カレンダー(月別アーカイブ)

08 ≪│2020/09│≫ 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

カテゴリ-作家、作品、雑誌別

トップページ » ジャンプ(連載終了or休載中) » .ぬらりひょんの孫 » ぬらりひょんの孫 第百六十五幕「雷電」の感想

ぬらりひょんの孫 第百六十五幕「雷電」の感想

 リクオ達の前に百物語組の七人の幹部の内の一人、その名も檄鉄の雷電が姿を現した。しかし彼らはリクオ達に追われる身のはず、それがなぜリクオの前に現れたのか。どうやらこの鬼ごっこはただの鬼ごっこではない何か裏がある様子。ほどなくリクオと雷電のバトルが始まるが、圧倒的なパワーと防御力を誇る雷電にさすがのリクオも苦戦必至か…

 ネットの中継でリクオが主であることを知ってしまい、動揺を隠しきれない様子の清継。はたして真実を知った清継はどのような行動に出るのか、もし清継が味方してくれるのであれば、ネットでも現実でも大勢を占めるリクオを殺そうとしている人間達のリクオに対する見方が変わるのかもしれませんね。だってリクオはこんな状況にも関わらず…

 それでもなお自分を殺そうとする人間達を守ろうとしているのですから。いやそれどころか人間を守ろうとする気持ちこそがリクオの強さなんでしょうねきっと。しかし今回は敵もそこらへんの雑魚とは違いかなり手強くてさすがのリクオも苦戦必至の様子。なにしろリクオが一刀両断できないどころか、逆にドスの方にヒビが入る位なのですから…

 雷電は見た目通り圧倒的なパワーと固い防御力を誇っており、簡単には倒させてはくれないような気がします。しかもリクオが今持っているのは祢々切丸ではないのですから。これはいきなりつららとの鬼纏を使わざるを得ないかも。そしてリクオの奴良組の仲間達もまた予想以上に手強い百物語組の妖怪達に苦戦させられていてどうなることやら…

 この鬼ごっこに巻き込まれたことも、百鬼夜行の力を使えず一対一の戦いを強いられていることも、今のところは全て百物語組の思惑通りにことが進んでしまっているんですよね。しかも今度は首無までもが毛倡妓に変化した敵?によって危機に晒されていますし。ぜひとも黒田坊にはこんな卑劣でいやらしいやり方をしてくる百物語組をやっつけてほしいですね…
広告

関連記事
コメントの投稿




















トラックバック
この記事のトラックバックURL

このブログ内を検索

マギ(大高忍先生)最新情報

雑誌(web)連載
├オリエント: 100話 NEW!
├本編: 第369夜(最終回)
シンドバッドの冒険: 第182夜

単行本
├本編:37巻-11月17日頃発売
└外伝:18巻、19巻-7月19日頃発売
└オリエント10巻:8月17日頃発売 NEW!
作者
大高忍の手書きブログ:2020年6月27日更新 NEW!
バックステージ:Vol.366

リンク
大高忍のてがきブログ
漫画家バックステージ
裏サンデー(シンドバッド)
マギ公式ツイッター
マギ公式サイト
シンドバッドの冒険TVアニメ公式サイト

※情報は9月2日(水)現在

最近のコメント

<>+-

QRコード

QRコード

広告