カレンダー(月別アーカイブ)

11 ≪│2018/12│≫ 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリ-作家、作品、雑誌別

記事別アクセス数ランキング(最近一週間)

トップページ » 少年(裏)サンデー » 結界師 » 結界師第178話「カラス」の感想

結界師第178話「カラス」の感想

2007/08/09 07:27 | 少年(裏)サンデー 結界師 | コメント(0)

良守と時音と影宮閃の新章がスタートした第178話の感想です。



●いつもと変わらない光景でも

 良守と影宮閃の二人が屋上で授業をサボるのもお馴染みの光景ですが、

 烏森壊滅のイメージを読みとってしまった閃は思い悩んでしまいます。

 このイメージと巫女サキの予言が何を意味しているのか気になります。

 そんな閃とは対照的なマイペースな言動がいかにも良守らしいですね。



●良守が名案を思いついてから

 前回は巫女サキが他の神佑地にも伝言を届けていると言っていました。

 そこで他の神佑地の知り合いにも聞いてみるとはなかなかの名案です。

 主の山籠りの手助けをしたカラス天狗の紫堂に聞いてみようとしたら、

 紫堂の羽で押し寄せてくるカラスの大群につつかれるのが面白いです。



●一人で抱え込もうとしないで

 遠回しに自分を頼ってほしいと言う時音に少しドキッとさせられます。

 それで今回は時音もカラス天狗のいる会羽山に連れていくわけですが…

 何故か閃も一緒についてきて騒がしい三人の様子がとても面白いです。

 監視の任務どころか閃も当事者の一人になっちゃっている気がします。


広告

関連記事
コメントの投稿




















トラックバック
この記事のトラックバックURL

このブログ内を検索

マギ(大高忍先生)最新情報

雑誌(web)連載
├オリエント(新連載): 2話 NEW!
├本編: 第369夜(最終回)
シンドバッドの冒険: 第182夜

単行本
├本編:37巻-11月17日頃発売
└外伝:18巻、19巻-7月19日頃発売
└オリエント1巻:8月17日頃発売
作者
大高忍の手書きブログ:2018年6月8日更新 NEW!
バックステージ:Vol.366

リンク
大高忍のてがきブログ
漫画家バックステージ
裏サンデー(シンドバッド)
マギ公式ツイッター
マギ公式サイト
シンドバッドの冒険TVアニメ公式サイト

※情報は6月9日(土)現在

最近のコメント

<>+-

QRコード

QRコード

広告

ブログパーツ