カレンダー(月別アーカイブ)

11 ≪│2019/12│≫ 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ-作家、作品、雑誌別

トップページ » 夏目友人帳

夏目友人帳 眠る依代の里其の四(第103話、LaLa2020年1月号掲載)の感想

2019/11/22 17:18 | 夏目友人帳 | コメント(0)

な、な、夏目パンチがたいして効いていない…だと!?

というわけで本日発売のLaLa2020年1月号に掲載された夏目友人帳最新話の感想です。

まずはいつものように夏目友人帳関連情報から。

・本編は40ページ。11月号(9月24日発売号)の続き。
・今回で眠る依代の里編は終わらず、次回へ続く。
・次回は3月号(1月24日発売号)に掲載予定。
・今月号のふろくはニャンコ先生カレンダー
・次号2月号のふろくはニャンコ先生スケジュール帳
・LaLaオールスター直筆年賀状プレゼント有り(夏目友人帳は毎年恒例の夏目とニャンコ先生の干支コスプレ)
・神戸アニメ夏目友人帳展情報。

というわけで先月号12月号では特別編が掲載されましたが、今月号は本編の続きが掲載されていました。

今回はほぼ1話丸ごと夏目・的場・名取・ニャンコ先生(夏目友人帳最強メンバー)と前回ラストで登場した(伴が封印を解いた)陶器人形との見応えのあるガチバトルが繰り広げられていますので、

ここ最近の夏目友人帳はどうも物足りないと思っていた人にもぜひ読むことをおススメしたいです。

夏目友人帳 特別編(LaLa2019年12月号掲載)の感想

2019/10/24 02:51 | 夏目友人帳 | コメント(0)

本日発売のLaLaは夏目友人帳が表紙&特別編8ページ掲載!
(紙版にはふろくもついてくるそうですが、電子版なのでまだ確認できていません。)
特別編は俺ら男性読者には嬉しい可愛い女の子キャラが登場!!
ニャンコ先生がいきなり殴られ目を覚ますと頭にリボンがついていたという事件?が発生します。
ちなみに本編の続きは来月号の1月号に掲載されるようです。

夏目友人帳 眠る依代の里其の三(第102話、LaLa2019年11月号掲載)の感想

2019/09/24 00:01 | 夏目友人帳 | コメント(2)

今回、的場に関する衝撃の新事実が明らかに…!?

ついさっきまでそこにいた職人さんが、目の前で天井から宙づりって、どんなホラー展開だよと思ってよく見てみたら…

実はたくさんのかわいいニャンコ達の仕業でした…ってまさかこうくるとは…思わずなごんじゃったじゃないかよと。
でもたしかにタキが見たらすごく大喜びしそうな気がする。タキファンとしてはそんなタキをすごく見て見たかった。

それはそうとニャンコ達は職人さんを助け出すかどこかへ連れて行こうとしているように見えた。
だとすれば前回伴に眠らされた職人さんを外に連れ出したのもあのニャンコ達…ということになるのかな。

いやそんなことよりも的場が猫好きなことにびっくりなんだけど!?
だっておまえこれまで(同じ猫好きのタキとは違ってニャンコ先生に対して)全然そんな素振りちっとも見せたことないじゃなんかよと。

もしかして的場が初対面から夏目だけではなくニャンコ先生にも興味を持っていたのってそういうことだったのかー!?

っていうかヤバい的場が猫好きというのが衝撃的過ぎて、本編の内容が頭に入って来ないんだけど←

ニャンコ達の付喪神云々の話に「ロマンですね」と真面目な顔で言ってるのには吹いちゃったじゃないか笑

伴は的場の一門だったって、まさか今回も的場一門が元凶だった!?
いやいやよくよく読んでみると今回の一件に限って言えば的場一門に責任はない…はず!?

末崎邸の不落の壺って、100話の冒頭で名取さんが見たあの壺のことだろうけど、名取さんと的場が二人だけでわかっているようなこと言っててなんだよすごく気になるじゃないかよと。

それから夏目が空に浮かんでる札を見つけちゃったことから、捜索組が夏目&的場、居残り組がニャンコ先生&名取さんと二手に分かれることになりましたが、

夏目がニャンコ先生と名取さんを信頼しているのが伝わってきたのが、ニャンコ先生には他の人達を守ってくれと言い名取さんには友人帳(の入ったバッグ)を託していったシーン。

たしかに名取さんには友人帳のことを打ち明けてはいたけど、まさかこんなあっさり他の人間に一時的とはいえ友人帳を託す(預ける)日が来るとは思ってもいなかったのでびっくりしました。

いつも夢を見るのは夏目だけど、今回笹後が見た夢の内容も気になる。笹後が追っていた妙な気配の主は何者なのか!?

的場は一門の敵は容赦なく叩き潰すイメージがあったので、下手にぶつかりさえしなければ見逃してやると言ったのはすごく意外でした。

的場一門はその強さゆえに不満を持つ者反発を感じる者からも必要とされているとも言っていましたね。

そういえば夏目や名取さんも過去何度となく的場と敵対していた割には、こうして今も的場に縋って助けてもらっているのは、つまりはそういうことなのか…

そんでもって的場が強さを求める理由が明らかになって、(ここ最近丸くなりつつあるように見えた)的場のブレなさっぷりを改めて見せつけられた感じがしました。

居残り組のニャンコ先生と名取さんのやり取りも色々と興味深かったです。

どうしてニャンコ先生は名取さんから友人帳が欲しくないのかと聞かれて(いつも夏目に言っているような感じで)即答しなかったんだろう?

ニャンコ先生「あいつはお前らとは違うのだ」
名取さん「同じさこれを持っている限り」
ニャンコ先生と名取さん、夏目を守る立場の二人が、ここまで夏目(&友人帳)に対する認識が違うのが興味深かったですね。

でも私も(ニャンコ先生と同じ考えで)友人帳が名取さんの手にはとてもおえないんじゃないかと心配なのですが…それこそ人と妖の橋渡し役的な立場にいる夏目じゃないと無理ないんじゃないかなあと…

「伴…じゃない…陶器の人形…?」
今度こそヤバそうな感じの妖?敵?が現れましたが、伴がこいつを操ってんのか、それとも伴とは関係なしで動いているのか、いずれにしても次回こそガチのバトルが見れると思っていたら…

次号(12月号)は表紙&SPショート特別編(8ページ)らしいです。
ってことは本編の続きはいつもの隔月連載で1月号になるのかな!?

夏目友人帳 眠る依代の里其の二(第101話、LaLa2019年9月号掲載)の感想

2019/07/24 02:42 | 夏目友人帳 | コメント(2)

家出したニャンコ先生(後にニャンコ先生でないことが判明)を追い白霞焼の里へとやってきた夏目は、そこで性質の悪いコレクターに目を付けられて、危ういところを名取さんと的場に助けられて…

ごめん俺、的場のこと完全に誤解していたかもしれない。

てっきり今度もまた的場(一門)が引き起こした妖絡みのトラブルに巻き込まれたものかとばかり思っていたので…

でも実は的場は今回の件とは無関係で、しかも(半ば名取さんに強引に連れて来られたとはいえ)一門にとって大事な会食よりも夏目のことを優先してくれたとか、俺ちょっと的場のことを見直したかも。

そして何と言っても名取さんですよ。今回名取さんが助けてくれなければ夏目とニャンコ先生はどうなっていたことやら。

「!名取さん」のシーンの、名取さんと夏目が、完全に主人公とヒロインのそれだった件←
(そこに的場も加わると…いやこれ以上深く考えると後戻りできなくなる可能性があるのでやめておくことにしよう)

しかし夏目とニャンコ先生だけでは手に負えない位の厄介な事態に巻き込まれると、ほぼ必ず名取さんもそこに関わっているのは、もはや運命としか←

そして的場と名取さん、この最強祓い屋の二人が一緒にいてくれるとか、これほど心強いことはないだろうと。

今度の敵・伴は妖ではなく妖コレクターの人間ということが前回のお話で明らかになっていましたが、いつも妖と戦う時よりも勝手が違うというかやりにくそうな感じがしまくりです。

ぶっちゃけ何が言いたいのかと言うと、今回の勝利条件がイマイチはっきりしないんですよね。

正確には業界でも悪名高い女性コレクターに仕える術士(祓い屋)とのことですが、いつものように妖が相手だと退治したり封印すれば大体問題は解決していましたが、人間が相手だとまさか殺すことはできないだろうし(名取さん達の話を聞いた感じだと)一度目を付けられたらずっと狙われ続ける可能性も十分あり得るし一体どうしたらいいんだー!?

「こんなところまで先生とおれを助けにきてくれてありがとうございます」

夏目のこういうところがこの場にいる全員に夏目を助けたい守りたいと思わせるんだろうなあと。

「一体どれだけこの私を見てきたのだ
お前が恐れるべきは下等な狩人などではなくこの私なのだ」

そしてニャンコ先生のこのセリフですよ。

どれだけ私を見てきたのだ~というセリフからは、夏目とニャンコ先生がどれだけ長い時間を一緒に過ごしてきたかを感じさせるのと同時に

普段は愛くるしいおっさんニャンコにしか見えないニャンコ先生が、実は斑という大妖であることを嫌でも思い出させられる、そんな怖さを感じさせられました。(もっとも夏目の表情からするとニャンコ先生が心配かけまいと強がりを言ってる、そんな感じでもありましたが)

こんなふうにニャンコ先生が夏目に適度な距離感?関係性?をもっと意識すべきと忠告するシーンは、これまでも何度かありましたよね。

名取さんが友人帳のことを知ってくれているのはすごく心強いのと同時に、(夏目と名取さんでは妖に対する考え方が違うから、相容れない部分もあるだろうし)あまり深入りしすぎないで欲しいと思う気持ちも…

あの無数のニャンコ先生の招き猫の体達もそうですが、白霞焼の里には、まだ夏目達が知らない秘密が隠されていそうですね。

つーか、ラスト、さっきまで話していた職人さんがいなくなったと思ったら宙づりとか、怖すぎなんだけど。
最近の夏目友人帳は痛々しい描写が減っている反面ホラー要素が増えてきている気がしないでも。

夏目友人帳 眠る依代の里其の一(第100話、LaLa2019年7月号掲載)の感想

2019/05/25 01:21 | 夏目友人帳 | コメント(2)

本日(もうすでに昨日か)、夏目友人帳第100話記念号のLaLa2019年7月号が発売となりました。

201907LaLa表紙

今月号の夏目友人帳情報
・表紙&カラートビラ絵2ページ&本編40ページ
・100話記念スペシャル企画 「いろいろ数えてみた」「ニャンコ先生を探せ!」
・夏目友人帳瓦版 劇場版うつせみに結ぶ円盤情報など
・ふろくはニャンコ先生マイクロファイバータオル

100号記念の表紙がまさかのニャンコ先生尽くし…こうくるか笑
改めて女性読者の方々のニャンコ先生人気を思い知らされます。

カラートビラ絵で描かれているのは夏目、ニャンコ先生、タキ、田沼、名取、的場。
タキがいつも以上に可愛く見えるのは俺の気のせいではないはず。
最近しばらく夏目が友人帳で名を返すところを見てない気がするけど、今回のシリーズではここに描かれているように夏目が名を返すシーンを見られるといいな…

ニャンコ先生以外に出番が多い妖ランキングでは柊が1位か…そういや名取さんが登場する時は必ずと言ってもいいほど柊もいますよね。

んでさっそくニャンコ先生を探せをやってみましたけど、雑誌の隅から隅まで探すのは地味に大変でした。

そんでもって本編ではニャンコ先生がしばらく帰って来ないと思ったら招き猫の依代の陶器のカケラらしきものが見つかったり、夏目がある意味妖よりも性質の悪そうな敵に狙われたりと、久しぶりに妖絡みのヤバいことに巻き込まれている匂いがプンプンしてきます。しかも名取さんと的場、この二人が登場と来たら、ガチでヤバい展開にならないはずもなく…!?

夏目友人帳単行本24巻の紹介と感想

2019/05/03 20:34 | 夏目友人帳 | コメント(0)

先日発売した夏目友人帳最新単行本第24巻を買ってきました。
・95話~96話、タキメイン回
・97話~98話、田沼メイン回 ※夏目もよく知ってるあの妖も登場
・特別編20幕間探偵 夏目と田沼、北本、西村、男4人で〇〇〇へ
・99話、妖との心温まる交流回
・欄外やあとがきで、作者の緑川ゆき先生の作品やキャラクター、劇場版に対する想いが。

夏目友人帳24巻表紙

単行本24巻発売&100話(5月24日発売のLaLa7月号)記念で、下記のとおり色々企画も行われているようです。

・5月24日発売のLaLa7月号は100話掲載記念号 ⇒ 表紙&巻頭カラー、ふろくやプレゼントも
・ニャンコ先生100ニャン祭り ⇒ 全国の書店(開催店のみ)でニャンコ先生を探して限定クリアファイルをゲット
(地元の書店でやっていなかったので、県庁所在地まで車で片道3時間近くかけて行ってきました)

・#ニャンスタ ⇒ ニャンコ先生のニャンスタ映えする写真をツイッターにアップして限定ステッカーが当たる

そんでもってこの24巻、95話から99話までと特別編が1話収録されていますが、いきなり95話の冒頭からタキの彼氏疑惑という、俺らタキファンにとっても衝撃的な展開から始まっています。

そういえば今回の表紙イラスト、最初に(雑誌かツイッターで)見た時から田沼とタキがすごくいい雰囲気で描かれていたのが気になっていたのですが、それに本編でもよく二人で一緒にいるところを見かけるし、まさかタキの彼氏って田沼…!?そんな田沼お前嘘だと言ってくれー!!←

夏目友人帳 特別編(LaLa2019年5月号掲載)の感想

2019/03/23 21:59 | 夏目友人帳 | コメント(0)

本日発売のLaLaに夏目友人帳の最新話(SPショート特別編16ページ)が掲載されました。
※特別編の時は主人公の夏目以外のキャラにスポットが当てられるようです。
※最近の夏目友人帳は(3ヶ月連続掲載などを除いて)隔月奇数号連載です。
※いつの間にか電子版も紙の雑誌と同日発売になっていたようです。

今月号の夏目友人帳関連情報。
・今回の特別編の主人公は名も無き小者妖怪と中級たち。肝心の主人公の夏目はというと…
・劇場版うつせみに結ぶのブルーレイ&DVDが5月29日発売決定。
・最新単行本第24巻が5月2日発売予定。(田沼とニャンコ先生を抱っこしたタキが表紙…って、二人良さげな雰囲気なんだけど夏目お前大丈夫なのか!?)
・次回掲載号のLaLa7月号は祝第100話(特別編を除く)!表紙&巻頭カラー!
・LaLa6月号の付録はニャンコ先生缶バッジ。

今回の特別編は、小者妖怪が恐ろしい大足妖怪の森に迷い込んでどうしたものかと考えていたところ、頼りになりそうな妖怪=中級たちを見つけて背中にくっついていった(時々手伝いもしたりして)という、たったそれだけのことだけど小者妖怪にしてみれば大冒険だったと、まあそんなお話です。

夏目友人帳 ビューティフルドリーマーの章(第99話、LaLa2019年3月号掲載)の感想

2019/01/25 00:43 | 夏目友人帳 | コメント(0)

本日(もう昨日か)1月24日発売のLaLa3月号に夏目友人帳最新話が掲載されました。
※ここ最近はおおむね奇数月発売号に隔月連載となっているようです。

今月号の夏目友人帳情報
・本編32ページ
・今月号は夏目友人帳の付録なし、来月号の付録はニャンコ先生ボールペン
・アニメ夏目友人帳展最新情報掲載

そんでもって本編についてですが、西村や北本と下校中の夏目がフトコロから取り出したのは折紙の妖!?
なんかもういきなり冒頭から妖絡みの厄介ごとに巻き込まれている感が全開だけど、どうしてこんなことに!?

夏目友人帳 特別編:幕間探偵(LaLa2019年1月号掲載)の感想

2018/11/24 00:01 | 夏目友人帳 | コメント(2)

本日発売のLaLaに夏目友人帳の最新話が掲載されました!
※3話連続掲載の3回目。普段は隔月奇数月号連載。

3話連続の1話、2話が前後編のシリーズものとなっていたのに対して、
今回は12ページとちょっと短めの特別編が掲載されています。

今回の特別編は夏目が田沼、西村、北本、気が置けない友人たちと一緒に名取さん主演の映画を見に行くお話。
いつもの切なくて優しくて心温まるお話もいいのですが、こんなふうに普通に友達と映画の内容を巡ってワイワイ盛り上がるお話もいいものだと思いました。

今号では毎年この時期恒例の直筆年賀状プレゼントがあります。
夏目友人帳瓦版ではアニメ夏目友人帳展が2019年春開催決定のビッグニュースが!
続報は次号以降随時お知らせしていくそうです。

また特別編の話に戻りますが、今回は名取さんのキラメキっぷりと田沼の名探偵っぷりがマジヤバい!
それに比べて夏目はイマイチ主人公っぽい活躍ができていなかったけど、まあたまにはこういうのもいいのかなと。

夏目友人帳 怪しき来訪者の章 後編(第98話、LaLa2018年12月号掲載)の感想

2018/10/24 17:14 | 夏目友人帳 | コメント(3)

本日発売のLaLaに夏目友人帳の最新話が掲載されました!
※ちなみに今回は3話連続掲載の2回目となります。普段は隔月奇数月号連載。

今月号の主な夏目友人帳関連情報
・劇場版初日舞台あいさつレポート
・田中メカ先生との祝・デビュー20周年記念対談(緑川先生のフレッシュデビュー賞受賞作「珈琲ひらり」もちょっと掲載)
・両先生のカラーイラスト付き特製マグカップを20名にプレゼント
・付録にニャンコ先生おはし

そんでもって本編の方はサブタイトルからもわかるように前回と今回で前後編構成となっています。
いつもは夏目が妖絡みの問題に巻き込まれて田沼が心配するというパターンなのに対して、この章では二人の立場が逆になっています。

前回のお話はたしか…人の姿に化けた三篠が田沼をあちこち連れ回して、夏目に正体がバレた後も目的を話そうとはせず、田沼の家の屋根には見るからに怪しい錫杖?が突き刺さっているし、田沼が急に頭痛を訴え始めるしで、どう考えても妖の仕業としか…!?

このブログ内を検索

マギ(大高忍先生)最新情報

雑誌(web)連載
├オリエント(新連載): 64話 NEW!
├本編: 第369夜(最終回)
シンドバッドの冒険: 第182夜

単行本
├本編:37巻-11月17日頃発売
└外伝:18巻、19巻-7月19日頃発売
└オリエント6巻:8月16日頃発売
作者
大高忍の手書きブログ:2019年8月29日更新 NEW!
バックステージ:Vol.366

リンク
大高忍のてがきブログ
漫画家バックステージ
裏サンデー(シンドバッド)
マギ公式ツイッター
マギ公式サイト
シンドバッドの冒険TVアニメ公式サイト

※情報は10月20日(日)現在

最近のコメント

<>+-

QRコード

QRコード

広告