Top Page › 若木民喜 › 神のみぞ知るセカイ › 神のみぞ知るセカイ FLAG123「Profect A」の感想

神のみぞ知るセカイ FLAG123「Profect A」の感想

2010-11-30 (Tue) 21:53

 ディアナによると女神は全部で6人で、既に2人が判明しているから、残る女神は4人。そして桂馬がこれまでに攻略した女の子達から目星をつけた女神候補の女の子は5人。でもただ女神だとわかってもダメだ、かのんちゃんを救うには女神に力をつけさせなければいけない。そして女神達の力の源は「愛」、そんなわけで再攻略編が進んでいき…

 とにかくかのんちゃんを救うには一週間と絶対的に時間が足りない。だから桂馬は5人同時というまさに前代未聞の攻略をしようとするわけです。しかもまた彼女達と恋に落ちて、き、き、もう一度キスをすると!そんでもってさっそく歩美とちひろを口説きにかかるも、なかなかわかりやすい反応の二人。歩美は意識しているのがモロバレでしたし…

 ちょっと素直じゃない天邪鬼な反応だけど、ちひろはそこが可愛くもあるんですよね。神にーさまこと桂馬もなかなかの感触だったようですしね。でもハクアはそれが気に入らない…とまではいかないけど、不満げな様子。そりゃあ自分が気になる男が何人もの女の子に言い寄っているのを目の当たりにしたら…ね。最低最悪だと思われても仕方ない!?

 ああっ、俺もハクアにぐりぐりガスガスされたいwハクアは実にいい愛情表現という名のスキンシップをしてくるのですよ。そして桂馬にどーして、キスまでする訳!?と言った時のハクアの表情がすごく女の子っぽくて、私のハートが鷲掴みにされてしまいました。その後、ちひろを誘い出すためにエルシィのモノマネをするハクアに思わずニヤニヤw

 でもホントに一つ間違えれただけでも即バッドエンド行きは免れない…ハクアの言うとおり、5股がバレると殺されてもおかしくないわけですよ。そんな状況でもあえて茨の道を選ぶ神…いや今は鬼か。桂馬の次の攻略対象は天文部部長の九条月夜。歩美やちひろとは違い、別のクラスで会う機会もほとんどないので、一気に攻略難度が上がるわけです。

 あいかわずちっちゃくてお人形のように可愛くて、抱いているお人形ごとぎゅっと抱きしめたい可愛さの月夜。でも桂馬に声をかけられての第一声が「あなた誰?」って、またみなみと同じパターンなのか?桂馬を無視して屋上まで歩いて行ってしまいましたし。たしかにセリフ上は突っ込み所がないけど、彼女が望遠鏡で月を見るときに敷くあの敷物…

桂馬「最後に見たときは、ベンチの敷物をやめたのに、また敷物が復活したんだな。」
月夜「だ、だからなんなの?」

 桂馬に敷物の内側に入ってこられたときのあのリアクション、そして上の桂馬とのやり取り。やっぱり桂馬に攻略されたときの記憶がある…のか?まあでも誰だってあんなふうに強引に口を押さえこまれたら怒るとも思いますが。あれからまた一人の世界に戻ってしまったとは、今の月夜は放っておけないです。攻略関係なしになんとかしてあげたいな…

 まあ予想通りというか、さっそく攻略対象の女の子達が鉢合わせしそうになりました。でもこういうスリルもたまらないのかもしれませんね。それにしてもふゥ…とため息をつく歩美もすごく女の子っぽくて、胸の奥が熱くなってしまいました。これでもし歩美が女神じゃなかったら、若木民喜先生は酷いヤツですなwそして次の攻略対象はTVアニメとリンクするかのごとく…図書委員の汐宮栞ちゃん。彼女は桂馬に対してどんなリアクションをするのか?想像するだけでも悶えまくってしまう自分がいます…

広告

Comments







非公開コメント