起きないから救急車で病院に運ばれたというものでした。そして医者の話によると、目立った外傷もなく脳も健康な状態で、眠っている普通の人と同じ一緒で、お伽話に出てくる眠り姫みたいなものだと。ただ左手の小指に小さな針が刺さった跡があると…

【バラの棘と植物園】

 まるでお伽噺の眠り姫と一緒だとも言っていましたが、やはりバラの刺が刺さったのが原因なのでしょうか?でも毒もない普通のバラらしいのですが、他に何か原因がある可能性も十分考えられますしね。それに計佑達が疑問に思うのも当然ですが、くーちゃん自身よく覚えていないようですが、なんで真夜中に一人でパジャマ姿で植物園なんかに行ったんだろう…

【くーちゃんの寝顔】

 本当に幸せそうな寝顔で寝言なんかも言ったりして、普通に寝ているようにしか見えませんでしたよね。それにくーちゃんの天真爛漫な寝顔がすっげー可愛かったですしね。そして寝ているくーちゃんの隣にはパジャマ姿のお化け?のくーちゃんが。これまた小動物のようにコロコロ表情が変わったり、パタパタ身体を動かしたりで、やっぱりくーちゃん可愛いよなあ…

【くーちゃんと海へ】

 そんで計佑とくーちゃんは二人で海へ行くわけですが、くーちゃんはいつものくーちゃんで、どちらかというと計佑の方が不安げで焦っているようにさえ見えます。むしろくーちゃんは今の自分の状況よりも計佑と雪姫さんがいい感じだったことで思い悩んでいるのかな。もしかするとくーちゃんが眠ったままなのは、計佑に対する想いが原因なのかもしれませんよね…

【身体は触れるけど】

 どうやら計佑にくーちゃんは見えるだけではなく、身体も触れるということがわかりました。海に入ったらちゃんと濡れてもいましたしね。そもそもくーちゃんはお化けなのかという根本的な疑問さえ生じるわけです。でもくーちゃんドキッとするようなパジャマ姿でドキッとするようなこと言うものだから、読んでいるこっちまで思わずドキドキさせられてしまいます…

「ねぇ計佑…いいよそんなに焦んなくても…計佑はさ今責任感じてるんだよね 自分にしか私が見えてないから自分が何とかしなきゃって ね?」
「おいでっ 計佑!!」
「いいよ 私…誰にも見えてなくても計佑に見えてるんだったらいいよ」

【幼なじみのやり取り】

 こんな可愛い幼なじみにこんなこと言われたらもうっ!もうっ!計佑にパンチした手を握られて、くーちゃんが顔を真っ赤にしてポカポカ殴りかかるという、二人のやり取りには思わずニヤニヤせずにはいられませんでした。思わず抱きついてきたくーちゃんを計佑が抱き上げたシーン、くーちゃんの細くて華奢だけど女の子らしい柔らかな丸みを帯びた身体をこう抱きしめる感触を想像するだけでもう、くーちゃんを抱きしめたいですっ!!

【くーちゃん抱きしめたい】

 くーちゃんのおっぱいが当たっていたり、主人公の股間が勃ってくーちゃんに当たっていたり、すごいドキドキしました。その後、計佑は俺が何とかするからとは言ったのですが、くーちゃんは計佑と雪姫がいい感じだったのを思い出して、複雑な気持ちになってしまうんですね。これからの三角関係の行方、くーちゃんとの同居生活の行方が気になるところですが。あと最後の一コマのくーちゃんの笑顔がくーちゃんらしくてすっごい好きです…

広告

Comments







非公開コメント

今週はジャンプ土曜発売でしたっけ?
2012-03-04-01:00 匿名希望
[ 返信 ]