カレンダー(月別アーカイブ)

11 ≪│2018/12│≫ 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリ-作家、作品、雑誌別

記事別アクセス数ランキング(最近一週間)

トップページ » 少年(裏)サンデー » 結界師 » 結界師第133話「殿」の感想

結界師第133話「殿」の感想

2006/08/27 11:17 | 少年(裏)サンデー 結界師 | コメント(0)

良守の気持ちがよくわかる(笑)第133話の感想です。



●無理だって!

 紫堂の口車にうまく乗せられて、次々と無理難題を押し付けられる良守。

 まずあの大天狗を半径1km以内に近づけない程度の魔除けって、

 紫堂は良守ができないのを承知で言っているような気が・・・

 次に米国からの留学生・サンディーに霊能関係の講義って、

 思春期でなくてもまともに話す自身のある男は少ないのでは!?



●霊能関係の講義と魔除けについて

 バカ殿のせいでサンディーの周りに変なものが集まり始めたので、

 男前に変身した紫堂が説明し、良守は殿以外の魔除けをすることに。

 初対面のサンディーに怪しまれる事なく説明する事ができ、

 しかも何かいい雰囲気になっている紫堂がうらやましいです。

 男前で話し上手だと生きてて楽しいんでしょうね・・・



●やって来た大天狗・黒雲斎

 モテる要素が一つもない人間バージョンに笑ってしまいました。

 あれでは、変態ストーカーと思われても仕方ありません。

 サンディーに嫌われて落ち込む殿の気持ちが何となくわかるような・・・

 紫堂が出した解決策は予想どおり山籠りで若返る事でしたね。

 若返ったらどんな容姿になるのかが楽しみな所です。



●良守がもらった紫堂の羽

 今回の件のお礼としてもらった紫堂の羽の能力とは、

 烏としゃべれるだけではなく、烏を手駒として使えるようです。

 偵察などに役に立つかもしれませんね。


広告

関連記事
コメントの投稿




















トラックバック
この記事のトラックバックURL

このブログ内を検索

マギ(大高忍先生)最新情報

雑誌(web)連載
├オリエント(新連載): 2話 NEW!
├本編: 第369夜(最終回)
シンドバッドの冒険: 第182夜

単行本
├本編:37巻-11月17日頃発売
└外伝:18巻、19巻-7月19日頃発売
└オリエント1巻:8月17日頃発売
作者
大高忍の手書きブログ:2018年6月8日更新 NEW!
バックステージ:Vol.366

リンク
大高忍のてがきブログ
漫画家バックステージ
裏サンデー(シンドバッド)
マギ公式ツイッター
マギ公式サイト
シンドバッドの冒険TVアニメ公式サイト

※情報は6月9日(土)現在

最近のコメント

<>+-

QRコード

QRコード

広告

ブログパーツ