Top Page › 若木民喜 › 聖結晶アルバトロス › 聖結晶アルバトロス第5巻の紹介

聖結晶アルバトロス第5巻の紹介

2007-01-21 (Sun) 02:56

聖結晶アルバトロス 5 (5)

聖結晶アルバトロス 5 (5)



最終回を迎えた第5巻の紹介です。

●ユウキの幼い頃の思い出

 モノバイルとの戦いでユウキがピンチに陥ったときに思い出しています。

 ビーウィとの戦いの最中に冷気で意識を失いかけた時の思い出したのは、

 母ちゃんとの雪の日のランニングでこの鍛錬が戦いに役立ったのかも。



●ユウキの出生に関する秘密

 そしてドレイクとの戦いでは幼い頃の両親について思い出しています。

 最後に出てきた親子三人で写っている写真と合わせて考えてみると、

 ユウキと彼の父親はモノバイルで母親の美沙都さんが人間のようです。

 何故ユウキが人間離れしているかは何となくわかったのですが・・・



●ユウキについて生じる疑問

 生まれたときにあった炉がないのはゴミ子と同じ休炉状態だから?

 または人間界の生活で体質が変化して無くなったのかもしれません。

 聖結晶の破片が彼を選んでいるのは救世主であることと関係あり?

 単行本ではこのあたりをもう少しフォローしてほしかったのですが。



●ユウキと彼の仲間達の戦い

 この巻ではトライアッドとの壮絶な死闘が繰り広げられています。

 強敵と戦って成長してゆく主人公のユウキもカッコ良かったけど、

 フィンチとの勝ち目のない勝負に挑むアイビスも見てほしいです。

 皇女を逃がすために恐怖心を抑えて体を張って戦う彼の勇姿を。



●聖結晶アルバトロスについて

 最後は謎が残り伏線が回収されないまま終わってしまったのが残念。

 よりにもよってこれからの展開が楽しみになってきそうなところで。

 リカの登場シーンが挿入されたのは少しだけ嬉しかったのですが、

 戦闘ばかりでゴミ子やリカとのやり取りが少なかったのも残念です。

 もう少しキャラの個性を活かした楽しい日常のシーンがあれば・・・

広告

Comments







非公開コメント

Trackback


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
『聖結晶アルバトロス』 燃えと萌えとの融合による大発火への兆し
熱血空手少年・紫原ユウキはある日異世界から来たお姫さま・アルバトロスと出会い、力の源・聖結晶を巡る争いに巻き込まれていく……。そんな「近所の幼馴染より降って湧いた異世界人」というボーイ・ミーツ・ガールの王道を …
2007/01/24 10:50