カレンダー(月別アーカイブ)

11 ≪│2018/12│≫ 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリ-作家、作品、雑誌別

記事別アクセス数ランキング(最近一週間)

トップページ » ラノベ(原作、アニメ) » 「とらドラ!」の紹介

「とらドラ!」の紹介

2007/01/01 11:55 | ラノベ(原作、アニメ) | コメント(0)

この作品は電撃文庫から出版されているライトノベル(小説)です。

「とらどら!」「とらどら2!」「とらどら3!」が発売されていて、

1月上旬に最新刊の「とらドラ4!」が発売されるようです。



著者は竹宮ゆゆこ先生で代表作に「わたしたちの田村くん」シリーズがあります。

こちらの方はコミックにもなっているようですが読んだことがないので・・・

ヤスさんという方がイラストを担当していてHPも拝見させていただきました。

ヤスさんの個人イラストサイト:やすてんぽらり



ある所で紹介されていて試しに読んでみたらすごいハマりました。

ちなみにジャンルは私の大好きな正統派の学園ラブコメです。

何といってもヒロインの手乗りタイガーが魅力的なのですが・・・



まずは登場人物について紹介させていただきます。



●逢坂大河 

 この作品のヒロイン。

 周囲からは「手乗りタイガー」として恐れられています。

 小さな見た目と虎のようなイメージにぴったりの別名です。

 でも生活力が皆無でかまってあげたくなるそんな少女です。



●高須竜児

 この作品の主人公。

 目つきが悪くてよく他人に誤解されるのですが、

 本当の姿は専業主婦さながらに家事をこなします。

 人付き合いは苦手でも実は面倒見は人一倍良い方。

 ヒロイン達に翻弄される姿が見ていて面白いです。



次にストーリーを簡単に紹介させていただきます。



●高須竜児と逢坂大河の運命的な出会い

 竜児の親友宛のラブレターを間違えて竜児の鞄に入れたのがきっかけで、

 その後いろいろあって食事を中心とした共同生活をすることになります。

 まるで猛獣の餌付けに成功して手なずけていくような感じがしないでも。

 最初はお互いの恋を応援するということから始まった二人の関係ですが、

 接していく内に徐々にお互いを意識し始めるベタな展開がいい感じです。



●魅力あふれる登場人物達の活躍について

 主人公を犬呼ばわりするヒロインはゼロの使い魔のルイスに似ています。

 なかなか素直になれないツンデレなところがまた可愛いわけでして。

 生活能力皆無でどこか危うい所が竜児でなくても放っておけないです。

 見た目とは違い奥手でヘタレな竜児には意外と共感してしまいます。

 好きな女の子に気安く話しかけられないもどかしさがよくわかります。



●お互いの恋愛を応援すればするほど・・・

 一緒にいることで周囲から自分達の仲を勘違いされてしまう竜児と大河。

 お互いの片思いの相手からも自分達の仲を応援されてしまう始末です。

 でもこの二人は息もぴったり合っていてとてもお似合いだと思うのですが。

 今はまだ友達というか兄妹のような関係で大河もツンツンしていますが、

 いつかラブラブなイベントが発生してデレデレな大河も見てみたいです。


広告

関連記事
コメントの投稿




















トラックバック
この記事のトラックバックURL

このブログ内を検索

マギ(大高忍先生)最新情報

雑誌(web)連載
├オリエント(新連載): 2話 NEW!
├本編: 第369夜(最終回)
シンドバッドの冒険: 第182夜

単行本
├本編:37巻-11月17日頃発売
└外伝:18巻、19巻-7月19日頃発売
└オリエント1巻:8月17日頃発売
作者
大高忍の手書きブログ:2018年6月8日更新 NEW!
バックステージ:Vol.366

リンク
大高忍のてがきブログ
漫画家バックステージ
裏サンデー(シンドバッド)
マギ公式ツイッター
マギ公式サイト
シンドバッドの冒険TVアニメ公式サイト

※情報は6月9日(土)現在

最近のコメント

<>+-

QRコード

QRコード

広告

ブログパーツ