カレンダー(月別アーカイブ)

05 ≪│2020/06│≫ 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

カテゴリ-作家、作品、雑誌別

トップページ » マンガ

娘の友達 第40話「雨、雨、雨」の感想

2020/05/07 17:28 | マンガ | コメント(0)

前回、如月古都ともいつか一緒に…って言っていたけど…

ふらいんぐうぃっち単行本8巻の感想

2019/08/11 22:05 | マンガ | コメント(0)

ぶっちゃけ俺、千夏ちゃんのここのつは"水"か"金"じゃないかと思ってるんだよね。

44話の後の「ここのつ別性格傾向」で
"水"は気分屋、甘え上手
"金"は知的好奇心のかたまり
とされていて、どちらも千夏ちゃんに当てはまってる気がするんだよね。

そんなわけで8月9日に発売されたふらいんぐうぃっち最新単行本第8巻を買ってきましたパチパチパチ~。

ちなみにドラマCD付き特装版ではなく通常版の方ですごめんなさい。

8巻の中では何と言っても、うに丼!作中で千夏ちゃんも食べてたうに丼がすごくおいしそうでした!!
俺も食べてみたいと思い、とりあえずネットでそこのぬいどう食堂に行ってみた人たちのレポートをいくつか読ませてもらったのですが、なかなかハードルが高くて大変そうでした。

なんか思いきり話が脱線してしまいましたが、今回千夏ちゃん達が下北という地に来たのは、真琴の得意魔法の属性=ここのつを調べるためにやってきたわけなんですよね。

作品に何を求めるのかは人それぞれだと思うし、田舎ならではの日常のまったりエピソードもこの漫画の魅力だということは重々承知しているけど、魔女とか魔法とかそっち系の話をもっと読んでみたいと思っていた自分にとっては、すごく充実した1冊となりました。

なにしろ8巻にしてようやく得意魔法の属性の話に触れてくれたわけですからね。これがバトル漫画だともうとっくに1話目で属性が判明したりしてるのに。

でも属性が判明したからといって何かが急に変わるわけでもなく、いつもと変わらない日常がゆったりと流れていくのがこの漫画らしくていいなとも思いました。

そして判明した真琴の属性がまさかの闇。
でも残念ながらダークサイドに落ちた真琴が光属性の姉の茜と戦う展開にはなりませんでした。この漫画はそういう漫画ではないらしいので。
作中では闇は物作りが得意な魔女が多くて、創造の魔女と言われているそうです。それって女子力が高い圭との相性がメチャ良さげじゃね!?

それにしても姉妹揃ってレア属性持ちとかやはり木幡姉妹は姉だけじゃなくて妹も侮れないなと。

ちなみに俺千夏ちゃん派なのに、江丹雲(ここのつ判定の人)に物作り自体好きなんじゃないかと言われた時の真琴の表情が可愛いと思ってしまったのは内緒にしておいてください←

それとリンゴ畑で農作業中の真琴にグッときてしまったのも内緒にしておいてください←
(帽子&おさげ&タンクトップ&ジーンズ姿がモロ自分好み過ぎて)

あと俺が千夏ちゃん派なのはロリコ…とかでは決してなくて、好奇心旺盛で自分の気持ちに正直に生きているところ…ですかね。
千夏ちゃんを見ているといつもすごく楽しそうで、いろんなことを楽しんでいる感じが、俺もあんなふうに自分に素直になって生きてみたい。

ただあの兄貴…圭はちょっと自重した方がいいかな。
(鹿角パイセンの風魔法で千夏ちゃんの髪がぶわっとなったのを見て)センパイオレにもやってって、(好奇心旺盛なところが)似た者兄妹かよと、正直ちょっとうらやましいぞこんちくしょう!!

いつも真琴(一つ屋根の下で一緒に住んでる)や那央(幼なじみ)と一緒にいるだけでもアレなのに、気付いたら周りにいる女の子が増えてるとかお前どこのハーレムラブコメ主人公だよと。

リンゴ畑でのフクロウとのエピソードがすごく真琴&この漫画らしくて好きでした。

でもラストのバレーのオチといい、何気に酷い目に遭わされてる真琴が可哀想な気も…

杏子氏が歴女に!?
杏子と学校の友達が歴史の話で盛り上がっている様子はまさに俺得でした。
てっきり杏子も青森の学校に通ってるものだとばかり思っていたので、あの近道はズルい笑

合併号休みの週って何にも書くことがない…

2016/05/05 17:12 | マンガ | コメント(2)

こんにちは。管理人です。
ニコ動でDグレ一挙放送を視聴しながらこの記事を書いています。
リナリーに兄さんて呼ばれたい←
ラビ懐かしいです。ラビ今どうしているんだっけ…!?

今週はジャンプもサンデーも合併号休みのため、
土曜日のシンドバッドの冒険までは書ける感想記事がなくてすみません。
一応漫画の雑誌や単行本は何冊か買ってきてはいるのですが…

ジャンプNEXT!!を買いました。

やはり黒子のバスケが載っていないと物足りない感じがします。
ちなみに自分が一番面白いと思ったのはUBSの打見佑祐先生の新作読切です。
その他の作品は女の子は可愛くてもどこかで読んだことのあるような設定やストーリーが多く見られたのが残念かも。

ブラック・クローバー6巻と黒バス最新単行本を買いました。

俺もマリーの従順な奴隷にしてほしい←
とまあ冗談はさておきブラクロは巻を重ねるごとにバトルも人間ドラマも面白くなっていますね。
特にあの人があの人のことを~というのは全く予想していなかっただけに驚かされました。

Dグレの図書カードが当たりました。(ちなみに一通応募です)

これでDグレの図書カードが当たったのは2枚目で、すごく嬉しいです。
TVアニメも楽しみですが、最近の原作はちょっと話が難解になりすぎているような…

ラノベのオススメはこの素晴らしい世界に祝福を!と灰と幻想のグリムガルです。

どちらも異世界召喚モノでありながら、見事なまでに対照的な両作品ですが、
なかなかよく世界観やキャラクターが考えられていて、読み応えがあって面白いですよ。

今期のアニメはマクロスΔがちょっと面白いかなと…

ミラージュ一択です。

久米田康治先生の新連載「かくしごと」を読みました。

2015/12/04 00:01 | マンガ | コメント(0)

久米田先生の新連載について、
先月号の月刊少年マガジン2015年12月号で予告漫画が掲載されていましたが、
今月号の月刊少年マガジン2016年1月号からいよいよ連載が始まりました。

変女~変な女子高生 甘栗千子~変16(ヤングアニマル2015年NO.23掲載)の感想

2015/11/27 23:11 | マンガ | コメント(0)

最近ツイッターでこの作品を知ってハマりました。

まだ単行本1巻しか読んでいないので内容を把握しきれてはいませんが。

この作品を簡単に紹介すると、ちょっと変な女子高生が勃…アレな単語を連呼する漫画です。

主人公が住み込みで働いている便利屋の一人娘がその女子高生なのですが、彼女の直球すぎる発言に周りの男達が振り回されたりドキドキさせられたり、逆に主人公が反撃を試みて思わぬ展開になったりするのが見ていて面白いです。

男性には楽しめる内容かもしれませんが、女性には厳しいかもしれません。

しかし驚くべきことに作者の此ノ木よしる先生は既婚の女性の方だそうです。

本日最新単行本第3巻が発売、本日発売のヤングアニマルに最新話が掲載されています。

そしてここからは最新話の感想です。

一週間フレンズ。最終話(第38話)「また、友達になってください。」の感想(ネタバレ有り)

2015/01/23 22:59 | マンガ | コメント(0)

これまでの簡単なあらすじ

 ついに藤宮さんの記憶が戻って、はじめて迎えた月曜日…

このブログ内を検索

マギ(大高忍先生)最新情報

雑誌(web)連載
├オリエント: 90話 NEW!
├本編: 第369夜(最終回)
シンドバッドの冒険: 第182夜

単行本
├本編:37巻-11月17日頃発売
└外伝:18巻、19巻-7月19日頃発売
└オリエント9巻:5月15日頃発売 NEW!
作者
大高忍の手書きブログ:2020年5月19日更新 NEW!
バックステージ:Vol.366

リンク
大高忍のてがきブログ
漫画家バックステージ
裏サンデー(シンドバッド)
マギ公式ツイッター
マギ公式サイト
シンドバッドの冒険TVアニメ公式サイト

※情報は6月3日(水)現在

最近のコメント

<>+-

QRコード

QRコード

広告