カレンダー(月別アーカイブ)

11 ≪│2019/12│≫ 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ-作家、作品、雑誌別

トップページ » ワールドトリガー

ワールドトリガー第188話「ヒュース⑨」第189話「雨取千佳⑧」の感想

2019/12/04 05:09 | ジャンプ(SQ.) ワールドトリガー | コメント(0)

最新単行本第21巻が発売したようです。

今月号の葦原先生の巻末コメントを読みましたが、私も天気が悪くなると首の調子が悪くなるので、お気持ちすごくよくわかります。どうかお大事になさってください。

それではさっそく本編の感想にいきます。

まずは木虎ととりまるの距離感的なものについて。

席一人分の距離感…ってぶっちゃけ見たまんまですが。
でも離れて座っていても身体はとりまるの方を向いて座っているという、いつもと違って妙にしおらしい木虎の、このなんとも言えないもどかしい感じががががが。

ワールドトリガー第186話「ヒュース⑧」第187話「弓場隊②」の感想

2019/10/04 07:21 | ジャンプ(SQ.) ワールドトリガー | コメント(0)

今回も俺の千佳は可愛かったけど、いつも以上に他の隊からの玉狛第2へのマークがきつくて辛い…

序盤はついに千佳が普通の弾を撃てるように!?という話題で盛り上がっていましたね。

千佳の実力がみんなに認められていくのが嬉しい反面、これまで以上にマークがきつくなるのかと思うと複雑なんですよね…

小南先輩の解説が予想以上にポンコツな件。
玉狛第2のピンチに「あぶない!」ってもはやそこらの観客と変わらないんだけど苦笑
(三輪隊の面々のほうがよっぽどちゃんと解説らしいこと言ってるし。)
思いっきり玉狛第2を贔屓しまくりの私情挟みまくりだけど、小南先輩ならなぜか許せちゃうんだよなあ。

ヒュースが他の隊から集中的に狙われすぎて正直胃が痛くなってきたんだけど。
なんでいつもいつも玉狛第2ばかり狙われるのか…ちょっと不公平じゃないですかね?
これじゃあ小南先輩が思わず贔屓したくなる気持ちもわかるぞ。

修くん!…修くん!…修くん!…はっ、いかんいかん、千佳の破壊力に思わずトリップしかけてしまったぞ←

いやそんなことよりさっきからずっと千佳が外岡とかいうスナイパーにストーカーされてるんだけど。
こいついくら俺の千佳が可愛いからって、隊長命令をいいことに(←違)…くそううらやましすぎるぞおまえちょっとそこ代われ!(←おい)

「複数部隊で1人を囲むの好きじゃないないんですよねー」
たしかこいつ海だっけ?こいつのこと今まであんまり好きになれなかったんだけど、今回のこれで俺の中でのこいつへの株が急上昇中な件。

「目標確認!……炸裂弾!」
このときはまだ千佳無双が見られると信じて疑っていませんでした…
あと大技を放つ直前の千佳のこの表情がすごい好き。

「!あっ」
千佳のこのしまったミスったという表情も可愛くて好き。
っていうか千佳ならなんでも可愛くて好きなんですけどね←

「玉狛第二の作戦は失敗!ヒュース隊員絶体絶命か!?」
他の隊からのマークがきついのはいつものことなんだけど、今回は特にマークがきついうえにやることなすことうまくいかなくて読んでいる方もしんどかったです。

それでもヒュースなら他の誰にも予想できないようなとっておきの切り札(隠し玉)でなんとかしてくれるはず…!?

ワールドトリガー第184話「弓場隊」第185話「二宮隊②」の感想

2019/09/04 00:51 | ジャンプ(SQ.) ワールドトリガー | コメント(0)

つーか、いくら千佳の可愛さ(トリオン)の破壊力がすさまじいからといって、(対戦相手の)お前ら寄ってたかって千佳のことマークし過ぎじゃね?

弓場隊と生駒隊のスナイパーに加えて二宮隊はエースの二宮自ら千佳をマークとか、俺の千佳が人気者過ぎて辛い。

とまあ冗談はさておき、やはり各隊ともに千佳が人を撃てるようになったのかどうかが気になって仕方ないようですね。

(弓場隊のオペ子も言ってたように)それだけ前の試合で奥寺を倒したインパクトが強かったわけです。

そういえば弓場隊のオペ子って初登場でしたっけ!?
見るからに姉(あね)さんといったタイプの女性でしたが、それよりもおっきなおっぱいが気になって仕方ないんですけど←
(少年誌の漫画にしては珍しく女性の胸の大きさがリアル路線のワールドトリガーでこの大きさはマジヤバイ)

試合開始前のミーティングで、弓場をまっすぐ見つめる帯島ちゃんの破壊力ががががが。
こちらはいくら胸を張っても悲しいくらいにまな板だけど(帯島ちゃんの場合は)そこが逆にいい…!!←

今回の話を読むまで小南先輩の解説がどんなものかまったく想像がつかなかったんだけど、今回の話を読んだらいつもどおりの小南先輩だったので(思い切り玉狛第二を贔屓してるし)不安になってきたんだけど本当に大丈夫なのかこれ…だから王子隊の二人も一緒に呼ばれたのだろうか…

そういや木虎がとりまる先輩を好きな設定があったなあと。
木虎がやけに可愛いんだけど、試合開始後はみんなが楽しみにしている(主に修に対しての)ツンデレっぷりが発揮されるのかにも注目したいです。

作戦会議のときも千佳がちょこんとして可愛かったんだけど、どのコマの千佳にも頬に汗が描かれていて、もしかしてちょっと緊張してる!?

そしていよいよ試合開始で転送シーンの千佳も可愛かったけど、表情もいつになく強張っていて、やっぱりちょっと緊張してる!?

王子の解説はどの隊にも公平で安定感があるので安心して聞いていられます。
(でも小南先輩には小南先輩の良さがあるのは言うまでもないことですが)

しかしいきなりヒュースが孤立無援の状態で、これはちとマズイかも。
千佳&ヒュース、遊真&ヒュース、いずれもヒュースありきで作戦を立てていましたからね…

遊真が後からバッグワームを使うかということになったけど、最初から使わない理由ってなんでしたっけ!?

そういえばこういうふうに遊真と千佳が一緒に戦うのってはじめてでしたっけ…!?

千佳が遊真に守られながらも遊真と一緒に戦うのが主人公とヒロインぽくてすげぇ良かった…!! 遊真が千佳のことちゃんとわかってる感じなのが特に…

遊真が千佳を抱きかかえながら走るシーンに思わずドキドキさせられてしまったし。

千佳がハウンドを放つシーンが、戦う女の子って感じですげぇ良かった…!!
なんというかこう不安を抱えながらも仲間に支えられながら自分の意志で前に進もうとするところがね…

それにしてもつい少し前まで千佳はスナイパーとして遠距離狙撃専門だった気がするんだけどいつの間にかシューターっぽいことしてるし。
今回いきなり二宮とバリバリ撃ち合ってるし、でもこっちの方が断然面白いからいいんですけどね。

ワールドトリガー第182話「玉狛支部⑥」第183話「玉狛支部⑦」の感想

2019/08/03 00:01 | ジャンプ(SQ.) ワールドトリガー | コメント(0)

今回は次の対戦相手のエース(主に二宮)対策をするお話だったけど、そんなことどうでもよくなるくらいに今回も俺の千佳が可愛かった件。それとエプロン姿の小南先輩特製カレー。さらにとりまるが二宮隊でにのまるに!?

冒頭で迅さんがランク戦に復帰した話をしていたけど、ランク戦でも未来予知を使っているのかが気になりました。

それにしても最近の遊真がそこらの日本人よりもよっぽど空気読んだ行動しているのには驚かされます。遊真も(精神的に)成長したということなんでしょうが、その反面、初期の頃が懐かしいというか、ちょっと物足りない感じも…

そんでもって俺ら千佳ファンお待ちかねの、今月号の千佳の最初の出番は玉狛支部でのランク戦対策をはじめた時の後ろ姿でした。

ちょこんと座ってる千佳りゅんが可愛くて、思わず後ろから抱きしめたくなるのは、当然すぎて言うまでもないですよね。

遊真が何もできずにやられた弓場対策は1対1で近距離で戦わないこと、以上。

他のみんなが1対1を回避する二宮対策は1対1でどうやれば勝てるのかを対策しました。

弓場と二宮、1対1で無類の強さを誇る二人への対策が、見事なまでに対照的になったのが興味深かったです。

遊真は弓場だけではなくおびしまちゃんについても対戦相手として冷静に分析&報告していたけど、たしかにそのとおりだけど違う俺らが聞きたかったのはそこじゃないと声を大にして言いたい。

自分に憧れる可愛い女の子の後輩ができてどう思ったのかとか、抱きしめると折れそうなくらい華奢な身体だけどギュッとしてぇとか(遊真の性格上絶対言わないそうだけど)、そういうことを聞きたかったんだー!!

千佳りゅんやヒュースと二宮の派手な撃ち合いの一騎打ちはすごく見てみたいかも。
だって二宮隊が出る試合は、他の隊が時間稼ぎで逃げ回って消化不良な感じで終わっていたのがすごく不満だったので。特に東隊。

俺も修と同じく最初は千佳のことが心配で本当に大丈夫かなと思っていたけど、千佳が自分の口からふつうの弾を撃つ(=人を撃つ)と、こんなふうに自分の気持ちをはっきり言うことなんてなかなかないから、一人の千佳ファンとして千佳の強い決意を全力で応援することにしました。

修の返答待ちの時の緊張した表情からの、修に認めてもらった時の「…うん!」がアイビス級の破壊力の可愛さだった件。

とりまると小南先輩のやり取りがただただうらやましくて、俺も小南先輩をいじったりねちねち絡まれたい←

とりまるの二宮隊服姿がさまになりすぎていて、同じ男の俺でもちょっとドキドキしてしまったじゃないか←

ちくkしょう俺も器用なイケメンに生まれたかった…!!(血の涙)

二宮は理屈よりも感情で動くタイプの人って、それってつまり大人げないってことだよね!?

大人げない二宮をどうやって1対1の状況に引っ張り込むのか…たとえば格下の修に挑発されたら頭にきそう!?

小南先輩のエプロン姿と特製カレーが最高すぎる件。俺のお嫁さんになってほしい←

ワールドトリガー第180話「里見一馬」第181話「帯島ユカリ」の感想

2019/07/04 01:24 | ジャンプ(SQ.) ワールドトリガー | コメント(0)

あれ?181話のサブタイトル違くね?と思われた方、いや自分的にはこれが正解なので。だってどう見ても181話のメインは初登場の帯島ユカリちゃんじゃないですか。ちなみに本当のサブタイトルは第181話「弓場拓磨」です。

初登場でいきなり俺も含めた多くの男性読者の心をわしづかみにした弓場隊の褐色ロリっ子オールラウンダーこと帯島ユカリちゃんですが、褐色でショートカットで線が細い小柄な女の子といえば、90年代サンデー全盛期時代の読者だった自分的にはモンキーターンの青島優子さんを彷彿とさせました。下のamazonリンクの画像のこの子です。

もしかして帯島の名前の由来って、帯をギュッとね!(モンキーターンの作者の代表作)の「帯」に青島の「島」で帯島なんじゃ…ってさすがにそれは考えすぎでしょうかね。

ちなみに今回のお話は修と遊真が緑川のツテで次の対戦相手の情報収集をする回で、草壁隊のNo.1ガンナー「里見一馬」と弓場隊の隊長でガンナーの「弓場拓磨」とオールラウンダーの「帯島ユカリ」が初登場。次の試合で二宮との壮絶な撃ち合いを予感させる回でもありました。

そして残念ながら俺らの千佳りゅんの出番はありませんでした…orz

ついにボーダーで遊真に憧れる後輩が登場、しかも実は女の子でした…とか何その俺得すぎる設定笑
(まあもっとも俺は最初から女の子だとわかっていましたけどね←)

しかも褐色でショートカットでショートパンツで小柄で貧乳線が細くて体育会系後輩属性とか最高すぎる!!!!

それにしてもこんな可愛い女の子に体育会系(応援団?暴走族?)的なノリを強いるとか…弓場GJ!!←おい笑

でももしかして王子達が弓場隊から出ていったのってこの体育会系なノリが嫌だったからとか…いやまさかそんなことはないですよね!?(単行本かデータブックに独立後も弓場隊とは良好な関係だと書いてありましたし)

帯島ちゃんが遊真に一目惚れ(←違)したのは、純粋に遊真の強さに惚れ込んだ(シビれた)だけなのか、それとも遊真に異性的なものを感じているのかいないのかが、私すごく気になります!

ちなみに年齢的には遊真が15歳で、緑川と帯島ちゃんが14歳で同年代なんですね。だから緑川とは知り合いだったのか。

でも今回遊真がお手合わせした感じだと、緑川ほどは強くなさそうな感じ(遊真曰く光るものはあるそうですが)。

今後は個人ランク戦などで帯島ちゃんとの絡み(決してエロい意味とかじゃなくて)が増えていくことに期待したいです。

ちなみに帯島ちゃんが最初に胸を反らせて自己紹介したときのぺったんこな胸に興奮してしまいそうになったのは内緒にしておいてください←

あと遊真が随分低姿勢というか丸くなったというか人当たりが良くなったというか、第1巻の頃と比べるとまるで別人な件。

自分の中では遊真は少なくとも戦闘に関しては男も女も関係ない徹底したリアリストというイメージがありましたが、こりゃちょっと認識を改める必要があるのかなと。

ワールドトリガー第179話「雨取千佳⑦」の感想

2019/05/02 13:40 | ジャンプ(SQ.) ワールドトリガー | コメント(0)

おいおいおいヒュースってば、「オレは千佳は人を撃てると思っている」…って千佳のこと下の名前呼びかよ(←突っ込むのそこ!?)

とまあ冗談はさておき。たしか164話あたりで当麻が「千佳を追い込んで人を撃てるようにしておけ」と言っていましたが、まさか修でもレイジさんでもなくヒュースがそれをやることになるとは。いやでも玉狛支部では一番新参者で千佳との人間関係も構築していないからこそ、一番客観的に見ることができるヒュースが適任なんだろうけど。

そりゃまあ「人を撃てるかどうかは」今の千佳や玉狛第二にとって必要なことではあるんだろうけど、あんまり千佳を追い詰めすぎないでくれよ、頼むよヒュース…

ワールドトリガー第178話「二宮隊」の感想

2019/04/04 02:55 | ジャンプ(SQ.) ワールドトリガー | コメント(0)

千佳や小南先輩、栞ちゃん先輩と楽しい焼き肉のはずが、そこで次の対戦相手の二宮隊とバッタリ出くわしてしまい…

ワールドトリガー第176話「根付栄蔵」第177話「三雲修⑰」の感想

2019/03/04 00:01 | ジャンプ(SQ.) ワールドトリガー | コメント(0)

前回のランク戦では、玉狛第2が新加入のヒュースの活躍で大勝ちするも、修の「イヤな予感」は依然として解消されていない様子で…

ワールドトリガー第174話「東隊②」第175話「ヒュース⑦」の感想

2019/02/04 01:08 | ジャンプ(SQ.) ワールドトリガー | コメント(0)

俺らの千佳が初お披露目のメテオラで東隊の1人を撃破!
すごいぞ千佳!偉いぞ千佳!この調子で残りの2人も瞬殺だ!!

ワールドトリガー第172話「ヒュース⑥」第173話「東隊」の感想

2019/01/04 06:16 | ジャンプ(SQ.) ワールドトリガー | コメント(0)

全千佳ファン待望の千佳の見せ場キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

それにしても千佳の破壊力は(物理的な意味でも可愛さ的な意味でも)俺の予想していた以上だった。

このブログ内を検索

マギ(大高忍先生)最新情報

雑誌(web)連載
├オリエント(新連載): 64話 NEW!
├本編: 第369夜(最終回)
シンドバッドの冒険: 第182夜

単行本
├本編:37巻-11月17日頃発売
└外伝:18巻、19巻-7月19日頃発売
└オリエント6巻:8月16日頃発売
作者
大高忍の手書きブログ:2019年8月29日更新 NEW!
バックステージ:Vol.366

リンク
大高忍のてがきブログ
漫画家バックステージ
裏サンデー(シンドバッド)
マギ公式ツイッター
マギ公式サイト
シンドバッドの冒険TVアニメ公式サイト

※情報は10月20日(日)現在

最近のコメント

<>+-

QRコード

QRコード

広告