カレンダー(月別アーカイブ)

11 ≪│2018/12│≫ 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリ-作家、作品、雑誌別

記事別アクセス数ランキング(最近一週間)

トップページ » .ジャンプ(休載中or連載終了) » 叶恭弘(エム×ゼロ 他) » エム×ゼロ M:29「妖しい洞窟」の感想

エム×ゼロ M:29「妖しい洞窟」の感想

「To LOVEる-とらぶる-」を超えるカモしれないM:29の感想です。



●襲いかかってきた巨大な石像

 謎の声に従って後ろに下がったらいとも簡単に崩壊してしまいました。

 どうやら勝手に入ってきた生徒達を侵入させないためのモノのようです。

 さて九澄だけに聞こえた謎の声の持ち主の正体は・・・



●九澄の新しいパートナー!?

 西隠の洞窟に生えていたマンドレイクの野生種のルーシー。

 M0プレートの九澄にしか姿も見えず声も聞こえないという事は、

 魔法が使えない九澄にとっては頼もしいパートナーになるカモ。

 特に薬草の知識や女性との接し方のアドバイスが期待できそうです。

 ・・・擬人化したら全裸の美少女というのもいいじゃないですか(笑)



●目的はホーレンゲ草のハズ

 たしか薬品部の部長は「入ってスグのところ」と言っていましたが、

 ルーシーのアドバイスに従って奥に進んで行く九澄大賀探検隊。

 入る洞窟が間違っていたのかそれとも見つけられないだけなのか・・・

 まあこの洞窟の奥に進んで行った方が面白そうなのでいいでしょう。



●観月尚美の魅力について

 ツンデレな彼女は正統派ヒロインの愛花とは違った魅力があります。

 初登場時から恋のライバル&お色気要員になると思っていました。

 そして今回、私達読者の期待に見事に応えてくれました(笑)

 

●お約束のお色気な展開に

 どんなに見えそうでも見えなかったパンチラがついに解禁されました。

 「ちょっと見てないでしょーね!!」「やめてよ見ないでよ!!」

 そう言われても・・・恥ずかしがる姿がまた可愛いんですよね(笑)

 そして九澄の顔の上に彼女のお尻が乗っかってしまいました。

 まるで同じ雑誌のあのラブコメマンガのような展開で面白いです。



●九澄大賀はツンデレ少女を攻略中

 九澄の男としてのいやらしい面と真摯な面のギャップに翻弄される観月。

 九澄のくさいセリフに思わず聞き入っている彼女の表情が可愛いです。

 今はツンツンだけど、デレデレしている彼女を見られる日も近いカモ。



●観月尚美に迫る危機

 奇怪な植物から出る液体が触手のように彼女の足にまとわりつき・・・

 足元からヒザ、太もも、そして下着にまで伸びていきます。

 今回はお色気で「To LOVEる-とらぶる-」を凌駕しています。

 これはもしかしてギ・ブリーの春菜ちゃんの触手責めへの挑戦ですか?

 次週観月がどんな姿になっているのかすごく楽しみです(笑)


広告

関連記事
コメントの投稿




















トラックバック
この記事のトラックバックURL

このブログ内を検索

マギ(大高忍先生)最新情報

雑誌(web)連載
├オリエント(新連載): 2話 NEW!
├本編: 第369夜(最終回)
シンドバッドの冒険: 第182夜

単行本
├本編:37巻-11月17日頃発売
└外伝:18巻、19巻-7月19日頃発売
└オリエント1巻:8月17日頃発売
作者
大高忍の手書きブログ:2018年6月8日更新 NEW!
バックステージ:Vol.366

リンク
大高忍のてがきブログ
漫画家バックステージ
裏サンデー(シンドバッド)
マギ公式ツイッター
マギ公式サイト
シンドバッドの冒険TVアニメ公式サイト

※情報は6月9日(土)現在

最近のコメント

<>+-

QRコード

QRコード

広告

ブログパーツ