カレンダー(月別アーカイブ)

11 ≪│2019/12│≫ 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ-作家、作品、雑誌別

トップページ » 2019年12月04日

嘘月-ウソツキ-第1話の感想

ミナミ先生の新連載のヒロインは、素の表情、笑顔がすごく魅力的だと思いました。
あの自然な笑顔が誘惑の能力で見られなくなるのかと思うとたしかに辛い…

2番目じゃだめ?でサンデーうぇぶりの読者にこれでもかとトラウマを植え付けた
あのミナミ先生が新連載「嘘月-ウソツキ-」を引っ提げてサンデー本誌に乗り込んできました!

前作ひとつばなも相当アレでしたが、今回の新連載も予告の時点ですでにドロドロの愛憎劇なのは確定っぽいので、いやがうえにも期待が高まるというものです。

はたして今作ではどんなトラウマを私達サンデー読者に植え付けてくれるのか、それではさっそく読んでみることにしましょう!

ワールドトリガー第188話「ヒュース⑨」第189話「雨取千佳⑧」の感想

2019/12/04 05:09 | ジャンプ(SQ.) ワールドトリガー | コメント(0)

最新単行本第21巻が発売したようです。

今月号の葦原先生の巻末コメントを読みましたが、私も天気が悪くなると首の調子が悪くなるので、お気持ちすごくよくわかります。どうかお大事になさってください。

それではさっそく本編の感想にいきます。

まずは木虎ととりまるの距離感的なものについて。

席一人分の距離感…ってぶっちゃけ見たまんまですが。
でも離れて座っていても身体はとりまるの方を向いて座っているという、いつもと違って妙にしおらしい木虎の、このなんとも言えないもどかしい感じががががが。

このブログ内を検索

マギ(大高忍先生)最新情報

雑誌(web)連載
├オリエント: 97話 NEW!
├本編: 第369夜(最終回)
シンドバッドの冒険: 第182夜

単行本
├本編:37巻-11月17日頃発売
└外伝:18巻、19巻-7月19日頃発売
└オリエント10巻:8月17日頃発売 NEW!
作者
大高忍の手書きブログ:2020年6月27日更新 NEW!
バックステージ:Vol.366

リンク
大高忍のてがきブログ
漫画家バックステージ
裏サンデー(シンドバッド)
マギ公式ツイッター
マギ公式サイト
シンドバッドの冒険TVアニメ公式サイト

※情報は8月5日(水)現在

最近のコメント

<>+-

QRコード

QRコード

広告