カレンダー(月別アーカイブ)

07 ≪│2019/08│≫ 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリ-作家、作品、雑誌別

記事別アクセス数ランキング(最近一週間)

トップページ » アニメ

「天気の子」に「君の名は。」を期待して観に行ったら期待外れだった件。

2019/07/20 00:08 | アニメ | コメント(0)

映像はすごくきれいでした。
特に最近の新海作品「言の葉の庭」「君の名は。」で定評のある「雨」の描写が、「天気の子」ではさらに進化しているのがはっきりと感じられました。

音楽も最高でした。
「君の名は。」に続き「天気の子」でも新海監督とRADWIMPSが手を組んでいましたが、文句のつけようのないクオリティでした。

ご多分にもれずこの作品でもプロ声優じゃない有名人が主役級の声に起用されていますが、
それほどプロ声優との違いについては気にはならなかったかな。

ギャグシーンは無い方が良かったかも。
全体的に暗め重めな内容の中で、突如として視聴者の笑いを取りに行くギャグシーンが何ヶ所か挿入されていましたが、そこだけ浮いているというかテンポが悪くなっている感じがしましたので。

(おそらく制作スタッフが意図しているのと意図していないのと両方あると思うのですが)
大雨による災害の他にもタイムリーな時事ネタがいくつも盛り込まれていたのも今作の特徴だと思います。
(〇〇から逃走するシーンとかタイムリー過ぎて)

映像がすごくきれいで、音楽も最高で、有名人声優の演技も予想していたほど悪くはなかった。
新海作品のファンなら思わずニヤリとしてしまうシーンもたくさんあった。

じゃあなんで期待外れなのかというと、登場人物(の行動目的)に共感・感情移入できないまま物語が進んでいき、作中の天気のようなスッキリしない終わり方をしてしまったのが大きいと思われます。
それまで主人公とヒロインが晴れ女の活動をして多くの人達に喜んでもらっていたのを、全否定したかのようなあの終わり方はないだろうと。

私もそうですが、君の名は。のようなカタルシスとハッピーエンドを期待して観に行った人にとっては、肩透かしもいいところなんじゃないでしょうか。

通常攻撃が全体攻撃で二回攻撃のお母さんは好きですか?第1話の感想

2019/07/14 20:39 | アニメ | コメント(0)

これ原作ラノベの存在は知っていたんだけど、興味はあっても読んだことは無かったので、アニメ化したのをいい機会と思って視聴してみることにしました。

まず声優さん達…特に母親の大好真々子役の茅野愛衣さんの声が役にハマりすぎなのにびっくり。

真々子さんとても高校生の息子がいるとは思えないくらいにリアクションがイチイチ可愛すぎる件。
こんな可愛くて優しいお母さんに過保護に甘やかされたいと思えてきてしまうのは俺だけではないはず←

TVアニメを見る前はいかにも息子を溺愛している頭おかしい母親的なイメージを勝手に抱いていたけど、視聴した後では多少?過保護ではあるものの意外と子育てに関してはしっかりとしたまともな考えを持っているなと。

むしろ子育てよりもRPGに対する常識の方が壊滅的にないのに笑わせてもらいました。
舐められるといけないから最初はガツンと~とガイドブックに書いてあったからって、いきなり攻撃魔法でギルドを壊滅させてるし笑

良くも悪くもRPGの常識にとらわれずに、RPG世界でも母親として振る舞うブレなさっぷりがさすがでした。

それにしてもRPGの仲間を選ぶのにお母さん面接…ってそんなの聞いたこと無いしちょっといろんな意味で緊張してきたんだけど。

でも見ているうちに母親同伴のMMORPGとかそんなに悪いものじゃない気がしてきた不思議←

息子と母親の仲が良いと、世間ではマザコンと批判されがちだけど、
たまにはこういうふうに肯定してくれる作品が一つくらいあってもいいのかなと思えてきました。

TVアニメ版盾の勇者の成り上がり第24話「異世界の守護者」の感想

2019/06/20 03:41 | アニメ | コメント(0)

グラス様キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
あいかわらずな容赦のなさっぷりにゾクゾクする…ゾクゾクしますぞー!←

でももしやと思っていたけどグラス様、本当にラルク達の仲間だったとは。

っていうか、グラスの嬢ちゃんって、ごめんもっとババア年上かと思ってた←

あれ、そういえば、グラス様は波の間しかこちらの世界にいられないんだよね!?
でもラルクやテリスは波が起きるずっと前からいたけど、どゆこと!?

他の四聖勇者たちよりもラルクやテリスが仲間だったらどれほど良かったか。
敵対してもなおあのカッコ良さはズルい。
っていうか、ラルクとテリスはぶっちゃけデキてるのか、エロいことしてるのかが私気になります!←

四聖勇者という割には尚文達盾組しかまともに戦えていない件。
最初にグラス様と戦った時から何も成長していないようにさえ見えるのには苦笑せざるを得ない。
でもレベルだけで見ると他の勇者たちもそれほど劣っているとは思えないんだけど、一体何が違うのか…

海に落ちた人たちよく無事だったな…たる爆弾の濃縮された酒で魔物がぷかーっと浮かんでいたよね!?

あと尚文はテリスに腕輪の代金は分割払いだと言っていたけど、こんなことになってしまって、ちゃんとこの先も支払いを続けてくれるのかが不安。

最近はOPでフィトリアたん分を補給しています。

女王&メルティが有能すぎてこれ以上ない位心強い件について。
クズ&ビッチの時とはあまりにも大違い過ぎて。
あと今回も女王が無駄に年増エロいと思ったのは内緒にしておいてください←

「ご主人様に酷いことするならやっつけちゃう!!」
フィーロのこのセリフがすごく好きです。
フィーロもメルティも、そしてラフタリアもヒロイン達みんな熱かった!!

TVアニメ版盾の勇者の成り上がり第23話「カルミラ島」の感想

2019/06/16 21:45 | アニメ | コメント(0)

次回のサブタイトルが「異世界の守護者」って、ラルクとテリスはやっぱり(この世界とは別の)異世界の勇者とその仲間なのかな。

とても異世界人とは思えない位に二人共いい人達(ラルクは尚文にとって頼れる兄貴分的な感じで接してくれていたし、テリスもラフタリアと仲良さげに話していたし)だったので、尚文達とラルク達が殺し合うところは見たくないのですが。

ぶっちゃけラルクとテリスがデキているのかどうか気になったのは俺だけではないはず←
もしグラスも仲間だったらまさかの三角関係とか!?

ちなみにもし尚文達があの龍刻の砂時計を見つけていなかったら波は起きなかった!?それとも見つける見つけないに関わらず波は起きちゃうものなの!?

あとやっぱフィトリアたんの水着姿は実現しなかったか…すごく残念。

それでもフィーロの水着姿が俺の想像以上に天使だった件。
元康がフィーロたんフィーロたん言っている気持ちがちょっとだけ理解できた気がする←

でもうーんラフタリアの水着姿はどうなんだろう…
たしかに可愛いっちゃあ可愛いんだけど、あんまりこう性的な意味ではドキドキしないんだよなあ。
(それよりも水着のしっぽのところがどういう構造になっているかの方が気になる件)
あいかわらずの尚文の鈍感っぷり&ラフタリアの報われなさっぷりはさすがに可哀想ではありましたが。

尚文は行商人に宝石細工に料理と、勇者を辞めても十分やって行けるような気がする。あれだけ色々できてうらやましい。

TVアニメ版盾の勇者の成り上がり第22話「勇者会議」の感想

2019/06/08 23:39 | アニメ | コメント(0)

回想シーンでもフィトリアたんがマジ天使だった件。
早くまた実物のフィトリアたんと再会できることを願っています。

今回注目すべき点はラフタリア達のクラスアップ、四聖勇者による勇者会議、そして謎の男女との出会いといったところですかね。

クラスアップで強くなったのはいいんだけど、フィーロのアホ毛…というかフィトリアたんのせいでラフタリアまで選べなくなって、喜んでいいのかどうかちょっと微妙な結果になってしまいましたよね。

フィトリアたん的には世界を救うためにはクラスアップで一番強くなるやつを強制的に選択させることが正しいと思っているのかもしれませんが。

でもラフタリア的にはクラスアップのことよりも尚文が「俺がこの世界からいなくなった後も~」と言っていることの方が気になっているのが切ないですよね。

盾の勇者の恥晒しにはちょっと笑ってしまったけど、真顔のラフタリアが怖いんだけど。

でもラフタリアのあのゴミを処理するには激しく同意。自分のためにあそこまで怒ってくれる女の人…ラフタリアのありがたさを尚文はどれだけわかってるのだろうか。

あれからビッチとクズの扱いがどうなったのか気になっていたのですが、ああも自由に行動できていることに驚きました。もうとっくに元康のパーティーメンバーからも外されて、どっか地下牢みたいなところに拘束されているものだとばかり。

どうせならビッチが毒を入れた料理をビッチに食わせてやれば良かったのに。

勇者会議。他の三人が相変わらずなのに対して、尚文がちょっと大人の対応していて、これにはラフタリアじゃなくてもちょっとカッコイイと思ってしまったし。

ウェポンコピーに自動調合に転移、そしてクラスアップ。他の三人の勇者に対してこれだけのハンデを抱えていながら、これまで尚文はよく戦えてきたと逆に感心してしまう。他の三人が尚文の盾をチートと思い込むのも無理ないわけだ。

フィーロがメルティと一緒の部屋で寝てるってことは、尚文はラフタリアと二人きり…でも何もなかったんだろうなあ。

さっそく覚えたばかりのウェポンコピーや、カルミラ島の活性化イベントで、尚文達がどこまで強くなれるのか、かなり期待できそうな感じがします。もしかしたらグラス程度なら簡単に倒せるようになったりして!?

フィーロがラフタリアをしつこいと言ったのにもちょっと笑ってしまった。

ラフタリアの故郷の村の復興にも尚文は関わってくるのだろうか…!?

尚文を坊主呼ばわりした謎の男女、悪い連中には見えないけど…!?

TVアニメ版盾の勇者の成り上がり第21話「尚文の凱旋」の感想

2019/05/30 02:44 | アニメ | コメント(0)

俺らお待ちかねの女王のお仕置きタイムがやってきました(←違…くはないか)

尚文がカッコ良すぎた。
あそこで王とマインを助けられるとか。
冤罪が晴れた後もブレないところがまたカッコ良すぎです。

尚文がすっかり勇者らしくなってきた件。
これはフィトリアたんも認めざるを得ないか。

尚文の冤罪が晴れて、尚文がこれまでやってきたことが正当に評価されるようになって、これまでずっと重苦しい展開や試練の連続だっただけにようやくホッとしたというのが率直な感想です。

女王の弾劾裁判で、マインの嘘が暴かれていったのはスカッとしました。マインが今までやってきたことを考えると、もっと酷い目に遭った方がいいと思うんだ。奴隷紋のビリビリとビッチ呼ばわり程度だととても生ぬるい気がします。

とりあえず処刑は免れることができたクズとビッチの今後の扱いがどうなるのかが気になりますね。

ラフタリアの圧倒的な正妻感。
尚文の冤罪が晴れると聞いて涙を流して喜んでくれたラフタリアがいい子過ぎてもうね…

フィーロはずっと今のままでいて欲しいと思う反面、尚文の正妻争いという点ではラフタリアに大きくリードされているので、もっと頑張って欲しい。

メルティが尚文に対してムキになる度にニヤニヤが止まらない件。
最後に素直になって尚文に感謝するところとか最高に可愛すぎでした。

前々から思っていたけど女王のおっぱいがエロ過ぎる件。メルティも将来はああなるのだろうか。

三つ編みおさげのほえーっ娘は一体何者!?
どうやら樹か錬の従者っぽいけど…

TVアニメ版盾の勇者の成り上がり第19話「四聖勇者」の感想

2019/05/19 21:15 | アニメ | コメント(0)

今回も俺のフィトリアたんがマジ天使だったのはいいんだけど、肝心のバトルがグダグダだったのが気になりました。

たとえば教皇の魔法障壁を破壊した時なんか一気に畳みかけるチャンスだったのに、なぜ追撃しないんだと突っ込まずにはいられませんでした。それで結局魔力を貯める時間を与えてしまってラストで大魔法発動されちゃってるし。

尚文が他の勇者達と話している時に、ラフタリアやフィーロ、メルティが加勢してくれるのはすごく心強いですね。今やすっかりメルティも尚文のパーティーの一員になっている件。

一応他の三人の勇者たちも尚文が言ったことをわかってくれたようなのはいいんだけど、マインだけは後でちゃんと罰しておいた方がいいと思うんだ。これまでマインのやってきたことを考えると顔面フルボッコくらいじゃ済まされない気がする。

TVアニメ版盾の勇者の成り上がり第18話「連なる陰謀」の感想

2019/05/09 05:41 | アニメ | コメント(0)

今回はパーティー戦が見応えがありました。

尚文達を心配そうな表情で見送るフィトリアたんもかわええ…

先日発売したあたしが隣にいるうちにをiTunesで購入しました。
TVアニメEDでは1番のラフタリア視点の歌詞のみ流れていますが、CD(ダウンロード版)にはその後の尚文視点の歌詞も収録されていているので、アニメEDで心揺さぶられた方は購入することをおススメします。

(新しい馬車が手に入って)フィーロがご機嫌だと見ているこっちまで楽しい気持ちになってくるんですよね。

フィトリアたんにお願いされて、槍の勇者…元康とは仲良くしないといけないということは、もれなくあのくそビッチ…マインも漏れなくついてくるということなんですよね。

どう考えても元康は尚文達よりもマインの言うことを信じているので、説得は困難極まりないだろうなあと思っていたら案の定でしたし。どうにか元康のそばからマインだけ排除…遠ざけることはできないかとも思ったけどやっぱ無理なんだろうなあ…(洗脳の盾とかそんなものが本当に実在したらちょっと欲しいと思ってしまったのは内緒にしておいてください←)

それにしてもあのくそビッチマジでムカつくんだけど。ぶっ殺すとまではいかなくてもせめて顔面フルボッコ位はしないととても気が済まない気がする。

とか考えていたら、マインも他の四聖勇者達も三勇教に切り捨てられていてちょっと笑ってしまいそうになりました。

っていうかあんな強力な攻撃魔法が使えるんだったら、三勇教が自分達で波と戦えよと言ってやりたい。

尚文はちゃんとフィトリアたんの約束を守って他の勇者…元康と仲直りしようとしたんだから、ここはフィトリアたんが助けに来てくれてもいいような気がする。

フェイリスに「オカリン(はぁと)」って呼ばれるとドキってしませんか?しますよね?

2018/05/14 08:48 | アニメ | コメント(0)

某シュタゲアニメを毎週視聴しているのですが、
フェイリスに「オカリン(はぁと)」と呼ばれる度にドキドキしまくりな自分がいます。
(まゆりはもう良くも悪くも聞き慣れてしまっているので何も感じない)

でもいつかまた「キョーマ(はぁと)」と呼んでもらいたいこの複雑な男心←
(フェイリスが「キョーマ(はぁと)」と言いかけて「オカリン(はぁと)」と言い直すシーンにいつも悶絶しかけています←)

Re:CREATORS 第17話「世界の屋根を撃つ雨のリズム」の感想

2017/08/14 22:56 | アニメ | コメント(0)

いよいよアルタイル側との最終決戦に突入!くぅうう盛り上がってきたー!!

セレジア!やっぱりアルタイルとタメを張れるのはお前とフォーゲルシュバリエしかいない!
…と思いきや、アルタイルに押されっぱなしでとっておきの必殺技もまるで通用しなくて大丈夫なのか…!?
ぜひともセレジアにはアルタイルに一矢報いて欲しいところですが…

メテオラはあの様子だと今回は後方支援に専念するのかな…!?
個人的には一番好きなキャラなので大変そうな役回りだけど頑張って欲しい…!!

鹿屋のギガスマキナとアリステリアの戦いは大きさが違いすぎてちゃんとした勝負になっていないという…
アルタイル側にもロボットがいればもっと見ごたえのある戦いを見れたのでしょうが…

弥勒寺優夜と白亜翔のバトルは同じ作品に登場する因縁の親友?ライバル?だけあって、見ているこちらがゾクゾクするような熱い応酬を魅せてくれました。こりゃ女子が熱狂するのもわかる気がするわ。

それはそうと俺のひかゆの出番はまだか!?やっぱりひかゆは敵に知られていないから切り札なのか!?早くひかゆの戦う所を見てみたい!!

アルタイルの口ぶりからは自身のさらなるパワーアップ=承認力の強化をうかがわせていましたが…

つーか正直アルタイルがあそこまで強すぎると、視聴者や観客はアルタイルじゃなくてセレジアが強くなることを望むんじゃ…!?

あとまさか築城院真鍳が再び颯太に接近するとは…可能性としては十分考えられたのになぜ颯太を一人にしてしまったのか…!?つーか真鍳のやつ颯太に近付いて一体何を企んでいる!?

「そーうーたーくん(はぁと)」
あと番組が終わった後のカオスTCGのCMでのセレジアの颯太に対する呼び方が…最近のセレジアが颯太のことを本気で狙っているような気がするのは俺だけ!?←

このブログ内を検索

マギ(大高忍先生)最新情報

雑誌(web)連載
├オリエント(新連載): 57話 NEW!
├本編: 第369夜(最終回)
シンドバッドの冒険: 第182夜

単行本
├本編:37巻-11月17日頃発売
└外伝:18巻、19巻-7月19日頃発売
└オリエント6巻:8月16日頃発売
作者
大高忍の手書きブログ:2019年6月11日更新 NEW!
バックステージ:Vol.366

リンク
大高忍のてがきブログ
漫画家バックステージ
裏サンデー(シンドバッド)
マギ公式ツイッター
マギ公式サイト
シンドバッドの冒険TVアニメ公式サイト

※情報は8月21日(水)現在

最近のコメント

<>+-

QRコード

QRコード

広告

ブログパーツ