Top Page › ジャンプ(SQ.) › ジャンプ その他 › HUNTER×HUNTER No.331「X日(エックスデー)」の感想

HUNTER×HUNTER No.331「X日(エックスデー)」の感想

2012-01-16 (Mon) 06:32

 キルアはアルカと共にゴンのいる病院へと到着し、またハンター協会会長選挙も候補者が4人にまで絞られ、共に山場を迎えていた。しかしここにきてもなお会長選挙No.1候補のパリストンは掴みどころがなく何を考えているのかわからない。そこでチードルはジンに助言を求めるが、ジンの口からは予想だにもしない恐るべきことが…

 もしジンの言うとおり、5,000もの半獣人がハンター試験に参加したとしたら、それで全員がハンターに合格してしまったら、一体どんなことになってしまうのでしょうか?ハンター協会のハンターは全同胞635名だそうですし、そうなるとハンター協会の勢力図が大きく変わってこれまでとは全く別の組織になってしまうでしょうね。

 いやそれどころかもしかするとパリストンはキメラの王がやろうとしていたことを同じ事をやろうとしているのかもしれないとさえ思えてくるのですよ。まあパリストンが何をやろうとしているにしても、前会長のネテロとは全く違うタイプのように思えるのですが、パリストンだけが前会長の遺志を継いでるってのは、一体どういうことなのでしょう…

 やはり会長選挙はパリストンとパリストンの目論見を阻止しようとするチードルの一騎打ちになるのかな。パリストンでもチードルでもなくレオリオが会長になったら面白そうだとも思うのですが。会長が決まるまで会場からは誰も出られないと、このことが会長選挙にどのような影響を与えるのか、全く予想がつかないだけに興味深いところですね…

 キルア達はいよいよゴンの元へとたどり着いて、あとはアルカにお願いしてゴンを治してもらうだけとなりましたね。病院の外にいるメンツを見るかぎりだと、たとえ中でどんなことがあろうともイルミやヒソカであっても邪魔できるとは思えません。まだ明らかにされていないアルカに関する裏ルールがすごく気になりますが…

広告

Comments







非公開コメント