カレンダー(月別アーカイブ)

11 ≪│2018/12│≫ 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリ-作家、作品、雑誌別

記事別アクセス数ランキング(最近一週間)

トップページ » ジャンプ(SQ.) » 河下水希 » 初恋限定。第22話「コノハナサクヤ2/3<ほころんで、いろづいて>」の感想

初恋限定。第22話「コノハナサクヤ2/3<ほころんで、いろづいて>」の感想

2008/03/10 08:39 | ジャンプ(SQ.) 河下水希 | コメント(0)

千倉名央の初恋が桜の花のように芽吹き始める第22話の感想です。



●前回までのあらすじ

 それは花開く前に終わってしまった…いや始まらなかった千倉名央の恋。

 千倉名央が一人美術室で絵を描いているときに入ってきた一人の高校生。

 千倉名央が憧れを抱いていた絵を描いたその人との出会いはまさに運命。

 千倉名央は絵の中の桜並木と同じ位にステキな先輩に惹かれていきます。



●千倉名央の淡い想い

 千倉名央が美術部のOB・連城由妃人に抱いたのは単なる憧れかそれとも…

 いずれにしてもクラスメートにも友達にも見せたことのない彼女の笑顔。

 心を許した人にしか見せないような女らしい笑顔がすごく印象的ですね。

 ほんのり赤く染まる千倉名央の表情は彼女自身体験したことのない感情…



●先輩との時間を経て

 やはり恋?二人で絵を描く時間が経つのと同時に想いも募っていきます。

 すごくものすごく悔しいけど連城由妃人はやっぱりステキな男性ですね。

 テストよりも先輩から絵を教わる時間の方がずっと大事と言う千倉名央。

 その真剣な表情から伝わる真剣な想いに思わずドキドキしてしまいます。



●曽我部の敵わぬ相手

 容姿・成績・性格のいずれをとっても連城由妃人に全く及ばない曽我部。

 あまりにも絶望的な状況の曽我部を他人事とは思えないのが痛いですね。

 基本イケメンは死ね…もとい日本から出てけ!はすごく共感できますが。

 さて連城由妃人の進路は海外の貧しい国を支援してる日本の団体の一員…



●連城由妃人完璧超人

 生涯を通していろんな国の子供達と絵を描く素晴しい夢を持っています。

 まさに非の打ちどころがない好青年です。彼はあまりにも完璧すぎます。

 現実を知る大人達や周りの友人には無謀で現実味のない夢と見られても、

 彼の絵に憧れを抱いていた千倉名央の心を揺さぶるには十分すぎますね。



●幸せな時間は短くて

 千倉名央が先輩のことを嬉しそうに話すのを聞いたら曽我部も辛いです。

 完璧すぎる先輩と千倉名央の喜怒哀楽の表情を見るととても敵わないと…

 何も言えなくなってしまう曽我部の気持ちが痛いほどによくわかります。

 さて千倉名央と連城由妃人の合作の桜の絵は桜の花の部分を塗ると完成…





周囲の誰からも応援してもらえなかったからこそ、千倉名央に頑張ってと、

心の底から笑顔で言ってもらえるのは連城由妃人もとても嬉しいはずです。

連城由妃人が千倉名央を思わず抱きしめたのは後輩以上の存在と思うから?

次回はどんなサヨナラになるのか、怖いようなそれでも見届けたいような…


広告

関連記事
コメントの投稿




















トラックバック
この記事のトラックバックURL

このブログ内を検索

マギ(大高忍先生)最新情報

雑誌(web)連載
├オリエント(新連載): 2話 NEW!
├本編: 第369夜(最終回)
シンドバッドの冒険: 第182夜

単行本
├本編:37巻-11月17日頃発売
└外伝:18巻、19巻-7月19日頃発売
└オリエント1巻:8月17日頃発売
作者
大高忍の手書きブログ:2018年6月8日更新 NEW!
バックステージ:Vol.366

リンク
大高忍のてがきブログ
漫画家バックステージ
裏サンデー(シンドバッド)
マギ公式ツイッター
マギ公式サイト
シンドバッドの冒険TVアニメ公式サイト

※情報は6月9日(土)現在

最近のコメント

<>+-

QRコード

QRコード

広告

ブログパーツ