カレンダー(月別アーカイブ)

11 ≪│2018/12│≫ 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリ-作家、作品、雑誌別

記事別アクセス数ランキング(最近一週間)

トップページ » 少年(裏)サンデー » 結界師 » 結界師第132話「大天狗」の感想

結界師第132話「大天狗」の感想

2006/08/11 12:35 | 少年(裏)サンデー 結界師 | コメント(0)

いくら何でも大きすぎる第132話の感想です。



●大天狗・黒雲斎のお出まし

 良守と比較するとどれ位大きいのかがよくわかります。

 もしかすると100m以上はあるのではないのでしょうか?

 どおりで他の烏天狗達が苦労するはずです。

 良守を騙すような形で連れてきたのも仕方ないかな(苦笑)



●様々な思惑が交錯した宴の始まり

 自分達の目的のために言葉巧みに良守を誘導していく紫堂。

 人を乗せるのが上手い所はぜひ見習いたいものです(笑)

 黒雲斎の女子についての話はまるでエ○親父・・・

 でも気の強い女子でニヤニヤする気持ちはわからないでもないです(笑)

 そして周囲の状況に流されていくしかない良守。

 彼の驚いたり謝ったり悲鳴をあげる姿は見ていて面白かったです。

 わが身可愛さに時音をすすめたり、宴会芸のような格好までして・・・



●黒雲斎が酔いつぶれてからが本番

 烏天狗達の薬と力でパワーアップした良守。

 「鬼神のようだ!!」どちらかというと奇人のようですが・・・

 とにかく黒雲斎に結界をかける事には成功しました。

 すぐ破られそうな気がすごくするのですが・・・



●黒雲斎の意中の人・サンディー(米国からの留学生)

 良守がどんな魔除けをするのか楽しみです。

 術とかではなく予想のつかない面白い方法になるかも。

 たとえば他に恋人がいたとか・・・



●良守の祖父・繁守の民子さんとの恋??の行方は・・・

 前回に引き続き今回も良守と時子さんに邪魔されてしまいました。

 おそらく次回も邪魔されそうな気がします。


広告

関連記事
コメントの投稿




















トラックバック
この記事のトラックバックURL

このブログ内を検索

マギ(大高忍先生)最新情報

雑誌(web)連載
├オリエント(新連載): 2話 NEW!
├本編: 第369夜(最終回)
シンドバッドの冒険: 第182夜

単行本
├本編:37巻-11月17日頃発売
└外伝:18巻、19巻-7月19日頃発売
└オリエント1巻:8月17日頃発売
作者
大高忍の手書きブログ:2018年6月8日更新 NEW!
バックステージ:Vol.366

リンク
大高忍のてがきブログ
漫画家バックステージ
裏サンデー(シンドバッド)
マギ公式ツイッター
マギ公式サイト
シンドバッドの冒険TVアニメ公式サイト

※情報は6月9日(土)現在

最近のコメント

<>+-

QRコード

QRコード

広告

ブログパーツ