Top Page › 少年(裏)サンデー › 結界師 › 結界師 第345話(最終話)「終章(エピローグ)」の感想

結界師 第345話(最終話)「終章(エピローグ)」の感想

2011-04-06 (Wed) 07:37

 今回は烏森の完全封印が完成し、平穏が日常が戻った後の後日談的なお話ですね。良守や兄の正守、扇七郎といった主な登場人物の他にも、氷浦蒼士や鋼夜のその後も描かれています。あの裏会総本部での戦いを経ても変わらないように見えても誰もが変わらずにはいられない。って、ちょ、良守ってば、ナニ時音を家に連れ込んでいるのか…

 結局、母の守美子さんは真界の中に残ったままになってしまいましたね。でも良守がもっとすごい結界師になって、いつの日か守美子さんを連れ戻しに行くと信じています。

 まさかじじいとばばあが一緒にお茶を飲んでいるなんて、二人の関係が劇的に関係が変化しているのに驚かされました。まさかお茶友達から恋愛関係に発展する…なんてことはいくらなんでもないか。

 良守も家族がいない隙にちゃっかり時音を家に連れ込んでいるしw一体ナニをするのかと思いきや、一緒にケーキ作りというところが良守らしいなと思いました。最近はすっかり大人っぽくなった良守ですが、時音に精一杯の告白をする姿は中坊らしい可愛さでしたね。建築家になって二人の愛の巣…お城を作るためには数学ができないとダメだとか…

 でも良守は数学が苦手なので、すっかり落ち込んでしまうわけです。そんなところがまた放っておけないのか、時音の母性本能をくすぐることに。数学の教師って、もしかして良守だけの数学の教師になってくれるっていうこと!?それってつまり、時音も良守の告白におkしたってこと!?年上の女性にさすが中坊…夢見がちね。とか言われたいですっ!

 良守以上に気になるのが兄の正守の女性関係。てっきり正守の本命は刃鳥さんだとばかり思っていたのですが、ここにきて春日夜未という強力なライバルが台頭してきましたね。いつまでもうじうじ思い悩む正守には春日さんのような女性の方がいいのかな。まあどっちの女性と付き合うにしても尻に敷かれそうな感じがしますがw

 鋼夜との約束もちゃんと守って山に帰してやった律儀なところが正守らしいなと。正守は苦労性で何でも抱え込んでしまうところが玉に瑕なんですよね。真面目で一生懸命だけど個性的なメンツに振り回される損な役回りという。でもそんなお人好しな正守だからこそ、夜行の頭領としてたくさんの部下から慕われているんでしょうね。

 そういえば氷浦蒼士も夜行入りすることになったんですね。たくさんの人達と触れ合い、人間らしい生活を送ることで、彼もまた確実に変わっていっていると思います。良守から大好きなシャーペンをもらったときのあの笑顔…かつての氷浦には見られなかった満面の笑顔でしたしね。それに久しぶりの閃ちゃんが可愛かったです。

 扇七郎はこれまでの人間関係を断ち切って、すっかり変わっちゃったのかと思いきや、あいかわらずな様子で一安心といったところ。新しい主との関係とか、これからどうなっていくのかとか、色々気になるところですが。

 これで結界師も大団円…終わってしまいましたね。あとは単行本でさらなる後日談が収録されるのかどうか。田辺先生の次回作が待ち遠しいです。

広告

Comments







非公開コメント

No title

コメントありがとうございます。

田辺先生のBIRDMENについては一応第1話からの読者で、
サンデーの中でも二番か三番目くらいに好きな作品です。
それにこのジャンルは嫌いではなく、「亜人」など同系統の他の漫画もよく読んでいます。

いきなり単発感想は難しいかもしれませんが、
サンデー全般の感想を書いた時に一緒に取り上げることはできそうな感じがします。(確約できずにすみません)
2015-07-08-21:33 いくの(管理人)
[ 返信 * 編集 ]

No title

初めまして。
突然ですが、田辺イエロウさんの作品「birds men」は
ネタバレ・感想の記事を書か無いのでしょうか?
もし良ければ既刊を一読していただけませんか。
私的にはすごく面白いと思いました!
管理人さんと私が読む漫画の趣味がだいぶ似ているので
もしかしたら、合うのでは…?と思いまして笑
というのも、私と親しい人の中には同じような趣味の人はいないので
他の人の感想を知るのが楽しいんですよね。
なので、もし面白いと思われたのなら、どうかよろしくお願い致します。
ちなみにバーズメンは現在、
週刊サンデーさんの方で月1連載という形で掲載されております
2015-07-04-16:49 初コメ失礼します!
[ 返信 * 編集 ]

No title

うーん、私は正守には刃鳥さんの方がお似合いと思っていたのですが…
良守×閃といい私の好きなカップリングは少数派なんですよね…

そういえばジャンプ漫画的なラスボスとのバトルにはなりませんでしたね。
火黒とか登場したあたりが一番バトル漫画っぽかったかもしれません。
ストーリー的にはバトルよりもむしろ烏森封印の方に力をいれていたとは言え、
ちょっと消化不良に思えるのも仕方ないかもしれません。

このまま2期とかありそうな終わり方でしたが、どうなのでしょうか…
2011-04-11-20:53 いくの
[ 返信 * 編集 ]

正守は根っからの苦労人なのにまだ苦労させるつもりなのかよ、時守…
私は最初から正守の本命は春日だと思っていたんですけどねぇ。


総帥は確かに言われてみればその通り、一般人だったのかもしれません。作中で最弱で、ラスボスには不適格なくらい一般人だったのかも。だからこそ、後半はあっさり終わってしまったんでしょうか。なんか良守も正守も対して活躍もありませんでしたからね。


みんなの未来を期待させる最終回だったと思います。ただ荒川先生の新作に割を喰った感じがありましたね。
2011-04-08-18:10 あるるかん
[ 返信 ]