カレンダー(月別アーカイブ)

08 ≪│2020/09│≫ 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

カテゴリ-作家、作品、雑誌別

トップページ » ジャンプ(連載終了or休載中) » .ぬらりひょんの孫 » ぬらりひょんの孫 第百五十七幕「生まれ出でし者共」の感想

ぬらりひょんの孫 第百五十七幕「生まれ出でし者共」の感想

 山ン本の体から産まれた妖怪共は無差別に江戸の町の人々を襲い始める。しかもその数は次第に増していき、ますます強くなっているものだから、早くどうにかして倒さないと手に負えなくなる。奴良組二代目鯉伴は洗脳を破り正気に戻ったばかりの黒田坊と共に山ン本の本体に立ち向かう。そしてついに鯉伴が黒田坊を鬼纏うときが…

 最初はただのやられ役な悪役だと思っていたのですが、意外としぶとく粘るんですよね。人の身を捨て妖怪になってまでも奴良組と鯉伴に復讐しようとするのですから。しかしそのために山ン本は江戸の町を無差別に襲い畏を食らう文字通りの化け物になってしまうわけです。次第に数と力を増していき、鯉伴でさえ手におえないような化け物へと…

 鯉伴の明鏡止水"桜"でも山ン本の本体を倒すことはできず、それどころか心臓から産み出した魔王の小槌で逆に絶体絶命のピンチに追い詰められてしまうんですよね。その強さはもはや圧倒的、しかも人々が自身に対して抱いた畏を食らってますます強くなっていくのですから。もう今の山ン本を倒すには鯉伴のアレしか考えられないんですよね…

 そう鬼纏、信頼できる仲間とのみできる、自分の畏を仲間の畏を重ねて発動させる、鯉伴の開発した合体必殺技です。たしかリクオが黒田坊と鬼纏をしたときは畏襲でしたが、この相手だとむしろ一撃必殺の畏砲の方が向いているんじゃないかと思われますが、鯉伴と黒田坊の鬼纏は一体どんなものになるのか、それで山ン本を倒すことはできるのか…

 あの黒田坊に対する口説き文句にも似たセリフ、やはり鯉伴はリクオの父親なんだなと思いました。自分の強さも弱さも信念も生き方も全てをさらけだすことで、相手を惹きつけて自分に惚れさせてしまうところがね。そういえば首無はたった一人きりで強敵に囲まれて大ピンチでした。早く他の仲間達も首無の元に駆けつけて助けてやらないと…


★トラックバック送信先

徒然”腐”日記 様
別館ヒガシ日記 様
広告

関連記事
コメントの投稿




















トラックバック
この記事のトラックバックURL

別館の予備(ハンチョウ4&WJ27号)
6月15日 ハンチョウ4&WJ27号 TBアドレス http://trb.ameba.jp/servlet/TBInterface/hum09041/10920438797/a3a054e9
[2011/06/15 20:29] スポーツ瓦版
Wジャンプ27号感想
ネタバレ注意・・・・ってほど書いてないです取りとめのない感想のみでwww銀魂の感想は後ほど別日記にて表紙はぶり懐かしい顔ぶれが~~でもちょ・・・ウルキオラのチョイスは・...
[2011/06/14 14:49] 徒然”腐”日記

このブログ内を検索

マギ(大高忍先生)最新情報

雑誌(web)連載
├オリエント: 100話 NEW!
├本編: 第369夜(最終回)
シンドバッドの冒険: 第182夜

単行本
├本編:37巻-11月17日頃発売
└外伝:18巻、19巻-7月19日頃発売
└オリエント10巻:8月17日頃発売 NEW!
作者
大高忍の手書きブログ:2020年6月27日更新 NEW!
バックステージ:Vol.366

リンク
大高忍のてがきブログ
漫画家バックステージ
裏サンデー(シンドバッド)
マギ公式ツイッター
マギ公式サイト
シンドバッドの冒険TVアニメ公式サイト

※情報は9月2日(水)現在

最近のコメント

<>+-

QRコード

QRコード

広告