カレンダー(月別アーカイブ)

08 ≪│2020/09│≫ 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

カテゴリ-作家、作品、雑誌別

トップページ » ジャンプ(連載終了or休載中) » .ぬらりひょんの孫 » ぬらりひょんの孫 第百七十二幕「救出」の感想

ぬらりひょんの孫 第百七十二幕「救出」の感想

 渋谷で次々と妖怪が生み出されているという話を聞き、リクオ達は渋谷へと向かう。その渋谷では、リクオの同級生で清十字怪奇探偵団の仲間でもある鳥居と巻が、今まさに鏡斎によって妖怪にされそうになっていた。しかし危機一髪でリクオが間に合い鳥居を救出することに成功!…と思いきや、鳥居の様子がおかしい、そんな鳥居が妖怪になるなんて…

 しかしこうして毛倡妓の前に首無が無事な姿で現れたということは、毛倡妓の言うとおり毛倡妓を襲った妖怪は誰を狙っているんでしょうね?もしかしたら百物語組の幹部達の狙いはリクオただ一人なのかもしれませんしね。あと毛倡妓に近寄ってきた人間?妖怪?が一体何者かも気になるところです。そしてリクオはといえば渋谷で鏡斎と交戦中…

 とうやら巻(多分鳥居にも)にはリクオやつららの正体が誰なのかわかっていないようですね。二人とも結構見た目が変わっているので気付かれないのも無理ないかも。それにしても自分は一切手を汚さずに、罪もない人間の女の子達を妖怪にして戦わせるなんて、外道としか言いようがありません。ぐっ、間に合ったと思ったのに夏実まで妖怪に…

 もう夏実は助からない、妖怪となった夏実を倒すしかないと思われたのですが、まさか畏を断ち妖怪だけを斬ることで夏実を助け出すことができるとは。リクオは以前とは京都編の時と比べても見違えるほど強くなっていますね。それに妖怪だけを斬って人間を助ける所がリクオらしいなと思いました。そしてリクオは鏡斎を真っ二つにしたと思いきや…

九相図(九想図、くそうず)とは、屋外にうち捨てられた死体が朽ちていく経過を九段階にわけて描いた仏教絵画である。
Wikipediaより引用)


 まさか自分の腕を描いて復活させるだけではなく、絵に描いたリクオを動かせなくするとは。しかも"九相図"がwikipediaに書いてあるとおりのものだとすると、リクオが見るも無残な酷い目に遭わされる予感がしてなりません。そうなる前に鏡斎を倒さなければいけないのですが、普通に戦っても倒すの難しそうだし、どうやって倒せばいいんだろう…
広告

関連記事
コメントの投稿




















トラックバック
この記事のトラックバックURL

このブログ内を検索

マギ(大高忍先生)最新情報

雑誌(web)連載
├オリエント: 100話 NEW!
├本編: 第369夜(最終回)
シンドバッドの冒険: 第182夜

単行本
├本編:37巻-11月17日頃発売
└外伝:18巻、19巻-7月19日頃発売
└オリエント10巻:8月17日頃発売 NEW!
作者
大高忍の手書きブログ:2020年6月27日更新 NEW!
バックステージ:Vol.366

リンク
大高忍のてがきブログ
漫画家バックステージ
裏サンデー(シンドバッド)
マギ公式ツイッター
マギ公式サイト
シンドバッドの冒険TVアニメ公式サイト

※情報は9月2日(水)現在

最近のコメント

<>+-

QRコード

QRコード

広告