カレンダー(月別アーカイブ)

07 ≪│2019/08│≫ 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリ-作家、作品、雑誌別

記事別アクセス数ランキング(最近一週間)

トップページ » ワールドトリガー

ワールドトリガー第182話「玉狛支部⑥」第183話「玉狛支部⑦」の感想

2019/08/03 00:01 | ジャンプ(SQ.) ワールドトリガー | コメント(0)

今回は次の対戦相手のエース(主に二宮)対策をするお話だったけど、そんなことどうでもよくなるくらいに今回も俺の千佳が可愛かった件。それとエプロン姿の小南先輩特製カレー。さらにとりまるが二宮隊でにのまるに!?

冒頭で迅さんがランク戦に復帰した話をしていたけど、ランク戦でも未来予知を使っているのかが気になりました。

それにしても最近の遊真がそこらの日本人よりもよっぽど空気読んだ行動しているのには驚かされます。遊真も(精神的に)成長したということなんでしょうが、その反面、初期の頃が懐かしいというか、ちょっと物足りない感じも…

そんでもって俺ら千佳ファンお待ちかねの、今月号の千佳の最初の出番は玉狛支部でのランク戦対策をはじめた時の後ろ姿でした。

ちょこんと座ってる千佳りゅんが可愛くて、思わず後ろから抱きしめたくなるのは、当然すぎて言うまでもないですよね。

遊真が何もできずにやられた弓場対策は1対1で近距離で戦わないこと、以上。

他のみんなが1対1を回避する二宮対策は1対1でどうやれば勝てるのかを対策しました。

弓場と二宮、1対1で無類の強さを誇る二人への対策が、見事なまでに対照的になったのが興味深かったです。

遊真は弓場だけではなくおびしまちゃんについても対戦相手として冷静に分析&報告していたけど、たしかにそのとおりだけど違う俺らが聞きたかったのはそこじゃないと声を大にして言いたい。

自分に憧れる可愛い女の子の後輩ができてどう思ったのかとか、抱きしめると折れそうなくらい華奢な身体だけどギュッとしてぇとか(遊真の性格上絶対言わないそうだけど)、そういうことを聞きたかったんだー!!

千佳りゅんやヒュースと二宮の派手な撃ち合いの一騎打ちはすごく見てみたいかも。
だって二宮隊が出る試合は、他の隊が時間稼ぎで逃げ回って消化不良な感じで終わっていたのがすごく不満だったので。特に東隊。

俺も修と同じく最初は千佳のことが心配で本当に大丈夫かなと思っていたけど、千佳が自分の口からふつうの弾を撃つ(=人を撃つ)と、こんなふうに自分の気持ちをはっきり言うことなんてなかなかないから、一人の千佳ファンとして千佳の強い決意を全力で応援することにしました。

修の返答待ちの時の緊張した表情からの、修に認めてもらった時の「…うん!」がアイビス級の破壊力の可愛さだった件。

とりまると小南先輩のやり取りがただただうらやましくて、俺も小南先輩をいじったりねちねち絡まれたい←

とりまるの二宮隊服姿がさまになりすぎていて、同じ男の俺でもちょっとドキドキしてしまったじゃないか←

ちくkしょう俺も器用なイケメンに生まれたかった…!!(血の涙)

二宮は理屈よりも感情で動くタイプの人って、それってつまり大人げないってことだよね!?

大人げない二宮をどうやって1対1の状況に引っ張り込むのか…たとえば格下の修に挑発されたら頭にきそう!?

小南先輩のエプロン姿と特製カレーが最高すぎる件。俺のお嫁さんになってほしい←

ワールドトリガー第180話「里見一馬」第181話「帯島ユカリ」の感想

2019/07/04 01:24 | ジャンプ(SQ.) ワールドトリガー | コメント(0)

あれ?181話のサブタイトル違くね?と思われた方、いや自分的にはこれが正解なので。だってどう見ても181話のメインは初登場の帯島ユカリちゃんじゃないですか。ちなみに本当のサブタイトルは第181話「弓場拓磨」です。

初登場でいきなり俺も含めた多くの男性読者の心をわしづかみにした弓場隊の褐色ロリっ子オールラウンダーこと帯島ユカリちゃんですが、褐色でショートカットで線が細い小柄な女の子といえば、90年代サンデー全盛期時代の読者だった自分的にはモンキーターンの青島優子さんを彷彿とさせました。下のamazonリンクの画像のこの子です。

もしかして帯島の名前の由来って、帯をギュッとね!(モンキーターンの作者の代表作)の「帯」に青島の「島」で帯島なんじゃ…ってさすがにそれは考えすぎでしょうかね。

ちなみに今回のお話は修と遊真が緑川のツテで次の対戦相手の情報収集をする回で、草壁隊のNo.1ガンナー「里見一馬」と弓場隊の隊長でガンナーの「弓場拓磨」とオールラウンダーの「帯島ユカリ」が初登場。次の試合で二宮との壮絶な撃ち合いを予感させる回でもありました。

そして残念ながら俺らの千佳りゅんの出番はありませんでした…orz

ついにボーダーで遊真に憧れる後輩が登場、しかも実は女の子でした…とか何その俺得すぎる設定笑
(まあもっとも俺は最初から女の子だとわかっていましたけどね←)

しかも褐色でショートカットでショートパンツで小柄で貧乳線が細くて体育会系後輩属性とか最高すぎる!!!!

それにしてもこんな可愛い女の子に体育会系(応援団?暴走族?)的なノリを強いるとか…弓場GJ!!←おい笑

でももしかして王子達が弓場隊から出ていったのってこの体育会系なノリが嫌だったからとか…いやまさかそんなことはないですよね!?(単行本かデータブックに独立後も弓場隊とは良好な関係だと書いてありましたし)

帯島ちゃんが遊真に一目惚れ(←違)したのは、純粋に遊真の強さに惚れ込んだ(シビれた)だけなのか、それとも遊真に異性的なものを感じているのかいないのかが、私すごく気になります!

ちなみに年齢的には遊真が15歳で、緑川と帯島ちゃんが14歳で同年代なんですね。だから緑川とは知り合いだったのか。

でも今回遊真がお手合わせした感じだと、緑川ほどは強くなさそうな感じ(遊真曰く光るものはあるそうですが)。

今後は個人ランク戦などで帯島ちゃんとの絡み(決してエロい意味とかじゃなくて)が増えていくことに期待したいです。

ちなみに帯島ちゃんが最初に胸を反らせて自己紹介したときのぺったんこな胸に興奮してしまいそうになったのは内緒にしておいてください←

あと遊真が随分低姿勢というか丸くなったというか人当たりが良くなったというか、第1巻の頃と比べるとまるで別人な件。

自分の中では遊真は少なくとも戦闘に関しては男も女も関係ない徹底したリアリストというイメージがありましたが、こりゃちょっと認識を改める必要があるのかなと。

ワールドトリガー第179話「雨取千佳⑦」の感想

2019/05/02 13:40 | ジャンプ(SQ.) ワールドトリガー | コメント(0)

おいおいおいヒュースってば、「オレは千佳は人を撃てると思っている」…って千佳のこと下の名前呼びかよ(←突っ込むのそこ!?)

とまあ冗談はさておき。たしか164話あたりで当麻が「千佳を追い込んで人を撃てるようにしておけ」と言っていましたが、まさか修でもレイジさんでもなくヒュースがそれをやることになるとは。いやでも玉狛支部では一番新参者で千佳との人間関係も構築していないからこそ、一番客観的に見ることができるヒュースが適任なんだろうけど。

そりゃまあ「人を撃てるかどうかは」今の千佳や玉狛第二にとって必要なことではあるんだろうけど、あんまり千佳を追い詰めすぎないでくれよ、頼むよヒュース…

ワールドトリガー第178話「二宮隊」の感想

2019/04/04 02:55 | ジャンプ(SQ.) ワールドトリガー | コメント(0)

千佳や小南先輩、栞ちゃん先輩と楽しい焼き肉のはずが、そこで次の対戦相手の二宮隊とバッタリ出くわしてしまい…

ワールドトリガー第176話「根付栄蔵」第177話「三雲修⑰」の感想

2019/03/04 00:01 | ジャンプ(SQ.) ワールドトリガー | コメント(0)

前回のランク戦では、玉狛第2が新加入のヒュースの活躍で大勝ちするも、修の「イヤな予感」は依然として解消されていない様子で…

ワールドトリガー第174話「東隊②」第175話「ヒュース⑦」の感想

2019/02/04 01:08 | ジャンプ(SQ.) ワールドトリガー | コメント(0)

俺らの千佳が初お披露目のメテオラで東隊の1人を撃破!
すごいぞ千佳!偉いぞ千佳!この調子で残りの2人も瞬殺だ!!

ワールドトリガー第172話「ヒュース⑥」第173話「東隊」の感想

2019/01/04 06:16 | ジャンプ(SQ.) ワールドトリガー | コメント(0)

全千佳ファン待望の千佳の見せ場キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

それにしても千佳の破壊力は(物理的な意味でも可愛さ的な意味でも)俺の予想していた以上だった。

ワールドトリガー第170話「玉狛第2㉓」第171話「ヒュース⑤」の感想

2018/12/04 01:05 | ジャンプ(SQ.) ワールドトリガー | コメント(0)

連載再開時に告知があったとおり、ワールドトリガーは今回からSQ.に掲載されることになります。
今回は2話掲載でした。今後も2話掲載が続くとすると、1ヶ月で2話で(週刊連載換算で)隔週ペースで読めそうですね。

単行本19巻が同日発売になっています…が、地方だと1日2日遅れです…orz。

今回はSQ.移籍連載開始ということで、色々解説がついてくれていて、忘れかけていたところもあるので、ありがたいです。
ちなみに久しぶりに在りし日のレプリカ先生を見てちょっと泣きそうになったのは内緒です。
もちろんプレゼントの玉狛第2バッジにも応募するつもりです!

センターカラー見開きトビラ絵はメインの4人が勢揃い。
第1話のトビラ絵と同じキャラ・同じ構図ですが、よくよく見ると各人のトリガーが違っていたり、遊真の隣にレプリカ先生がいなかったり、修達が玉狛第2の隊服を着ていたり、みんなの顔つきがちょっと大人っぽくなっていたり、千佳がますます可愛くなっていたりします。

そうそうそれで千佳ですよ。
トビラ絵では圧倒的な可愛さ&生脚フトモモの存在感を放っていたものの、結局本編での出番は冒頭で紹介された1コマだけでした。

本編ではついに遊真&ヒュースが合流、まずは邪魔な太一を倒して、それから影浦や村上鋼相手といった強敵相手にどう戦うのか…!?

ワールドトリガー第169話「玉狛第2㉒」の感想

2018/11/26 22:10 | ジャンプ(SQ.) ワールドトリガー | コメント(0)

連載再開時の告知のとおり、ワールドトリガーは次回からSQ.に移籍となります。
SQ.でも千佳が可愛く活躍するところをたくさん見られるといいなあ。

前回に引き続き今回も千佳の出番が無かったので、テンションがイマイチ上がりません。
そのかわりと言ってはなんですが、勝敗の鍵を握りそうなオペ子達の活躍に注目しています。

ワールドトリガー第168話「鈴鳴第一③」の感想

2018/11/19 00:01 | ジャンプ(SQ.) ワールドトリガー | コメント(0)

今回俺の千佳の出番が無かった…(。´・ω・`。)ショボーン。

このブログ内を検索

マギ(大高忍先生)最新情報

雑誌(web)連載
├オリエント(新連載): 56話 NEW!
├本編: 第369夜(最終回)
シンドバッドの冒険: 第182夜

単行本
├本編:37巻-11月17日頃発売
└外伝:18巻、19巻-7月19日頃発売
└オリエント6巻:8月16日頃発売
作者
大高忍の手書きブログ:2019年6月11日更新 NEW!
バックステージ:Vol.366

リンク
大高忍のてがきブログ
漫画家バックステージ
裏サンデー(シンドバッド)
マギ公式ツイッター
マギ公式サイト
シンドバッドの冒険TVアニメ公式サイト

※情報は8月7日(水)現在

最近のコメント

<>+-

QRコード

QRコード

広告

ブログパーツ