カレンダー(月別アーカイブ)

08 ≪│2020/09│≫ 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

カテゴリ-作家、作品、雑誌別

トップページ » 若木民喜 » 神のみぞ知るセカイ » 神のみぞ知るセカイ FLAG131「同時多発的展開」の感想

神のみぞ知るセカイ FLAG131「同時多発的展開」の感想

2011/02/08 20:21 | 若木民喜 神のみぞ知るセカイ | コメント(1)

 ついに憎き正統悪魔社(ヴィンテージ)のフィオーレの捕獲に成功!ところがフィオーレは白ばっくれるばかりで本当のことを言おうとはしない。そうこうしているうちに時間が、桂馬はまた女神再攻略に出かけることにし、後をハクアに任せることに。そして桂馬が向かう先は学校の図書館、まずは栞から休日イベントをこなすことに…

フィオーレ「出してくださーい!!ノーラさん!!私、どーしてこんな目に遭うんですか!?」

 こいつ、自分がついさっきセンサーに手を出そうとして捕まったというのに、白々しいことこの上ありません。でもあくまでなんの話かととぼけるフィオーレには、かのんちゃんファンとしては怒りが止めどなく込み上げてくるというもの。ビンの中に閉じ込められた女の子を、でっかい気持ち悪い蜘蛛を使って脅そうとするなんて桂馬もえげつない…

フィオーレ「どうしてよ………私は何も悪いことしてないのに…」

 でも悠長なことなんて言ってられない、かのんちゃんの命が関わっているのだから。私は何も悪いことしてないというフィオーレに彼女の本心を垣間見た気がします。桂馬はフィオーレを捕獲した上にノーラに手を組まないかと。ここで地区長でもあるノーラが協力するか否かで状況が大きく変化する可能性さえ。はたしてノーラはどう出るのだろう…

桂馬「ハクア、あと頼む。あのフィオーレって奴から何か情報を探れ。油断するなよ!」

 桂馬はフィオーレがヴィンテージだと確信していますが、彼女と同級生だったハクアは未だにそれが信じられない様子。そこが彼女達だけを残してもいいものか不安要素でもあるんですよね。でもそれ以上にハクアは桂馬に絶大な信頼を置いているのもまた確かなのです。じゃなければ、同級生のフィオーレを勾留したりなんてするわけないのですから…

桂馬「女神がいるというボクの仮説が…また一つ補強された気もする。」

 少なくともこの町…いやもっとピンポイントに桂馬の周りで何かが…と考えざるを得ません。そしてハクアはやっぱり可愛いですよね。桂馬に油断するなよ!と言われた時、ノーラにこっちも巻き込まれてる方なの!と答えた時、どっちのハクアも私好みの可愛さでした。そして桂馬はまず手始めに栞から攻略をしに、学校の図書館へと向かいますが…

 そこで思わぬ人物…もとい人形と出くわすわけです。そうそれは月夜がいつも一緒に持ち歩いている人形のルナ。とりあえずルナは窓の外に置いといて、まずは栞の攻略を。机の上には例の小説のノートとくしゃくしゃに丸められた紙がいくつも。桂馬がそのノートを手にとったら、そこに栞がやってきます。どうやらまた声にならないようですが…

栞「え"うう…」

 栞を本ごとぎゅっと抱きしめたいと思ったのは言うまでもありません。こちらを気にしながらもノートを取り返しに来ない…それはつまり「読んでもいい」ということ。でも桂馬がくしゃくしゃに丸められたボツの方を手に取るとすかさず回収にかかる…これは読んじゃダメだと。そういう言葉に出さなくとも伝わるやり取りがすごくいいなと思いました。

小説「革命前夜のフランスの片田舎…横暴な貴族・戦乱・貧困、民衆は苦しんでいた…」「苦しみの全てはカシラギ公の圧政が元凶!!」「死んだ父が守った正義のパワーマスク…私シモーネが継ぎます!!」「私は正義を守る女剣士…エトワール・ド流れ星!!」

 栞が一から書き直した小説の舞台は中世ヨーロッパ!前のSFのとは舞台も世界観もキャラ設定もガラリと変わっています。桂馬の反応をじっと待つかのようにこちらを上目遣いで見つめる栞。そんな目で見られると俺の理性は限界寸前です!でも桂馬の言う、栞の小説を完成させることがグッドエンドが正しいのかはまだよくわからないんですよね…

 桂馬にすごくおもしろかった続きが読みたいと感想をもらって、栞はこれからも私の話、読んでくださいと。栞の小説の続きを読むことで何かわかるかもしれませんし、とりあえずはこれでいいのかな。そんな栞の小動物みたいな可愛さにヤラれてしまった自分がいます。そして栞がいなくなった後、突然窓とカーテンが閉まって、図書館が真っ暗に!!

 あの宙に浮かんでいるのは月夜のルナでは!!どういうこと、また駆け魂の能力が復活したってこと!?そういえば最近の月夜はそんな兆候が見られていたけど、でも信じられない。それならばこれは女神の能力なのか!?これまでの栞とのやり取りを見られていたとすれば、さらにややこしくなる可能性も。これは次回も目が離せない展開になりそうですね…


★ トラックバック送信先

ゲーム漬け 様
☆*Rolling Star*☆ 様
神のみぞ知るセカイの感想とか 様
広告

関連記事
No title
栞の読んでもいいって反応可愛くないですか?
小説の内容がなんだか、ある意味すごくて笑っちゃいましたが(笑)
ルナについては、私も良く分かりません。
だって、女神はいままで特殊能力を使っていませんもんね。
でも、桂馬の攻略した女子はスキマが復活しない、ということになっていたはず。
ここで、新しい攻略対象が現われた可能性もありますが(正当悪魔社が妨害するために)、分からないですね。
[ 2011/02/14 14:29 ] [ 編集 ]
コメントの投稿




















トラックバック
この記事のトラックバックURL

神のみぞ知るセカイFLAG131「同時多発的展開」感想
前回、桂馬に正当悪魔社(ヴィンテージ)であると見破られ、フィオーレが尋問のため拘束されました。 「出してくださいー!!ノーラさん!!私、どーしてこんな目に遭うんですか!?」 それはあなたが一番ご存知でしょう? 「やかまし―――!!もうそんな白々しい...
神のみぞ知るセカイ FLAG131 「同時多発的展開」
拘留されましたよ、フィレオフィッシュさんw ※因みに正しくはフィオーレ・ローデリア・ラビニエリです。 公式でもフィなんとかさんと言われる始末だからなあw ってか桂馬が「お前の正体は ?正統悪魔社(ヴィンテージ) ?正統悪魔社(ヴィンテージ)に両...
[2011/02/09 22:02] ☆*Rolling Star*☆
神のみぞ知るセカイ FLAG131「同時多発的展開」
フィオーレを拘束し、拘留ビンに入れた桂馬とハクア。 桂馬が聞くのは、当然かのんの呪いを解く方法ですが、すっとぼけるフィオーレ。 状況証拠しかないので当然でしょうが、桂馬 ...
[2011/02/09 18:50] ゲーム漬け

このブログ内を検索

マギ(大高忍先生)最新情報

雑誌(web)連載
├オリエント: 100話 NEW!
├本編: 第369夜(最終回)
シンドバッドの冒険: 第182夜

単行本
├本編:37巻-11月17日頃発売
└外伝:18巻、19巻-7月19日頃発売
└オリエント10巻:8月17日頃発売 NEW!
作者
大高忍の手書きブログ:2020年6月27日更新 NEW!
バックステージ:Vol.366

リンク
大高忍のてがきブログ
漫画家バックステージ
裏サンデー(シンドバッド)
マギ公式ツイッター
マギ公式サイト
シンドバッドの冒険TVアニメ公式サイト

※情報は9月2日(水)現在

最近のコメント

<>+-

QRコード

QRコード

広告