カレンダー(月別アーカイブ)

08 ≪│2020/09│≫ 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

カテゴリ-作家、作品、雑誌別

トップページ » ジャンプ(連載終了or休載中) » .ぬらりひょんの孫 » ぬらりひょんの孫 第百四十二幕「続・人を喰らう村」の感想

ぬらりひょんの孫 第百四十二幕「続・人を喰らう村」の感想

〈○○村〉…二○○○頃に流行した村系都市伝説…「陰惨な大量殺人により地図からも消されてしまった村」

 ゆらと竜二の花開院兄妹が、村があると思われる場所を訪れると…たしかにその村は実在していた。竜二によると、その村はいかにもな雰囲気、いかにもな規模、いかにもな配置、伝説そのものいかにもありそうなそういう村だとか。…ハッ、ゆらが、一人宿に残ってのんびりお風呂の後にご飯を食べようとしているゆらが危ないっ!

 お風呂上りのゆらもまた可愛いんですよね。こう歳相応の少女らしい幼さあどけなさっていうの?ゆらをからかいたくなる兄の竜二の気持ちがわかるような気がします。竜二が村を調査している間、ゆらは一人お風呂に入って、それから晩ご飯を食べることに。でも何かおかしい、ゆらの前には空の食器ばかりが並べられていくのだから…

宿の老婆「それは祭のため…お前を喰らうためだと」

 そこでついに本性を現した鬼ババア…って、まあ都市伝説の定番ですけどね。ちなみに俺は別の意味でゆらを食べたいと思いましたが。間一髪で竜二に助けてもらいました…というか竜二にはこうなることがわかっていた様子。だからあえてゆらを一人にしたと考えると、やっぱり酷いお兄ちゃんですねwえっと、竜二と一緒にいる人達…

竜二「予定変更だ…こいつらを先に逃がすぞ」

 そう彼らは○○村のことを興味津々に話していた竜二のクラスメイトで、竜二が止めるのも聞かずに〇〇村に来てしまっていた様子。竜二も面倒を見なきゃいけないのが増えて大変そうです。そしてクラスメイトを逃がそうとするも、追いかけてきた村人に捕まってしまいます。それにしてもさっきの宿の老婆の変貌っぷりときたらもう…

宿の老婆「おめぇだづ ブ殺すど?」

 あまりにも怖すぎて笑ってしまいました。竜二によるとこの村の住人はみな人々の想像が産んだ妖怪…都市伝説が力を得て実体化した結果、村そのものが妖怪な村ができてしまったのだと。まさかそんな竜二のクラスメイト達が次々と村人に喰われて殺されていくなんて。あまりにも凄惨な光景から思わず目を背けたくなってしまいます…

竜二「お前らの存在そのものが嘘じゃねぇか…!!まぁ嘘のつきあいで…オレに勝てると思うなよ」

 なんとこれは村人達を一網打尽にする罠で、竜二の式神"狂言"がクラスメイト達に変化していたのでした。なるほどそれでゆらの荷物があんなにも多かったわけですね。ゆらのダメダメっぷりとは対照的に竜二がカッコ良すぎて惚れてしまいそうです。でも次回こそはゆらの活躍する場面もあるのかな?竜二とアスミの関係も気になります…
広告

関連記事
コメントの投稿




















トラックバック
この記事のトラックバックURL

このブログ内を検索

マギ(大高忍先生)最新情報

雑誌(web)連載
├オリエント: 100話 NEW!
├本編: 第369夜(最終回)
シンドバッドの冒険: 第182夜

単行本
├本編:37巻-11月17日頃発売
└外伝:18巻、19巻-7月19日頃発売
└オリエント10巻:8月17日頃発売 NEW!
作者
大高忍の手書きブログ:2020年6月27日更新 NEW!
バックステージ:Vol.366

リンク
大高忍のてがきブログ
漫画家バックステージ
裏サンデー(シンドバッド)
マギ公式ツイッター
マギ公式サイト
シンドバッドの冒険TVアニメ公式サイト

※情報は9月2日(水)現在

最近のコメント

<>+-

QRコード

QRコード

広告