Top Page › 若木民喜 › 聖結晶アルバトロス › 聖結晶アルバトロスELEMENT44「ふみきりの向こう側」の感想

聖結晶アルバトロスELEMENT44「ふみきりの向こう側」の感想

2006-11-01 (Wed) 11:08

ユウキの原点が垣間見えたELEMENT44の感想です。

●ユウキの誕生

 はじまりは両親が生まれたばかりの赤子に名前を付けるシーン。

 「どんな時でも負けない心…くじけない気持ち……それが勇気…!!」

 ユウキという名前に込められた二人の想いが伝わってきました。

 まさに彼の性格そのものでこれ以外には考えられない良い名前です。



●ユウキの幼少時代

 泣きながらかーちゃんに抱きついたり舌っ足らずだったりで、

 私もハラマキ巻いたユウキはすごく可愛いと思いました。

 両親との団欒はとてもほのぼのとしていたのですが・・・

 よく見ると、とーちゃんの紫原高生さんだけご飯食べてないです。



●ユウキの秘密

 ハラマキをしていたのは水が合わなくてよく下痢をしていたから。

 とーちゃんが右腕につけていたのはクレインと同じ形の炉。

 一つ一つの可能性を潰していくと考えられる結論はやはり・・・

 モノバイルと人間の間に出来た子供なのでしょうか?



●ユウキの強さ

 ただ困っている皇女を助けたいという理由だけではなく、

 彼にも聖結晶を巡って戦うにふさわしい背負う荷物があったのです。

 去りゆく父親から残った息子に託した救世主という荷物が・・・

 どういう意味なのかはこれから明らかにされていく事でしょう。

広告

Comments







非公開コメント