カレンダー(月別アーカイブ)

11 ≪│2018/12│≫ 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリ-作家、作品、雑誌別

記事別アクセス数ランキング(最近一週間)

トップページ » 少年(裏)サンデー » 結界師 » 結界師第175話「圧縮」の感想

結界師第175話「圧縮」の感想

2007/07/21 01:52 | 少年(裏)サンデー 結界師 | コメント(0)

いつもの妖バトルとは違うけど見応えのある展開の第175話の感想です。



●四師方陣で黒蝶を包んで

 烏森の地を丸ごと囲んでしまうほどの大きさの結界ができあがります。

 4人の正統継承者が協力してこの中の黒蝶を全て滅するのが最終目的。

 今回は感覚全開の影宮閃の視点からその様子を見ていく事になります。

 黒蝶を烏森の地から切り離した途端崩れそうになる危うい展開ですが…



●幾度の危機を乗り越えて

 何度も何度も結界が崩れそうになりますがその度に乗り越えていきます。

 4人の正統継承者の力を合わせて滅まで持ち込むのが見応えがあります。

 影宮閃が指摘した4人の力関係がバラバラなのがかえって面白いですね。

 特に力任せの良守とそれをねじ伏せる時子が対決しているような感じが…



●烏森の地の崩壊が見えて

 最初の一匹の黒蝶を烏森の地に放った術者は事態が収拾して安堵します。

 それどころか烏森にいる人々に被害が出ていないか心配すらしています。

 一体何のために黒蝶を放ったのかこの術者の目的が気になるところです。

 そして彼女が幻視したのは取り乱す結界師達と滅茶苦茶に倒壊した学校。

 これは良守が一人で黒蝶を滅しようとしたあげくの未来なのでしょうか?

 それともこれから烏森の地に何かとんでもない災いが舞い降りるのかも。


広告

関連記事
コメントの投稿




















トラックバック
この記事のトラックバックURL

このブログ内を検索

マギ(大高忍先生)最新情報

雑誌(web)連載
├オリエント(新連載): 2話 NEW!
├本編: 第369夜(最終回)
シンドバッドの冒険: 第182夜

単行本
├本編:37巻-11月17日頃発売
└外伝:18巻、19巻-7月19日頃発売
└オリエント1巻:8月17日頃発売
作者
大高忍の手書きブログ:2018年6月8日更新 NEW!
バックステージ:Vol.366

リンク
大高忍のてがきブログ
漫画家バックステージ
裏サンデー(シンドバッド)
マギ公式ツイッター
マギ公式サイト
シンドバッドの冒険TVアニメ公式サイト

※情報は6月9日(土)現在

最近のコメント

<>+-

QRコード

QRコード

広告

ブログパーツ