カレンダー(月別アーカイブ)

11 ≪│2018/12│≫ 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリ-作家、作品、雑誌別

記事別アクセス数ランキング(最近一週間)

トップページ » ジャンプ(SQ.) » ジャンプ その他 » サムライうさぎ第一羽「うさぎは跳ねる 跳ねるはうさぎ」の感想

サムライうさぎ第一羽「うさぎは跳ねる 跳ねるはうさぎ」の感想

2007/03/06 08:51 | ジャンプ(SQ.) ジャンプ その他 | コメント(0)

ツッコミどころ満載な十週打ち切りの予感がする第一羽の感想です。



●おおまかなあらすじ

 武士の少年が天下一の剣術道場を開くために奮闘するお話のようです。

 その目的を見出すまでに至る経緯を描いたのがこの第一羽になります。

 でもるろうに剣心のような本格的なバトル漫画だと思ったら大間違い。

 主人公は至って真剣に考えているようなのですが、肝心の内容が・・・



●何ですかこの展開は?

 主人公の宇田川伍助が家を継がざるを得なくなった理由がぶっ飛びすぎ。

 父親が海苔ちょんまげで兄貴がハエを追っ払って切腹ってありえません。

 あまりにもシュールなギャグで笑うに笑えないのですがそれが狙いかも。

 理不尽な上司に着物のせいで難癖つけられて殴られることもそうですが、

 いくら漫画だからといっても時代考証や武士の考え方絶対おかしいって。



●剣術道場に入門して

 彫り物代をケチって背中に傷をつけた奴とヤセるために腹を切った奴。

 この漫画に出てくるキャラ達は真面目におかしなことをやっています。

 新感覚ギャグ漫画なのかと思っていた矢先、主人公が剣術道場に入門。

 そこで主人公がめきめきと頭角を現していくシーンは意外とまともです。



●夢は天下一の剣術道場

 父や兄と同じ目に遭わないように周りに合わせるように生きてきた伍助。

 得意の剣術も身分の差という現実の前には無力な事を思い知らされます。

 それがきっかけで天下一の剣術道場を決意した彼の姿はとても精悍です。

 序盤のメチャクチャな展開がウソのように面白くなるかと思いきや・・・

 「うさぎ流剣術」というネーミングが全てを台無しにしてしまいました。



●志乃との関係は楽しみ

 先輩の紹介で伍助は志乃と結婚。彼女は武家の妻らしくない所がいい。

 笑顔が可愛くてどこかつかみどころのないキャラが魅力的な少女です。

 うさぎ大好きな彼女とのちょっと不思議なやり取りが面白いですよね。

 伍助と一緒にそばを食べたり川に飛び込むシーンがどこか印象的でした。

 ギャグはいらないので志乃との交流と剣術をメインにすればいいのに。


広告

関連記事
コメントの投稿




















トラックバック
この記事のトラックバックURL

このブログ内を検索

マギ(大高忍先生)最新情報

雑誌(web)連載
├オリエント(新連載): 2話 NEW!
├本編: 第369夜(最終回)
シンドバッドの冒険: 第182夜

単行本
├本編:37巻-11月17日頃発売
└外伝:18巻、19巻-7月19日頃発売
└オリエント1巻:8月17日頃発売
作者
大高忍の手書きブログ:2018年6月8日更新 NEW!
バックステージ:Vol.366

リンク
大高忍のてがきブログ
漫画家バックステージ
裏サンデー(シンドバッド)
マギ公式ツイッター
マギ公式サイト
シンドバッドの冒険TVアニメ公式サイト

※情報は6月9日(土)現在

最近のコメント

<>+-

QRコード

QRコード

広告

ブログパーツ