カレンダー(月別アーカイブ)

11 ≪│2018/12│≫ 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリ-作家、作品、雑誌別

記事別アクセス数ランキング(最近一週間)

トップページ » .ジャンプ(休載中or連載終了) » 叶恭弘(エム×ゼロ 他) » エム×ゼロ M:48「クラスマッチ?」の感想

エム×ゼロ M:48「クラスマッチ?」の感想

F組との決勝戦もメインキャラ同士のバトルで盛り上がってきました。

小石川と観月を敵に回して九澄がどう戦うのか楽しみなM:48の感想です。



●小石川の不安要素

 一人で先走る小石川にいつものちょっと強気な口調で助言を与える観月。

 「単細胞」「も少し頭を使ったら?」口は悪いのですが助言は的確です。

 これまでにたくさんの強敵との魔法バトルを経験している九澄に対して、

 小石川の単純な力のゴリ押しでの戦い方は通用しそうにもありませんが…



●九澄と小石川の戦い

 今回のF組との決勝戦の中でも見所なバトルがついにはじまりました。

 さて地形や魔法の使える使えないを考えると小石川圧倒的有利ですが、

 覚悟を決めた九澄はそんなハンデを感じさせない強さを発揮しました。

 まずは無数の木の枝を利用して魔指弾の嵐を防ぐとは驚愕に値します。



●九澄と小石川の決着

 一人だけ魔法を使えない境遇と今までの魔法バトルの経験を活かします。

 魔法を使わずに魔指弾を完璧に封じた九澄に対して必殺の魔鋼弾が炸裂!

 しかし駆け引きで相手を圧倒して自滅に追い込む九澄はカッコ良いかも。

 相手の魔法の特性を見破ったうえで上手く利用するのは一種の才能です。



●今週の観月尚美について

 小石川への助言を与える時のちょっと強気な口調がたまらなくいいなあ。

 二ページしか出番はありませんでしたが観月尚美の存在感は圧倒的です。

 「んもーホント男ってのは女の忠告聞かない生き物よね…」

 このセリフをはじめとして言葉の端々に彼女らしさが出ていい感じです。

 あいかわらずスタイル抜群で顔も可愛いうえにツンデレでもう最高だよ!





さて愛花が九澄達を発見したということはもしかして次回の展開は…

九澄と愛花と観月の微妙な三角関係に発展したりするのでしょうか?

もしも愛花と観月の戦いになったら観月に勝ってほしいのは私だけ?


広告

関連記事
コメントの投稿




















トラックバック
この記事のトラックバックURL

このブログ内を検索

マギ(大高忍先生)最新情報

雑誌(web)連載
├オリエント(新連載): 2話 NEW!
├本編: 第369夜(最終回)
シンドバッドの冒険: 第182夜

単行本
├本編:37巻-11月17日頃発売
└外伝:18巻、19巻-7月19日頃発売
└オリエント1巻:8月17日頃発売
作者
大高忍の手書きブログ:2018年6月8日更新 NEW!
バックステージ:Vol.366

リンク
大高忍のてがきブログ
漫画家バックステージ
裏サンデー(シンドバッド)
マギ公式ツイッター
マギ公式サイト
シンドバッドの冒険TVアニメ公式サイト

※情報は6月9日(土)現在

最近のコメント

<>+-

QRコード

QRコード

広告

ブログパーツ