カレンダー(月別アーカイブ)

11 ≪│2018/12│≫ 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリ-作家、作品、雑誌別

記事別アクセス数ランキング(最近一週間)

トップページ » ジャンプ(SQ.) » ジャンプ その他 » 「週刊少年ジャンプ11号」の感想

「週刊少年ジャンプ11号」の感想

2007/02/12 11:21 | ジャンプ(SQ.) ジャンプ その他 | コメント(0)

また今回も私がいつも読んでいるいくつかの作品の感想を書きます。



●NARUTO-ナルト-

 忍者同士の戦いというより化物退治のような感じになってきました。

 大蛇丸や飛段や角都などの(元)暁メンバーは皆人間離れしています。

 ナルトの新術・螺旋手裏剣は見事に角都の裏をついて決まりましたね。

 とんでもない威力を発揮して三つも心臓が残っていた角都を一撃必殺。

 飛段と角都を倒したことで暁との戦いがますます激化していきそうです。



●ワンピース

 いつもの強敵との戦いとは違う謎だらけのホラーな展開になっています。

 たまには未知の島での純粋な冒険というのも面白いかもしれませんね。

 ウソップとナミとチョッパーの三人がどんな目に遭うのか楽しみです。

 船に残ったロビンがなめられているのがちょっとだけえっちぃような。



●魔人探偵脳噛ネウロ

 このマンガを読んでいると色々な変態がいることに気付かされます。

 女を家具のように扱ったり家具と一体化するってある意味新鮮です。

 彼らが束になってもドーピングコンソメスープにはかないませんが。

 今回の犯人は派手な割にはインパクトが弱くてイマイチだったかも。



●BLEACH

 新たな十刃の登場で久しぶりに面白そうな展開になってきました。

 海燕によく似た(本人?)十刃と出会ったルキアはどうなるのか?

 単なる戦いだけではなくドラマチックなやり取りがありそうです。



●BLUE DRAGON ラルΩグラド

 カゲとの戦いが本格的になっていきますがイマイチ盛り上がりません。

 お互いに相手の裏をかこうとする頭脳戦は見所があるのですが・・・

 主人公の成長が実感できずライバルがいないのもハマれない理由かも。

 これは主人公を苦しめるような強敵の登場が待ち遠しいところです。



●テニスの王子様

 色々な意味で別次元て感じですね。


広告

関連記事
コメントの投稿




















トラックバック
この記事のトラックバックURL

このブログ内を検索

マギ(大高忍先生)最新情報

雑誌(web)連載
├オリエント(新連載): 2話 NEW!
├本編: 第369夜(最終回)
シンドバッドの冒険: 第182夜

単行本
├本編:37巻-11月17日頃発売
└外伝:18巻、19巻-7月19日頃発売
└オリエント1巻:8月17日頃発売
作者
大高忍の手書きブログ:2018年6月8日更新 NEW!
バックステージ:Vol.366

リンク
大高忍のてがきブログ
漫画家バックステージ
裏サンデー(シンドバッド)
マギ公式ツイッター
マギ公式サイト
シンドバッドの冒険TVアニメ公式サイト

※情報は6月9日(土)現在

最近のコメント

<>+-

QRコード

QRコード

広告

ブログパーツ