カレンダー(月別アーカイブ)

08 ≪│2020/09│≫ 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

カテゴリ-作家、作品、雑誌別

トップページ » 若木民喜 » 神のみぞ知るセカイ » 神のみぞ知るセカイ FLAG135「Mission in complete」の感想

神のみぞ知るセカイ FLAG135「Mission in complete」の感想

2011/03/15 20:29 | 若木民喜 神のみぞ知るセカイ | コメント(0)

 ついに月夜の元にたどり着いた桂馬は、月夜をぎゅっと抱きしめる。なおも抵抗する月夜に桂馬は、なんとしてもキスしようと迫るが、女神ウルカヌスの激しい抵抗にあってしまう。しかし桂馬は諦めない、自分の月夜に対する想いを伝えて、月夜の心の扉を開こうとする。はたして桂馬の想いは月夜に届くのか、一人目の女神復活なるか…!!

 その頃、桂木家ではフィオーレの放った羽衣人形によってハクアとノーラが窮地に陥っていました。自分達と同じ姿をした羽衣人形になすすべもなく制圧されていく新悪魔の少女達。そしてそこには悠然と座るフィオーレの姿が…まさかハクアもノーラもやられてしまったというのか?それにしても気になるのがノーラの言っていたこと…

ノーラ「私の羽衣で心を見たら何も映らなかった…何か変な術かけられてんじゃない!?」

 なるほどフィオーレが自ら進んでヴィンテージに入ったものだとばかり思っていましたが、たしかに操られている可能性も否定できません。まあでも自分の意思にしろ操られているにしろ、どっちにしてもフィオーレが単独で動いているとは思えません。まあとにかく今はこのフィオーレをなんとかしなければ話は進まないんですけどね…

桂馬「ボクらが出会ったのは……運命なんだよ!!」

 桂馬は月夜をぎゅっと抱きしめて、歯の浮くようなセリフを吐いて、ドラマチックな展開を演出しようとするも、見事に顔面に月夜のグーパンチを食らってしまうのでした。しかも月夜のグーパンチとルナの頭突きのサンドイッチというある意味うらやましいシチュエーションで。でもすごく怒っているにしては、月夜の様子がおかしい…

月夜「どうしてまた現れたの……?どうして……?やっと…忘れられそうだったのに……!!」

 ぐっ、月夜にこんな辛そうな悲しそうな顔をさせるなんて桂馬のヤツめ許せんな!でもそれだけ月夜にとって桂馬は大切な人で、今もまだ忘れることができていないというわけです。それにしても月夜は怒ったりドキッとしたり驚いたり、リアクションがイチイチ可愛いんですよね。そんな月夜にちゅーしたくなる気持ちよくわかります。

桂馬「月夜……キスしてくれ!キスすれば…どんな状況も解決するんだ……!!ボクには…結局キスしかないんだ!!」「ギャルゲーに栄光あれええええ!!」

 最近の桂馬はなりふり構わなくなっていて、はっきり言ってキモいですwでもまあそうでもしないと五人同時攻略なんてできないんですけどね。好きなあの子とキスするためならば妨害されればされるほど燃えるのが男という生き物。桂馬は何度痛い目に遭っても月夜を諦めようとはせず、月夜にありったけの自分の想いをぶつけますが…

桂馬「この先も……不幸にしない…とは言えない…どんな罰を受けてもいい…あと少しの間だけ…ボクを好きでいてくれ……!!」「じゃないと……月夜を守れない……!!」「ボクは死んだって………月夜を守るよ…!!」

 最初の歯の浮くようなセリフとは違って、桂馬の月夜に対する本当の気持ち、想いが伝わってきました。桂馬はズルいですよね、今までさびしい想いをさせていたくせに、これじゃあ月夜だって許しちゃうじゃありませんか。桂馬と再会した頃は他人を見る冷たい目だったのが、今の月夜が桂馬を見る目は優しさや愛情さえ感じさせます。

月夜「んぁ…!?ああ!!」

 そして月夜は桂馬の頬に優しく、ちゅ…と唇を。月夜の柔らかくて優しい唇の感触が誌面を通してこっちにまで伝わってくるかのようでした。そして急に苦しみ出す月夜、まさか愛の力で女神復活…か!?それにしても今回の月夜はツンデレというよりも人形というよりも小動物みたいで可愛かったです。最初は人間に怯えていた小動物が心を許して近づいてくるみたいな感じで…
広告

関連記事
コメントの投稿




















トラックバック
この記事のトラックバックURL

このブログ内を検索

マギ(大高忍先生)最新情報

雑誌(web)連載
├オリエント: 100話 NEW!
├本編: 第369夜(最終回)
シンドバッドの冒険: 第182夜

単行本
├本編:37巻-11月17日頃発売
└外伝:18巻、19巻-7月19日頃発売
└オリエント10巻:8月17日頃発売 NEW!
作者
大高忍の手書きブログ:2020年6月27日更新 NEW!
バックステージ:Vol.366

リンク
大高忍のてがきブログ
漫画家バックステージ
裏サンデー(シンドバッド)
マギ公式ツイッター
マギ公式サイト
シンドバッドの冒険TVアニメ公式サイト

※情報は9月2日(水)現在

最近のコメント

<>+-

QRコード

QRコード

広告