カレンダー(月別アーカイブ)

11 ≪│2018/12│≫ 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリ-作家、作品、雑誌別

記事別アクセス数ランキング(最近一週間)

トップページ » ジャンプ(SQ.) » 河下水希 » 初恋限定。第10話「逆走少年!」の感想

初恋限定。第10話「逆走少年!」の感想

2007/12/03 09:35 | ジャンプ(SQ.) 河下水希 | コメント(0)

非モテ男子限定。理想の女の子に出会えた第10話の感想です。



●仲良し五人組の最後の砦

 個性あふれるメンバーの中でも唯一普通の女の子っぽいのが千倉名央。

 それだけにトビラ絵の天使の羽つきフードをかぶった姿が印象的です。

 すごく不思議な感じてして、彼女の魅惑的な瞳に吸い込まれそうです。

 そんな彼女に幸か不幸か一目惚れしてしまった一人の男の初恋話です。



●その考え方に激しく共感

 何と私と全く同じような考え方をしている男子が登場してしまうとは。

 この星の女が男を見る目がないとは私も昔からずっと思っていました。

 いつか自分を理解してくれる理想の心優しい女性が現れる日を信じて…

 キター!特にこれといった特徴はない普通にかわいいのがいい女の子!



●千倉名央との運命の衝突

 ぶつかって転んだ自分を気遣ってメガネをかけてくれる優しい女の子。

 不覚にも千倉名央のそのかわいさと優しさに心奪われてしまいました。

 男ならば絶対に一目惚れしてしまうに違いないシチュエーションです。

 ましてや耐性のない男はあんないたわり方をされるとすぐ陥落します。



●モテない先生キモすぎる

 名央が自分に惚れたと勘違いして舞い上がる曽我部の姿がどことなく…

 リアルの自分に似ていて痛々しいです。思い込みが激しいところとか。

 隣の席に座って自分をアピールしようとするその気持ちがよくわかる。

 「次の授業教科書見せてくれる?」絶好の機会でも上手くいきません…



●積極的なアプローチ開始

 自分は格好つけているつもりでも相手にはそう見られないすれ違いぶり。

 でも一人で舞い上がってしまう曽我部の姿にはどことなく共感できます。

 曽我部の行動は結果的に名央に自分を印象付ける事に成功していますし…

 そして二人きりになるために下校時に小宵を引き離す作戦を敢行します。



●名央と二人きりの帰り道?

 兄の仮面を付けた楠田に騙されるなんて…どんだけアホな子なの小宵は。

 でもそこがかわいいといえなくもないんですけどね。でも愛が痛いけど。

 そして名央と二人きりで帰る事に成功。こっちまでドキドキしてきます。

 二人きりの帰り道で彼女が考えるのは他ならぬ曽我部つまり自分の事で…



●名央と二人きりの帰り道?

 何よりも明るくて優しい笑顔も一緒にいる自分だけに向けられています。

 これはすごく嬉しいです。ますます惚れてしまう事は間違いありません。

 「じゃあ ま… また明日」このもどかしいところも恋愛の醍醐味ですか?

 千倉名央のような女の子が相手だったら勘違いして舞い上がりたいかも。


広告

関連記事
コメントの投稿




















トラックバック
この記事のトラックバックURL

このブログ内を検索

マギ(大高忍先生)最新情報

雑誌(web)連載
├オリエント(新連載): 2話 NEW!
├本編: 第369夜(最終回)
シンドバッドの冒険: 第182夜

単行本
├本編:37巻-11月17日頃発売
└外伝:18巻、19巻-7月19日頃発売
└オリエント1巻:8月17日頃発売
作者
大高忍の手書きブログ:2018年6月8日更新 NEW!
バックステージ:Vol.366

リンク
大高忍のてがきブログ
漫画家バックステージ
裏サンデー(シンドバッド)
マギ公式ツイッター
マギ公式サイト
シンドバッドの冒険TVアニメ公式サイト

※情報は6月9日(土)現在

最近のコメント

<>+-

QRコード

QRコード

広告

ブログパーツ