カレンダー(月別アーカイブ)

08 ≪│2020/09│≫ 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

カテゴリ-作家、作品、雑誌別

トップページ » ジャンプ(SQ.) » ジャンプ その他 » バクマン。ぱんちらファイトが短期集中連載!他にもベテラン3人の読切掲載!今一体何が起きているというのか…

バクマン。ぱんちらファイトが短期集中連載!他にもベテラン3人の読切掲載!今一体何が起きているというのか…

2011/07/31 15:29 | ジャンプ(SQ.) ジャンプ その他 | コメント(0)

バクマン。142ページ「新人とベテラン」の感想

 先週、読切掲載が決定した東美紀彦氏のぱんちらファイトだが、見事ぶっちぎりの1位を獲得、その勢いで短期集中連載を勝ち取ることに成功した。さらに東美紀彦氏に続けと、他誌で活躍してきたベテラン作家達、さらにはつい最近戦力外通告された新井先生までもが読切掲載されることに。今ジャンプで一体何が起きているというのだろうか…

 秀逸なワンアイディアで読ませるのは「シンジツの教室」を彷彿とさせるんですよね。しかも東美紀彦氏だけではなく新井先生も同じやり方…多分他の二人もそうなんでしょうね。しかし新井先生にしてもこれまでアイディアが出なかったのにも関わらずいきなり面白いアイディアが浮かぶものだろうか?何かあると考えざるをえないのですが…

 そうこの四人は七峰透先生と同じやり方をやっているとしか。そうなるとこの四人の裏についているのは七峰透先生…いやあんな失敗をしたばかりなのに同じことをするとはとても考えられません。だとすれば七峰透先生のネットのアドバイザーだった誰かが七峰透先生のやり方を真似て…というのがもっとも可能性が高いような気がしますね…

 そして七峰透先生と同じやり方だとすると途中で破綻するのは目に見えていますし、一人ならともかく四人もだとすると、さすがに問題になるのではないのでしょうか?これからも同じやり方をする人は出てくるでしょうし、編集部サイドで何かルールを決めないと歯止めが効かなくなるでしょうね。あと、ある編集者の発言で気になったのが…

「50なら50にしか描けない作品を青年誌でやってもらって 少年ジャンプでは若い作家を発掘していくべきじゃ」「たとえスベっても…多少面白くなくても若い人にチャンスを与えるべきです」

 そうして若い作家にチャンスを与え続けた結果が、ことごとく新連載が面白くなくて打ち切られて、今の惨状に繋がっていると思えて仕方ないんですよね。まあ少年サンデーみたいにベテランばかりがのさばっていて、新人が出てきにくいのもどうかと思いますが。でも俺的には俺の中井さんにはどん底から這い上がって活躍して欲しいですね。

 これまではどんな編集者も中井さんを持て余してきたわけですが、吉田氏ならあるいは中井さんを上手く導くことができるんじゃないかと。って、ちょ、誰ですか、中井さんが蒼樹さんのお姉さんとって、美女と野獣どころか犯罪じゃね?と言っている人はwそもそもエリタンなんて本当に実在するんでしょうか?もし中井さんとエリタンが結婚することになったらそれこそ神展開ですが…


★トラックバック送信先

よう来なさった! 様
しろくろの日常 様
別館ヒガシ日記 様
徒然”腐”日記 様
広告

関連記事
コメントの投稿




















トラックバック
この記事のトラックバックURL

Wジャンプ34号感想
ネタバレ注意・・・・ってほど書いてないです取りとめのない感想のみでwww銀魂は後ほど~~~~~表紙・巻頭カラーはこち亀実写の映画が公開なんですか勝鬨橋を上げる両さんたち...
[2011/08/02 14:54] 徒然”腐”日記
ハンガリーGPバトン制覇&WJ34号
は11戦GPバトン制覇したが 可夢偉13番スタートで11位ゴールなり ザウバー戦略で失敗した思うけど 次戦GPだが1ヵ月後が待遠しいよ ...
[2011/08/02 11:18] 別館ヒガシ日記
別館の予備(ハンガリーGPバトン制覇&WJ34号)
8月2日 ハンガリーGPバトン制覇&WJ34号 TBアドレス http://trb.ameba.jp/servlet/TBInterface/hum09041/10970303490/fb814765
[2011/08/02 11:17] スポーツ瓦版
週刊少年ジャンプ34号感想
週刊少年ジャンプの感想です。 相変わらず不定期な気分次第の記事になってます(汗)
[2011/08/01 22:45] しろくろの日常
バクマン。 142ページ「新人とベテラン」 週刊少年ジャンプ 2011年34号の感想 Part1
おっさん作家の台頭に危機感を抱く若い作家と編集者。これでは「老年ジャンプ」になると福田さんは言うが、少年ジャンプの「少年」とはそういう意味ではないだろうと、まぁ皮肉で ...
[2011/07/31 17:52] よう来なさった!

このブログ内を検索

マギ(大高忍先生)最新情報

雑誌(web)連載
├オリエント: 100話 NEW!
├本編: 第369夜(最終回)
シンドバッドの冒険: 第182夜

単行本
├本編:37巻-11月17日頃発売
└外伝:18巻、19巻-7月19日頃発売
└オリエント10巻:8月17日頃発売 NEW!
作者
大高忍の手書きブログ:2020年6月27日更新 NEW!
バックステージ:Vol.366

リンク
大高忍のてがきブログ
漫画家バックステージ
裏サンデー(シンドバッド)
マギ公式ツイッター
マギ公式サイト
シンドバッドの冒険TVアニメ公式サイト

※情報は9月2日(水)現在

最近のコメント

<>+-

QRコード

QRコード

広告