カレンダー(月別アーカイブ)

11 ≪│2018/12│≫ 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリ-作家、作品、雑誌別

記事別アクセス数ランキング(最近一週間)

トップページ » 少年(裏)サンデー » 結界師 » 結界師第138話「箱の正体」の感想

結界師第138話「箱の正体」の感想

2006/10/05 11:21 | 少年(裏)サンデー 結界師 | コメント(0)

驚きの展開になった第138話の感想です。



●チビッ子異能者達の勝利

 箱男の魔の手を払いのけて無事脱出に成功した操と明。

 それにしても本当に二人だけで脱出してしまうとは・・・

 これからも二人の活躍する姿を見てみたいです。

 自分の飼っていた妖によって箱男が最期を迎えた事で、

 夜行の方の箱のまじないは切れたのですが・・・



●戦いの舞台は烏森の地に

 一人の仕業かと思っていたら実は双子だったとは驚きました。

 兄が死んでやけになった烏森担当の弟が強力な妖を解き放ち、

 次回は結界師&夜行との大規模な戦闘になりそうです。

 こちらも4人、妖も4体ということは・・・

 久しぶりに時音の活躍する姿を見られるかもしれません。



●奥久尼によって解かれた謎

 敵の能力については教えても正体までは教えなかった奥久尼。

 自分だけが真相を知る事で優位な立場に立とうとしてるのか、

 それとも他に何か考えがあるのかはまだわかりませんが・・・


広告

関連記事
コメントの投稿




















トラックバック
この記事のトラックバックURL

このブログ内を検索

マギ(大高忍先生)最新情報

雑誌(web)連載
├オリエント(新連載): 2話 NEW!
├本編: 第369夜(最終回)
シンドバッドの冒険: 第182夜

単行本
├本編:37巻-11月17日頃発売
└外伝:18巻、19巻-7月19日頃発売
└オリエント1巻:8月17日頃発売
作者
大高忍の手書きブログ:2018年6月8日更新 NEW!
バックステージ:Vol.366

リンク
大高忍のてがきブログ
漫画家バックステージ
裏サンデー(シンドバッド)
マギ公式ツイッター
マギ公式サイト
シンドバッドの冒険TVアニメ公式サイト

※情報は6月9日(土)現在

最近のコメント

<>+-

QRコード

QRコード

広告

ブログパーツ