カレンダー(月別アーカイブ)

06 ≪│2019/07│≫ 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリ-作家、作品、雑誌別

記事別アクセス数ランキング(最近一週間)

トップページ » 2019年07月31日
月別アーカイブ  [ 2019年07月 ] 

オリエント 第55話「犬田八咫郎」の感想

2019/07/31 03:57 | マギ(大高忍) オリエント | コメント(3)

今回ついに黒曜石の八人の一人・俺らの八咫郎が登場!

以前、七緒に相当キモがられていたことから、どんなキモ男なのかと思っていたら…

毛むくじゃらのおっさんが周りに全裸の女の子をはべらすとか、あーたしかにこれ、七緒のような年頃の女の子がキモがるのも無理ないわー。しかもこの様子も(七緒を含む)他の黒曜石の兄弟達に筒抜けなんだよね!?

それにしても八咫郎が侍らせてる角?鉱石?が体から生えている女の子たち、あれは鬼なのか?それとも八咫郎が鬼鉄刀の能力で作り出した的な!?いや決してちょっとうらやましいとかそんなことは思っていませんよ!?ホントだよ!?←

生殖の尊さをハアハア言いながら力説する八咫郎と、それを冷めた目で見る八咫郎ガールズの図が、シュールで面白すぎでした。

あと以前八咫郎は上杉を(鬼鉄刀の能力で?)内部から切り崩す的なことを言っていた気がするけど、今のところ上杉連合に気付かれている様子が全くないところを見ると、意外と八咫郎はやる奴(有能)だったりするのか…!?

でも犬飼や島津のような美形チートキャラよりかはまだ八咫郎のようなキモ男の方が親近感が湧くので、個人的には八咫郎のことをちょっと応援していたりもします←

その夜上杉武士団紫龍城兵舎のシーンで各小隊で隊長が隊員に指示を出していましたが、髪を後ろで束ねた女隊長さんの隊がちょっとうらやましかったりして。

そんでもって武蔵達の小隊、なんかもう島津のせいですっかり隊の空気がちょー最悪なんですけど、もし尼子が小隊長になっていたらどんな隊になっていたのかがちょっと気になりました。

よりにもよって武蔵達の隊が作戦の第一陣として出陣って、やはり捨て駒にされてしまうのだろうか…

「命令違反は内容を問わず斬首刑」
ヤバいこれ小隊長の無茶な命令で特攻させられて無駄死にするパターンじゃないのか。
よりにもよって恐怖と暴力で支配する典型的な暴君タイプとか、島津こいつ本当に隊長の資質があるのか不安しかないんだけど…

みちる姫が姫君扱いされていてみちる姫がお姫様だということをいまさらながら実感させられた件。

「美しさはあると思う…」
ここのシーンのみちる姫がお美しすぎて、みちる姫の言うことももっともだと思えてきた件。
(冒頭の八咫郎のキモさとあまりにも違い過ぎて)

でもこうして武蔵が他の人達とお互いの意見をぶつけ合っているのを見ると、マギの終盤を思い出すんですよね。

でもでもこの状況一体どうすればいいんですかね!?ラストのあおり文では、完全ぼっちとまで言われちゃっていますけど。もうこうなったら武田に助けてもらうしかない…のか!?

このブログ内を検索

マギ(大高忍先生)最新情報

雑誌(web)連載
├オリエント(新連載): 63話 NEW!
├本編: 第369夜(最終回)
シンドバッドの冒険: 第182夜

単行本
├本編:37巻-11月17日頃発売
└外伝:18巻、19巻-7月19日頃発売
└オリエント6巻:8月16日頃発売
作者
大高忍の手書きブログ:2019年8月29日更新 NEW!
バックステージ:Vol.366

リンク
大高忍のてがきブログ
漫画家バックステージ
裏サンデー(シンドバッド)
マギ公式ツイッター
マギ公式サイト
シンドバッドの冒険TVアニメ公式サイト

※情報は10月12日(土)現在

最近のコメント

<>+-

QRコード

QRコード

広告

ブログパーツ